朝ドラ『エール』90話ネタバレあらすじ 劇作家・池田登場!

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第90話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

長かった戦争がようやく終わる。

豊橋では、梅を助けようとして戦火に巻き込まれた岩城が、入院生活を続けていた。

朝ドラ『エール』第90話のあらすじ

長かった戦争がようやく終わる。

豊橋では、梅(森七菜)を助けようとして戦火に巻き込まれた岩城(吉原光夫)が、入院生活を続けていた。

裕一(窪田正孝)は戦争中、自分の作った音楽が人々を戦うことに駆り立て、その結果若い人の命を奪ってきたことを自分のせいだと悔やんで曲を書くことができなくなってしまった。

一方、劇作家の池田(北村有起哉)は戦争孤児のドラマの企画をNHKに持ち込む。

朝ドラ『エール』第90話のネタバレ

戦争で日本が負けて音たちはラジオを黙って聴いていた。

一方、裕一は古山家で一人ぼう然と過ごしていた。

豊橋で吾郎は梅が入院している病院に行って梅が無事だと知り喜んだ。

梅を助けた岩城のもとに吾郎が行き、自分のことしか考えてなかったと泣いた。

音と華は東京に帰ることになり、華には好きな人がいた。

裕一は弘哉の母親から弘哉の遺品を見せられてショックを受ける。

光子は家の瓦礫から十字架と聖書を拾い歌を歌う。

今までの出来事が頭をよぎり、思いを込めて歌いあげる。

音と華は東京に帰ってきて落ち込んでいる裕一のもとに駆け寄る。

裕一は華に弘哉が亡くなったことを伝えて自分のせいだと呟く。

裕一は音楽で人を戦争へと駆り立てることが自分の役目なのかと音に尋ねる。

裕一は音に音楽が憎いと告げる。

華は泣きながら弘哉に会いたいと訴える。

この日以来、裕一は曲を書かなくなった。

そんななか、劇作家の池田は戦争孤児の話をNHKに持ち込んだが反対される。

池田は別の企画なら考えてあげてもいいよと言われる。

池田は闇市に行き子供たちに食べ物を分け与える。

池田二郎は劇作家であり演出家で、のちに裕一と数々のドラマや舞台を作りあげることになる。

池田はスリをしようとしていた少年に戦争孤児の話を書いてやると約束した。

朝ドラ『エール』第90話の感想

梅を助けた岩城の意識が早く戻ればいいなと思う。

弘哉も戦死したか、戦争が終わっても亡くなった人は戻らない。

光子が瓦礫の中で歌を歌うシーンが印象的だ。

裕一は戦争のせいで自分を責めてるけど、それは違うと信じたい。

池田と裕一が作ったドラマや舞台を早く観てみたい!?

まとめ

朝ドラ『エール』第90話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

裕一は戦争中、自分の作った音楽が人々を戦うことに駆り立て、その結果若い人の命を奪ってきたことを自分のせいだと悔やんで曲を書くことができなくなってしまう。

一方、劇作家の池田は戦争孤児のドラマの企画をNHKに持ち込む。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする