朝ドラ『エール』第95話ネタバレあらすじ 長崎の鐘を完成させる裕一

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第95話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

映画「長崎の鐘」の主題歌制作のために、長崎を訪れている裕一。

彼は、原爆投下直後に永田医師が患者を治療した現場を見たり、永田の妹・ユリカから当時の話を聞いたりして、永田が書いた「どん底に大地あり」の真意に近づこうと思いを巡らす…。

朝ドラ『エール』第95話のあらすじ

映画「長崎の鐘」の主題歌制作のために、長崎を訪れている裕一(窪田正孝)は、原爆投下直後に永田医師(吉岡秀隆)が患者を治療した現場を見たり、永田の妹・ユリカ(中村ゆり)から当時の話を聞いたりして、永田が書いた「どん底に大地あり」の真意に近づこうと思いを巡らす。

そして裕一はある答えを見つけて一気に曲を書きあげるのだった。

そして、「長崎の鐘」を山藤太郎(柿澤勇人)に歌ってほしいと訪ねる。

朝ドラ『エール』第95話のネタバレ

裕一は長崎にやってきて三日間曲のことで悩んでいた。

ユリカは原爆の時に永田医師が負傷者を治療した場所まで連れていく。

母親が亡くなったのにも関わらず永田医師は凄まじい気迫で治療にあたった。

裕一は「どん底に大地あり」という壁に刻まれた言葉を眺める。

一方、智彦は友人に仕事を紹介してもらいラーメン屋を辞めることにした。

裕一は鐘の音につられてユリカのもとに来た。

ユリカは鐘を掘り起こした時のことを裕一に話し、クリスマスの夜に初めて鐘を鳴らしたと告げる。

焦土と化した長崎の地に鐘の音が響き渡ったとユリカ。

その鐘の音が私たちに勇気を与えてくれたとユリカは裕一に話した。

裕一はその話を聞いてあることに気づき永田医師のところに駆け込んだ。

裕一は”希望”だと永田医師に言い、永田医師は自分を振り返るうちは希望は持てないが、大地を踏みしめて仲間と共にいることで希望が生まれると語る。

永田医師は希望を持つ曲を作ってほしいと裕一に告げ、裕一は永田医師に感謝を伝えた。

汽車の中で裕一は曲を一気に書き上げた。

裕一は南方の最前線まで慰問した山藤に歌を歌ってほしいとお願いした。

ラジオで山藤は「長崎の鐘」を歌い、人々の心を元気づけた。

音は光子が野球のグローブを作るために融資を頼んだことを話す。

智彦は友人の紹介した仕事に向かい、友人から今度は経済で世界を見返してやるんだと言われて頑張ろうと決意するのだったーー。

朝ドラ『エール』第95話の感想

裕一は「長崎の鐘」の主題歌を作曲することになり永田医師のもとを訪ねる。

裕一は希望が大事だとユリカの話を聞いて思い、永田医師の話を聞いてもう一度人々を勇気づける曲を書こうと決意した。

「長崎の鐘」は完成したか、これで人々の心は元気になる。

まとめ

朝ドラ『エール』第95話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

裕一はある答えを見つけて一気に曲を書きあげるのだった。

そして、「長崎の鐘」を山藤太郎に歌ってほしいと訪ねる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする