朝ドラ『エール』78話ネタバレあらすじ 吾郎が古山家にやってくる!

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第78話のネタバレあらすじと感想をまとめめみた。

ある日、裕一をたずねて、豊橋の関内家で馬具づくりの修行をしている吾郎が突然現れる。

職人頭の岩城に一人前と認められたら、梅と結婚することになっている五郎だったが…。

朝ドラ『エール』第78話のあらすじ

ある日、裕一をたずねて、豊橋の関内家で馬具づくりの修行をしている五郎(岡部大)が突然現れる。

職人頭の岩城(吉原光夫)に一人前と認められたら、梅(森七菜)と結婚することになっている五郎だったが、岩城の試験に落ちてばかりですっかり自信をなくしてしまったのだ。

あとを追って来た梅(森七菜)が、すごい剣幕で五郎に迫る。一方、音は、音楽挺身隊に参加すべきかどうか、迷っていたのだが…。

朝ドラ『エール』第78話のネタバレ

吾郎がいきなり古山家にやってきて泣きながら裕一に抱きついた。

吾郎は自分はもうダメかもしれないと言い、岩城の試験に落ち続けてこのままじゃ梅と結婚できないと嘆いていた。

その時、梅が家に上がり込んで吾郎を探し回る。

吾郎を見つけてすごい剣幕で怒った。

吾郎が梅と結婚したくなくてわざと試験に落ち続けているのではないかと梅。

吾郎は試験になると次こそは受からなきゃと思いプレッシャーになり手が震えると話す。

梅は古山家に泊まることになり吟も家に来て久しぶりに三姉妹が揃う。

吟は魚を持ってきて梅の代わりに夕食の準備をした。

夕食が食べ終わり、智彦が前線に行くことになったと話す。

梅は光子が監視の対象になっていると言い、毎日監視されて緊張していると話す。

小説を書いているだけで監視の対象になっているが、梅は小説を書き続けている。

梅は表現の自由は侵されるべきではないと話すが、吟は一致団結が必要だと訴える。

吾郎は裕一にお茶を持ってきて最後には書きたいものも書けなくなることを恐れていた。

裕一は求められるものには全力で応えたいと自分の気持ちを吾郎に話す。

翌朝、吾郎は農作業を手伝い、梅も吾郎と一緒に手伝った。

梅は音楽挺身隊の募集記事を見て音がやらないと話すと、梅は音の歌に対する気持ちはそんなもんだったのかと怒る。

梅と吾郎は豊橋へと帰り、音は音楽挺身隊をやってみようかなと裕一に告げるのだったーー。

朝ドラ『エール』第78話の感想

吾郎は岩城の試験に落ち続けて落ち込んでいた。

裕一に泣きついた吾郎は梅と結婚できないと嘆く。

吾郎は本番に弱いタイプなんだな…。

吟もずいぶん冷たいな、表現の自由だけは奪われちゃいけないと僕も思う。

梅の言いたいことはわかる、戦争が激化するとやりたいことも出来なくなる。
 
音は音楽挺身隊に入ることを決意して、裕一に相談する。

次回、音が音楽挺身隊に入って何が起こるのか、乞うご期待!
  

 

まとめ

朝ドラ『エール』第78話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

岩城の試験に落ちてばかりですっかり自信をなくしてしまった吾郎。

あとを追って来た梅が、すごい剣幕で五郎に迫る。

一方、音は、音楽挺身隊に参加すべきかどうか、迷っていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする