ドラマ『妖怪シェアハウス』6話ネタバレあらすじ 山姥ギャル登場!

小芝風花主演のドラマ『妖怪シェアハウス』第6話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

noteをきっかけに職場の上司・原島響人を意識し始めた目黒澪は、新しい企画のことで打ち合わせをしながらも、ドキドキしてしまう。

シェアハウスに帰宅後、原島のことが好きだと気付いた澪は、嬉しさ極まって大混乱して…。

ドラマ『妖怪シェアハウス』第6話のあらすじ

 

noteをきっかけに職場の上司・原島響人(大東駿介)を意識し始めた目黒澪(小芝風花)は、新しい企画のことで打ち合わせをしながらも、ドキドキしてしまう。

シェアハウスに帰宅後、原島のことが好きだと気付いた澪は、嬉しさ極まって大混乱。澪の新たな恋に伊和(松本まりか)も興奮して一緒に喜び、妖怪たちも応援する。

 ところが、原島に新企画のアドバイスをもらっているうちに、頼りになる大人の原島には自分は不釣り合いなのでは、と澪は悩み始めてしまう。

原島に釣り合うような聡明な美女になりたいと妖怪たちに相談していると、伊和がある妖怪ならどうにかしてくれると言う。

その妖怪とは、人を食らうといわれる山姥。

怖い妖怪だと恐れおののく澪だったが、登場したのは、なんとヤマンバギャルのメイクとファッションに身を包み、ギャルポーズをキメるハイテンションな山姥のやまちょす(長井短)!ギャル語を話し、ノリも軽いが、実は多くの人をポジティブに変えてきた渋谷の伝説のビューティーアドバイザーだという。

 山姥・やまちょすの手によって見事に変身した澪は、新企画の取材対象者にやまちょすを提案することに。

取材当日、同席した原島に会ったやまちょすは、原島が何か悩みを抱えていると言い、澪は気になり始める。

(出典:『妖怪シェアハウス』第6話あらすじ

ドラマ『妖怪シェアハウス』第6話のネタバレ

澪は新しい企画の案を原島に話していて妖怪のアイデアが採用された。

noteの件で原島のことが気になり企画を任された澪は張り切っていた。

原島のことが好きになったと澪は伊和に話して伊和は大喜びで妖怪たちに話した。

澪は元カレには酷い目に合わされて恋愛はしばらくいいと伊和たちに話した。

原島のいいところをみんなの前で話して伊和は恋に落ちていると察した。

伊和はnoteにメッセージを送ろうと澪に提案してメッセージを送った。

返信がきて陰ながら応援していると直で言われたことを思い出す。

澪は「幸せ掴みます!」と伊和の前で宣言した。

編集部で山中と柳は職場恋愛はめんどくさいし原島は仕事人間だから恋人はいないと話す。

原島は澪に企画書を渡すようにいい直すように指示した。

自分に魅力がないんじゃないかと澪は不安になっていて伊和は山姥なら澪を変身させられると話す。

その時、井戸の中から山姥(やまちょす)が現れた。

やまちょすは大好物の肉を食べて伊和は彼女に澪のコーディネートを依頼した。

澪が恋をしていると気づいたやまちょすは恋する乙女はマブダチだと言う。

やまちょすは澪の個性を引き出すためビューティーアドバイザーの目で澪を見た。

その時、幽霊が突然現れてお届けものを持ってきた。

やまちょすは澪を次々と変身させて伊和と詩子は興奮していた。

澪はやまちょすによって変身して自信がつき、やまちょすはあとは澪自身が磨くことだと背中を押した。

やまちょすは一人の僧の法力で退治されて今ではそれでよかったと澪に話す。

澪は人間同士の恋だから自分よりは楽だと言い、澪はやまちょすにあるお願いをした。

澪は原島にやまちょすのことを話して原島とと共にやまちょすを取材にきた。

人はみんな原石で磨けば光るとやまちょすは語る。

澪はやまちょすに服を選んでもらったと原島に言い原島は澪に雰囲気が変わっていると褒めた。

やまちょすは原島に澪のことをどう思ってるのか尋ねて、原島は澪のことを頼りにしている部下だと話す。

やまちょすは眠くなると老婆の姿になり澪がなんとかごまかした。

澪に一度彼女らしくしてみたらとやまちょすはアドバイスした。

澪は原島の悩みを聞き出すことにして、仕事がひと段落したらお疲れ会をしようと話す。

原島が何か悩んでいるなら力になると澪は原島に言うが原島はほっといてくれと言い放つ。

澪は原島に嫌われたと思い泣いていて、やまちょすと涼は喧嘩になった。

澪は気持ちを原島に伝えてくると妖怪たちに宣言してレストランに向かう。

先日のことを謝罪した澪に、原島も余裕がなかったと謝った。

原島は離婚を切り出されたと澪に告白した。

澪は原島が結婚していなかったことを知らなかったと原島に言い、原島は仕事に一生懸命で家庭を顧みなかったと反省した。

仕事のせいにしないでくださいと澪は原島に言い妻に気持ちを伝えてと告げる。

「人と人が結ばれるのは奇跡なのに」と呟き、澪は去っていく。

部屋に戻った澪は泣き崩れて、鏡に映った自分の姿を見ると鬼になっていた。

そんな時に譲が部屋に入ってきて澪は原島のことを話した。

譲は澪が原島にとってはただの部下だと澪に告げる。

相談に乗ってくれてありがとうと澪は譲に感謝して譲は自分の気持ちに気づいていない澪に怒っていた。

澪はやまちょすに原島は結婚していて自分の入る余地がなかったと言って泣いた。

やまちょすは好きな男に見つけてもらうたまにギャルの格好をしていると澪に打ち明けた。

やまちょすはみんなをギャルに変身させてみんなでパラパラを踊った。

譲の父は妖怪と人間の秩序が崩れつつあると実感した。

その頃、原島は妻と離婚をして妻のサインした離婚届を見ていたーー。

ドラマ『妖怪シェアハウス』第6話の感想

澪は原島に恋をしていたが自分に自信がなくやまちょすの力で変身することになった。

やまちょすってすごいな、一瞬で澪を変身させた。

やまちょすの過去は好きな男との障害があったからか。

原島に妻がいたとは驚き、澪はショックだろうな…。

失恋した澪の相談相手に譲がなり譲は澪を励ました。

譲も澪のことが好きなのか、澪は全く気付いていないようだけど♪(v^_^)v

澪はやまちょすに励まされて新しい恋に踏み出す決意をした。

次回、澪が鬼に変身する!?

まとめ

ドラマ『妖怪シェアハウス』第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

山姥・やまちょすの手によって見事に変身した澪は、新企画の取材対象者にやまちょすを提案することになった。

取材当日、同席した原島に会ったやまちょすは、原島が何か悩みを抱えていると言い、澪は気になり始める。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎