朝ドラ『エール』79話ネタバレあらすじ 音楽挺身隊に参加する音

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第79話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

音は豊橋から来ていた梅に、せっかく歌を歌えるチャンスをなぜ生かさないのかと言われる。

そさて、自分には向いていないと敬遠していた音楽挺身隊に参加することにして…。

 

朝ドラ『エール』第79話のあらすじ

音(二階堂ふみ)は豊橋から来ていた梅(森七菜)に、せっかく歌を歌えるチャンスをなぜ生かさないのかと言われて、自分には向いていないと敬遠していた音楽挺身隊に参加することにする。

音楽挺身隊は軍需工場や戦時産業に関わる施設への慰問を通じて、戦意高揚に務める役割を担っていた。

懐かしい音楽学校の仲間と再会し、緊張しながら慰問に訪れた先で自分たちの歌に喜んでもらえた音は手ごたえを感じていた。

朝ドラ『エール』第79話のネタバレ

小山田先生は音楽挺身隊の名簿を見て音の名前を見つける。

音は音楽学校時代の友達と再会して喜んでいた。

音楽挺身隊の顧問が来て音楽は戦力増強の糧であると語る。

音楽のすべてを注ぎ込んで挺身に尽くしていきましょうとみんなに告げる。

音は挺身隊というよりまるで軍隊みたいだったと裕一に話す。

音は軍人の前で戦意高揚に努める音楽挺身隊として歌った。

一方、岡崎にいる吾郎は岩城の指導のもと馬具職人になるため頑張っていた。

相変わらず光子は監視されていて、光子は見張り役の彼らに挨拶した。

東京から編集者がやってきたが、家に問題があるということで掲載は差し控えると言われる梅。

こんな世の中間違っていると吾郎は呟いた。

裕一はハーモニカ倶楽部時代の楽譜を弘哉に見せて弘哉はハーモニカを吹いた。

音は軍人の前で歌えたと喜んで、浩二からの手紙を裕一に渡した。

手紙にはリンゴ農家の男手がみんな兵隊に取られていると言う話と、まさの体調が優れないと書かれていた。

そんななか、古山家に吟がやってきて婦人会からの手紙を渡された。

吟は好きなことしかしない音に苛ついていた。

音は好きなことをしてみんなを喜ばせることができたらそれでいいんじゃないかと吟に言うが、吟は私には何もないと言いたいわけと怒った。

カフェに来た音は恵から音楽や文学で活躍している妹たちを見ると複雑な気持ちではないかと言われる。

智彦が前線に出征することになり吟は智彦の無事を願ったが、軍人の妻が無事など願うなと怒られるのだったーー。

朝ドラ『エール』第79話の感想

音は音楽挺身隊の中でうまくいくのかな。

梅は編集者から出版を断られてかなりショックを受けてた。

吾郎の言うようにこんな世の中は間違っている!

音は音楽挺身隊の活動に満足していて、裕一はまさの体調を気遣っていた。

そんな中、音は吟の知られざる一面を目の当たりにして驚いていた。

吟は音楽や文学の世界で活躍する妹たちと一緒にいて人知れず劣等感を感じていたのかも。

まとめ

朝ドラ『エール』第79話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

音楽挺身隊は軍需工場や戦時産業に関わる施設への慰問を通じて、戦意高揚に務める役割を担っていた。

懐かしい音楽学校の仲間と再会し、緊張しながら慰問に訪れた先で自分たちの歌に喜んでもらえた音は手ごたえを感じる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする