朝ドラ『エール』91話ネタバレあらすじ 曲が書けずにいる裕一

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第91話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

終戦から3か月になり裕一は、いまだ曲を作ることができずにいた。

音はそんな裕一のことを心配しつつ、入院している岩城の様子を見に豊橋にやって来て…。

朝ドラ『エール』第91話のあらすじ

終戦から3か月。

裕一(窪田正孝)は、いまだ曲を作ることができずにいた。

音(二階堂ふみ)はそんな裕一のことを心配しつつ、入院している岩城(吉原光夫)の様子を見に豊橋にやって来る。

ある日、劇作家の池田(北村有起哉)が、自分が書いたラジオドラマの音楽を裕一に担当してもらえないかとお願いしに古山家を訪れる。

華(根本真陽)はいい話だと裕一に受けるよう促すが、裕一の心は動かない。

朝ドラ『エール』第91話のネタバレ

裕一は終戦から3ヶ月になっても曲を作らなかった。

鉄男は裕一の様子を見に古山家にやってきた。

裕一は時計を組み立てていて、鉄男は保と恵に相談した。

一方、池田はNHKにラジオドラマの脚本を持ち込んでいた。

豊橋では、光子は馬具作りに変わる新しい何かを考えていた。

池田は古山家を訪れてラジオドラマの作曲を依頼した。

池田は裕一の曲を聴いて仕事がしたいと思っていたと裕一に話す。

しかし、裕一は乗り気ではなかった。

華は今の裕一を見たら弘哉はどう思うかなと裕一に告げる。

裕一は自分の殻に閉じこもり曲を書けずにいた。

そんななか、音は豊橋に帰り梅と再会した。

岩城のお見舞いにきた音は眠っている岩城に話しかける。

岩城はもう長くないだろうと医者に言われた光子。

音は光子と会い、裕一が立ち直れずにいることを話す。

光子は裕一のそばにいてあげてと音に言う。

吾郎が馬具作りに変わる新しい商売は野球のグローブだと光子に言い、光子は岩城に報告した。

光子は岩城の声を聞いて亡くなったことを悟り、岩城に感謝を込めてお辞儀をした。

光子は天国の岩城に必ず三人で立ち直ると約束する。

一方、智彦は戦争から帰ってきても仕事が決まらずにイラついていた。

裕一の悪口を言う男たちの声がどこからか聞こえてきて裕一は罪悪感を感じる。

朝ドラ『エール』第91話の感想

戦争のショックがかなり大きかったと見える。
 
裕一はもう本当に曲を作らないつもりか。

岩城のことが心配だな、回復できるのか。

野球のグローブか、吾郎もいいアイデアを思いつくな。

いくら戦争で手柄を立てても終戦になったら何の意味もない。

裕一の悪口を言う男たちの声がさらに裕一を追い詰めていく。

まとめ

朝ドラ『エール』第91話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

劇作家の池田が、自分が書いたラジオドラマの音楽を裕一に担当してもらえないかとお願いしに古山家を訪れる。

華はいい話だと裕一に受けるよう促すが、裕一の心は動かなかった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする