朝ドラ『エール』92話ネタバレあらすじ 曲に向き合えずにいる裕一

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第92話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

吟の夫・智彦は復員して就職先を探す日々だった。

だが、元軍人という経歴が邪魔をしてなかなかうまくいかない。

朝ドラ『エール』第92話のあらすじ

吟(松井玲奈)の夫・智彦(奥野瑛太)は復員して就職先を探す日々だったが、元軍人という経歴が邪魔をしてなかなかうまくいかない。

一方、裕一(窪田正孝)の心も相変わらず止まったままだった。

音(二階堂ふみ)は裕一に音楽の楽しさを思い出してもらうために、自分でも何か始めようと、バンブーで紹介された歌の先生のレッスンを受けることにする。 

レッスン中、現れた先生の友人は、懐かしいあの人だった!

朝ドラ『エール』第92話のネタバレ

智彦は仕事の面接に出かけたが元軍人の経歴が邪魔をしていつまでも決まらなかった。

智彦は闇市の男たちに絡まれて喧嘩になり、少年に財布と勲章を盗られる。

吟は音から岩城が亡くなったことを聞かされる。

吟は音にまた歌を始めたらとアドバイスして、音が裕一に音楽の楽しさを教えたらと告げる。

音は梶取夫婦から歌の先生を紹介されて裕一に伝える。

音は歌の先生にレッスンを教わり、先生の家を訪ねてきたのはなんと御手洗だった。

御手洗は今占い師をしていて、悩める人たちを助ける活動をしていた。

音は裕一にもう一度だけ作曲をしてみたらと提案したが、裕一は譜面に向き合おうとするとビルマの惨劇が頭をよぎって曲が書けずにいた。

そのまま一年半が過ぎても裕一は音楽をやめて時計を組み立てていた。

警察はGHQの命令により浮浪児を施設にいれる刈り込みが行われた。

御手洗は次の仕事が裕一と音の人生を変えると音に伝える。

一方、池田はラジオドラマの脚本を書いていたがやり直しを求められて苛ついていた。

池田は再び裕一のもとを訪れてラジオドラマの脚本を見せた。

しかし、裕一はラジオドラマの作曲の仕事を断る。

もう曲はかけないと裕一が池田に告げると、池田は戦争の責任をすべて背負うつもりかと問いかけられるーー。

朝ドラ『エール』第92話の感想

智彦も落ちぶれたものだ、戦争で負けたら軍人は惨めなもの。

裕一も大変な経験をしたものだ、でもこれを乗り越えた時に裕一はもっと成長する。

智彦の仕事もいつまで経っても決まらない、プライドが高すぎる!

池田のラジオドラマが裕一の人生を変える、これが「長崎の鐘」に繋がるのか!

まとめ

朝ドラ『エール』第92話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

裕一の心も相変わらず止まったままだった。

音は裕一に音楽の楽しさを思い出してもらうために、自分でも何か始めようと、バンブーで紹介された歌の先生のレッスンを受けることにする。

レッスン中、現れた先生の友人は、懐かしいあの人だった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする