朝ドラ『エール』75話ネタバレあらすじ 「暁に祈る」が大ヒット

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第75話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

古山家をたずねてきた藤堂先生から、出征することになった自分の事を思って歌詞を書いてくれないかとお願いされた鉄男。

鉄男は藤堂先生のために気持ちを込めて歌詞を書き…。

朝ドラ『エール』第75話のあらすじ

古山家をたずねてきた藤堂先生(森山直太朗)から、出征することになった自分の事を思って歌詞を書いてくれないかとお願いされた鉄男(中村蒼)は、気持ちを込めて歌詞を書いた。

数日後、完成した歌詞を携えて裕一(窪田正孝)と鉄男は陸軍の智彦(奥野瑛太)の元を訪れる。

戦いに行く人の心に近づきたいと祈りながら書いた「暁に祈る」は、やがて世に出て大ヒットした。

ついに福島三羽ガラスが世に出る!

朝ドラ『エール』第75話のネタバレ

鉄男は藤堂先生が出征すると聞き驚き、藤堂先生に自分のために曲を作ってくれとお願いされた。
 
裕一にもう一回曲を書いてもいいかと話す鉄男。 

裕一は鉄男が曲を書いたと智彦に報告して、福島三羽ガラスで絶対に曲を作ると意気込んでいた。

鉄男と裕一は陸軍に行き、鉄男はもうすぐ戦地に行く恩師のために書いた曲だと話した。

これまで戦いに行く人の気持ちを想像したことはなかったが、見送る人、見送られる人のことを想像して書いたと鉄男は告げる。

鉄男の作詞した歌詞が採用されてレコーディングが始まった。

久志は「暁に祈る」を心を込めて歌い、藤堂先生は戦地へと旅立つ。

「暁に祈る」が大ヒットして鉄男も忙しくなった。

今や出征には欠かせない曲だと保が言うと、鉄男は複雑な気持ちがした。

陸軍は戦地に行ったら二度と帰れないという願いが込められていると言われ鉄男は複雑だった。

一方、吾郎は馬具職人になるために馬具の作り方を岩城に教わっていた。

吾郎は夜遅くまで馬具作りの修行をして梅が頑張っている吾郎にキスをした。

一年後、裕一はラジオに流すニュース歌謡の依頼を受ける。

音は弘哉から発表会で歌わないかと誘われる。

裕一と華が音の曲を聴きたいと言い、音は発表会で歌うと決意した。

太平洋戦争が始まったのはこの数日後のことだったーー。

朝ドラ『エール』第75話の感想

藤堂先生のためならとようやくやる気になった鉄男。

恩師の言葉はやっぱり胸に刺さる。

「暁に祈る」がようやく完成したけど、鉄男たちは複雑だろうな。

「暁に祈る」が大ヒットして鉄男も忙しくなったな。

藤堂先生が無事に帰ってこられるといいけど。

音は発表会で歌を歌うことになり、この後すぐに太平洋戦争が始まった。

太平洋戦争が始まったか、戦争の波がすぐそこまで来ている…。

まとめ

朝ドラ『エール』第75話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

完成した歌詞を携えて裕一と鉄男は陸軍の智彦の元を訪れる。

戦いに行く人の心に近づきたいと祈りながら書いた「暁に祈る」は、やがて世に出て大ヒット。

ついに福島三羽ガラスが世に出ることになった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする