ドラマ『妖怪シェアハウス』2話ネタバレあらすじ お菊ちゃん登場!

小芝風花主演のドラマ『妖怪シェアハウス』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

面接を受けに行った小さい編集プロダクションで、まずは1週間のお試しでバイトが決まった澪。

意気込んで出社する澪だったが…。

ドラマ『妖怪シェアハウス』第2話のあらすじ

 シェアハウスの住人たちが妖怪だということを知ってしまった澪(小芝風花)は、恐怖を感じながらも行く当てがなく、就職できるまで住まわせてもらうことに。

 そんな中、面接を受けに行った小さい編集プロダクションで、まずは1週間のお試しでバイトが決まった澪。

意気込んで出社するが、バイト初日から社長の原島(大東駿介)から罵倒されるわ、雑用でこき使われるわで、早くもへこたれそうになる。

そこへ、書籍の打ち合わせに来ていたスター編集者・宗像公介(蕨野友也)から声をかけられ、宗像の仕事を手伝うことに。

浮かれる澪に、伊和(松本まりか)や詩子(池谷のぶえ)も新しい恋の予感、と一緒になって盛り上がる。

一方で、ぬらり(大倉孝二)は澪をからかいつつ、何か裏があると怪しみ、それを聞いた伊和と詩子も少し心配になる。

 そんなある日、シェアハウスに妖怪たちの友人、番町皿屋敷のお菊(佐津川愛美)が現れる。

悲しい過去を背負っているはずだが、今どき女子のようなハイテンションで、アイドルポーズを決めるお菊に、澪は圧倒される。

(出典:『妖怪シェアハウス』第2話あらすじ)

ドラマ『妖怪シェアハウス』第2話のネタバレ

澪は一睡もできずまるで自分が妖怪になったような気分だった。

すっかり怯えた澪、それに対して妖怪たちは澪の就職が決まるまで妖怪シェアハウスに泊めることにした。

面接を受けた編集部から連絡がきて一週間のお試しバイトをすることになった澪。

澪は荒波八幡神社の神主・水岡譲に声をかけられる。

詩子は澪に譲が妖怪シェアハウスの大家だと教えて澪は仕事先に向かう。

初日から社長の原島に怒鳴られて澪は電話取材をすることになった。

電話してみたはいいもののほとんどが相手にされずたまに話を聞いてもらっても怪しい人ばかり。

そんななか、書籍の打ち合わせに来ていたスター編集者・宗像公介に見惚れた澪は彼から意見を聞かれる。

家に帰ってきた澪は上から目線の譲が妖怪たちにこき使われていた。

澪は宗像に仕事を手伝ってほしいと言われて伊和たちに話すと伊和はそろそろ新しい恋に進んでみてはと背中を押す。

宗像の取材に同行して、うちの編集部に来ないかと誘われた。

宗像は澪にウイスキーを飲ませて、澪が突然眠くなり宗像は彼女の身体を触ったり匂いを嗅いだりしていた。

一方、伊和は澪のピンチに反応して念力を使った。

宗像が澪の身体を触っていた時、原島が澪を連れ出す。

タクシーで原島は澪を神社まで送って伊和が迎えにくる。

伊和、詩子、ぬらりはスター編集者の宗像がなぜ澪を狙ったのかを考えていた。

3人は宗像のことを片っ端からネットで調べて始めた。

会社に来た澪はテープ起こしを頼まれていたのにまだ終わっていなくて宗像に謝った。

妖怪シェアハウスに帰った澪は宗像が妻子がいながら業界の女に片っ端から手を出して伊和やぬらりのところにも相談にくるほどだった。

その事実を知った澪はショックを受ける。

とその時、井戸から突然番長皿屋敷のお菊ちゃんが現れる。

詩子はお菊の昔話を始める…。

お菊はお殿様と家来からセクハラを強要されて、さらに家来に家宝の皿を隠されてお殿様がお菊を縛って井戸に落とした。

それ以来、お菊の幽霊が井戸に現れてお皿を数える声が聞こえるのだった…。

そんな悲しい過去を持つお菊だが、今どき女子のようなハイテンションで、アイドルポーズを決めるお菊に、澪は圧倒される。

ぬらりがお殿様に落とされたのか自分で井戸に落ちたのか尋ねるとお菊は今までのハイテンションが嘘のように落ち込んでいく。

お菊は婚約者がいるにも関わらずお殿様と家来からセクハラを強要されてPTSDになり井戸に身投げしたと泣きながら話す。

宗像が最低な男だという話を聞いてもなお澪は仕事のためには我慢すると言い張る。 

宗像のもとに来た澪だが、宗像は彼女にセクハラをししようとしていた。

そんな時に、突然宗像と澪の前に井戸が出現してお菊が宗像と澪を井戸の底に引き摺り込む。

澪はいつの間にか妖怪シェアハウスにきて皿を持っていた。

お菊たち妖怪は今まで宗像に泣かされてきた人たちの代わりに皿を投げて恨みを晴らす。

宗像は女をはべらせることは権力を持った男の特権だと得意げに話すと、澪は宗像に対して「女を舐めるな!」と怒鳴った。

澪は宗像が大事にしていた300万の高級な皿を宗像に渾身の力を込めて投げて、皿は割れて宗像は気絶した。

その後、宗像は公然わいせつ罪の容疑で逮捕されて澪は正式に編集部の社員として採用された。

澪と妖怪たちは澪の就職を祝って祝杯をあげる。

お菊は澪に別れを告げて井戸へと帰っていき、譲は今すぐに妖怪シェアハウスを出ていけと忠告する。

出ていこうとしない澪に譲は勾玉を澪の首にかけるのだったーー。

ドラマ『妖怪シェアハウス』第2話の感想

澪は小さな編集プロダクションでバイトとして働くことになる。

そこで、澪はスター編集者の宗像と出会い仕事を手伝うように言われる。

宗像に一目惚れした澪だが、なんと宗像は妻子がいながら業界の女たちを手玉にしてセクハラ三昧をしていた。

とんでもないクズだな、権力を手に入れた男は誰もこんな感じか!

宗像のセクハラにお菊は怒り宗像に皿を投げる。

お菊の恨みが爆発、ハイテンションだけど男のセクハラの話を聞くと怒るのか。

宗像の傍若無人な態度に澪も激怒して宗像の大事にしている皿を投げて憂さ晴らしをした。

澪たちもスッキリしたことでしょう╰(*´︶`*)╯♡

澪は編集プロダクションに正式に採用されて妖怪たちとも徐々に打ち解けてきた。

澪と譲はいい感じだけど、この2人進展するのかね…。

まとめ

ドラマ『妖怪シェアハウス』第2話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

ぬらりは澪をからかいつつ、何か裏があると怪しみ、それを聞いた伊和と詩子も少し心配になっていた。

そんなある日、シェアハウスに妖怪たちの友人、番町皿屋敷のお菊が現れた。

悲しい過去を背負っているはずだが、今どき女子のようなハイテンションで、アイドルポーズを決めるお菊に、澪は圧倒される。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎