朝ドラ『エール』第94話ネタバレあらすじ 永田医師に会う裕一

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第94話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の音楽を無事書き上げた裕一に、池田は映画「長崎の鐘」の主題歌を作らないかと声をかけて…。

朝ドラ『エール』第94話のあらすじ

ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の音楽を無事書き上げた裕一(窪田正孝)に、池田(北村有起哉)は映画「長崎の鐘」の主題歌を作らないかと声をかける。

原爆の現実を克明に描いたこの作品と向き合うことで以前のような恐怖がぶり返さないか、音(二階堂ふみ)は裕一の事を心配するが、裕一は前に一歩進むために自ら進んでこの依頼を受ける。

裕一は原作者の永田医師(吉岡秀隆)に会うために、長崎に向かう。

朝ドラ『エール』第94話のネタバレ

智彦がラーメン屋で働き始めてから2ヶ月が経った。

一方、裕一は「長崎の鐘」という本を映画化するので、その映画の主題歌を作るよう依頼された。

音は戦争の辛い記憶が思い出されるのではないかと心配したが、裕一は前に進むためには必要だと言い原作者に会うことになった。

二週間後、裕一は永田医師に会うため長崎にやってきた。

裕一は永田の妹のユリかに会い、長崎の鐘は瓦礫の中から掘り起こしたと話す。

ユリカは永田医師のところまで案内して、裕一は永田医師に会う。

永田医師は白血病を患っていてベッドで横になっていた。

永田医師は自分の気持ちは本に綴ったと裕一に言い、裕一はきっかけがほしくてここにきたと話す。

永田医師は戦争に二度も行ったと話し、裕一は彼に謝った。

自分の曲のせいで大勢の若者が命を落としたと話し、彼らのために曲を作りたいと訴える。

永田医師は長崎に原爆が落ちた時の話をして、ある若者が神は本当にいるのかと尋ねられたと話す。

そのときの気持ちがわかるかと永田医師は裕一に尋ね、自分で見つけることがきっかけになると告げる。

そんななか、吟は智彦がどんな仕事をしているのか気になり、ラーメン屋で働いているのを知り落ち込んだ。

智彦のところに少年がやってきて空襲で家族を失った話を聞く。

智彦は少年からネギの切り方を教わりそれが大将に認められた。

裕一は長崎の永田医師の家に滞在して「長崎の鐘」の作曲に取り組んでいた。

永田医師は自分を見つめ直しても答えは見つからないと呟くのだったーー。

朝ドラ『エール』第94話の感想

裕一は前に進もうと努力してる。

永井医師に会って原爆のことを聞くのか。

永田医師は原爆のことを裕一に話す、裕一もそれを黙って聞いている。

裕一は果たして「長崎の鐘」を書き上げることができるのか!

まとめ

朝ドラ『エール』第94話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

原爆の現実を克明に描いたこの作品と向き合うことで以前のような恐怖がぶり返さないか、音は裕一の事を心配するが、裕一は前に一歩進むために自ら進んでこの依頼を受ける。 

裕一は原作者の永田医師に会うために、長崎に向かう。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする