朝ドラ『エール』76話ネタバレあらすじ 久志が出征する

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第76話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

太平洋戦争が始まり世の中の戦時色はさらに深まっていた。

裕一は戦時歌謡のほかに、戦果を伝えるニュースとともに流す歌、ニュース歌謡の作曲にも関わるようになって忙しい日々を送って…。

朝ドラ『エール』第76話のあらすじ

太平洋戦争が始まり世の中の戦時色はさらに深まり、裕一(窪田正孝)は戦時歌謡のほかに、戦果を伝えるニュースとともに流す歌、ニュース歌謡の作曲にも関わるようになって忙しい日々を送っていた。

戦争が激しさを増すにつれ、日本は次第に苦境に立たされて食料の配給も少なくなり、音(二階堂ふみ)も日々の食事づくりに苦労するようになっていた。

そんなある日、久志(山崎育三郎)の元に、召集令状が届く。

朝ドラ『エール』第76話のネタバレ

昭和十六年、太平洋戦争が勃発して裕一は戦時歌謡とニュース歌謡を担当していた。

音は裕一が遅くなることがわかっていて華と二人で夕食を作った。

裕一はたくさんの曲を作って、戦争が激化する中で国民に配られる物資も少なくなっていた。

音も物資を受け取りに行き、華は11歳になった。

生徒の一人が音楽教室に通えなくなってやめた。

裕一は久志の電話に出て、久志が召集されたことを知る。

久志は壮行会をしないでくれと言っていたがそれはつまりやめということ。

久志の壮行会が開かれて、久志の希望の歌を歌った。

「お国のために力を尽くしてまいります!」と久志は敬礼をしながら宣言した。

久志が出征したと思ったら、なんと久志は恵と保の店にいた。

久志は痔になっていたせいで戦地に行くことはなかった。

久志は情けないと言ったが、裕一たちはそれでいいんじゃないと久志に言う。

朝ドラ『エール』第76話の感想

裕一は戦争の曲をたくさん作ってる、仕事でやってると思うけど。

音は結局発表会ができずにいて、音楽教室では生徒が次々とやめていった。
 
戦争の最中で不謹慎と思われてる、音にとっては肩身が狭いな。

いよいよ久志も召集されたか、無事に帰ってこれるといいけど。

まとめ

朝ドラ『エール』第76話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

戦争が激しさを増すにつれ、日本は次第に苦境に立たされて食料の配給も少なくなり、音も日々の食事づくりに苦労するようになっていた。

そんなある日、久志の元に、召集令状が届いた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする