ドラマ『妖怪シェアハウス』7話ネタバレあらすじ 澪に生き霊が!

小芝風花主演のドラマ『妖怪シェアハウス』第7話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

新企画の打ち上げで食事した夜以降、ぎくしゃくする澪と原島。

気まずさを抱えながらも、新しい童話企画の話を原島にして…。

ドラマ『妖怪シェアハウス』第7話のあらすじ

新企画の打ち上げで食事した夜以降、ぎくしゃくする澪(小芝風花)と原島(大東駿介)。

気まずさを抱えながらも、新しい童話企画の話を原島にしたところ、好感触で児童文学の懸賞に応募することを提案され、澪は俄然やる気を出す。

そんなある日、座敷童子(池谷のぶえ)が外出して不在に。

朝からぬらりひょん(大倉孝二)が喜々としてカレー作りに励む一方で、のんべ(毎熊克哉)が「座敷童子が留守の間は必ず悪いことが起こる」と言い出す。

気になりつつも出勤した澪は、会社からの帰り道、背後から誰かがつけてくる気配を感じ、恐怖で猛ダッシュしてシェアハウスに帰宅。

何事もなく帰宅し部屋で仕事をしていると、突然髪の毛を引っ張られ、さらに肩に何かが乗ったように重くなる。

恐怖に叫びながら部屋の外に飛び出した澪に、妖怪や水岡(味方良介)が何事かと聞いていると、突然障子がカタカタ揺れはじめ、壮絶なラップ現象が発生する。

照明など電気系がスパークした直後に停電、水岡は暗闇に浮かんだ女の顔を目撃、生霊の仕業ではないかという。

その生霊に憑りつかれた澪は、恨みを買った覚えはないかと聞かれるが身に覚えがない。

生霊には太刀打ちできないという妖怪たちだったが、このピンチに頼りになるという黄泉醜女(峯村リエ)が呼ばれることに。

『古事記』でイザナミがイザナギを捕まえるために放った刺客として、古来から日本に伝わる鬼女だが、現れた黄泉醜女はカラオケのマイク片手に全身ヒョウ柄ファッションで、その姿はまるで大阪のおばちゃんのよう。

大阪弁で自分の身の上話をまくし立てながらも、澪に「おばちゃんに任しとき!」と言い…。

(出典:『妖怪シェアハウス』第7話あらすじ

ドラマ『妖怪シェアハウス』第7話のネタバレ

澪は原島との関係がぎくしゃくになってしまう。

原島には奥さんがいたというのに舞い上がってしまいいたたまれなくなった。

澪は自分の失敗談を記事にして原島は文学賞に出してみろと勧めた。

澪は執筆活動を始めて、譲は鬼の姿になった澪を見た。

翌朝、澪が起きるとぬらりひょんがカレーを作っていた。

詩子がいなくなっていて、涼は座敷童がいない家は不幸になると話す。

澪はカレーを編集部に持ってきてみんなはカレーを絶賛した。

原島は澪に記事の添削をして妻と離婚をしたと伝える。

澪は執筆のため原島と別れて妻が原島のことを見ていた。

澪は何かにつけられているような気がして逃げるようにシェアハウスに戻った。

澪が部屋で執筆をしていると、突然ポルターガイストが起こって澪はびっくりした。

突然停電になり澪と妖怪たちはびっくりして涼が静電気で電気をつける。

譲は怪奇現象が詩子がいないせいではなく生き霊の仕業だと話す。

生き霊は生きた人間が無意識に飛ばしている怨霊で、陰陽師も簡単には祓えないと譲は澪に話した。

妖怪よりも生きている人間が恐ろしいと伊和は澪に言い、何か人に恨まれたことはないかと譲は澪に尋ねる。

心あたりがあるとすれば原島のことだが原島と妻は離婚している。

それでも解決できないのが夫婦の問題だとぬらりひょんは言い、夫婦のことにはあいつの方が詳しいと呟く。

すると、井戸の中から気配がしたが、出てきたのはステージで大阪のおばちゃん風の妖怪が歌いながら姿を現す。

ぬらりひょんは大阪のおばちゃん風の妖怪・黄泉醜女に澪が生き霊に取り憑かれていることを話した。

黄泉醜女は『古事記』でイザナミがイザナギを捕まえるために放った刺客として、古来から日本に伝わる鬼女。

しかし、黄泉醜女はイザナギが落とした食べ物に夢中でイザナギを取り逃してしまった。

黄泉醜女は夫婦をくっつけたり別れさせたりという夫婦コンサルタントをしている。

夫婦のことなら任せろと黄泉醜女は言い去っていく。

澪は編集部で執筆をしていたが黄泉醜女が原島の妻を連れてやってきた。

黄泉醜女は原島夫婦に本当に別れていいのかと尋ねて、原島の妻は好きな人がいると原島に話す。

澪は原島の妻から原島をよろしくお願いしますと頭を下げた。

生き霊の怨念がますます強まっていて譲と妖怪は作戦を練る。

一方、澪は部屋で執筆をしていると生き霊が澪の首を絞める。

澪は鬼の姿になって闘うが、生き霊に首を締められて押さえつけられてしまう。

その時、譲が現れて妖怪たちと共に捕まえた。

生き霊の正体は原島の妻で彼女は原島のことが好きだけど原島が仕事ばかりで自分に振り向いてもらえなくて浮気をした。

生き霊は澪のことを恨んでいて、黄泉醜女は生き霊に寄り添って生き霊の恨みは晴れた。

黄泉醜女と座敷わらしは「大阪ラプソディー」を歌い黄泉醜女は仕事でシェアハウスを出ていく。

生き霊は原島の妻の身体に戻り、彼女は笑顔で眠りについた。

澪は部屋で執筆をし、譲の父は窓から澪が鬼の姿になっているのを目撃した。

譲の父・衛は澪が結婚して結界を張らなければ妖怪になってしまうと警告する。

妖怪になってしまったら死にたくても死ねないと衛は言い、澪は衛の言うことを聞くことにした。

衛は占いで文学賞の締切までに結婚しなければ妖怪になると予言した。

澪は神社で祈り、おみくじを引いた。

そして、譲からプロポーズされた澪は戸惑う。

編集部にきた澪は原島からもプロポーズされて、落ちたおみくじには「朝に夕に求婚あり」と書かれていた。

ドラマ『妖怪シェアハウス』第7話の感想

澪は原島に妻がいたと知りショックを受けていた。

失恋しても仕事で顔を合わせるから気まずいな。

生き霊の正体は原島の妻なのか?

生き霊の正体は原島の妻で彼女は澪に嫉妬して生き霊になったのだ。

澪は生き霊を説得して元の体に戻って原島の妻の恨みは晴れた。

生き霊が元の体に戻ってよかった!

澪はどんどん妖怪化して譲の父の衛が澪に結婚しなければ妖怪になってしまうと警告した。

譲と原島からプロポーズをされた澪、澪は果たしてどっちを選ぶのか!?

まとめ

ドラマ『妖怪シェアハウス』第7話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

生霊には太刀打ちできないという妖怪たちだったが、このピンチに頼りになるという黄泉醜女が呼ばれることになった。

『古事記』でイザナミがイザナギを捕まえるために放った刺客として、古来から日本に伝わる鬼女だが、現れた黄泉醜女はカラオケのマイク片手に全身ヒョウ柄ファッションで、その姿はまるで大阪のおばちゃんのようだった。

大阪弁で自分の身の上話をまくし立てながらも、澪に「おばちゃんに任しとき!」と言った。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎