朝ドラ『エール』72話ネタバレあらすじ 福島三羽ガラス始動!

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第72話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

「露営の歌」のヒットから1年が経った。

裕一をたずねて、吟と吟の夫の智彦が古山家を訪れて…。

朝ドラ『エール』第72話のあらすじ

「露営の歌」のヒットから1年後、裕一(窪田正孝)をたずねて、吟(松井玲奈)と吟の夫の智彦(奥野瑛太)が古山家を訪れる。

智彦は自身が勤める陸軍の馬政課でつくることになった映画「暁に祈る」の主題歌の作曲を裕一にお願いしにやって来たのだ。

裕一は作詞家と歌手を指定することを条件に、この話を引き受けた。

作詞を鉄男(中村蒼)、歌を久志(山崎育三郎)が担当する“福島三羽ガラス”がついに始動する。

朝ドラ『エール』第72話のネタバレ

智彦は自身が勤める陸軍の馬政課でつくることになった映画「暁に祈る」の主題歌の作曲を裕一にお願いしにやって来た。

作詞家と歌い手をこちらで指定したいと裕一は申し出た。

吟は音に戦争のために会合に参加した方がいいとアドバイスした。

吟と智彦は帰っていき、裕一には贔屓にしろと智彦は吟に命じた。

裕一は鉄男に福島三羽ガラスで「暁に祈る」の主題歌を作ることになったと報告した。

鉄男はゆうの知らせを聞いて喜んでいた。

一方、音は音楽教室のポスターを貼ったがなかなか生徒は集まらなかった。

恵は音のために音楽教室のポスターを描いて次々と生徒が集まった。
 
音は生徒に歌を教えたがとある男の子が音程を外して大声で歌っていた。

男の子は女の子たちに笑われて落ち込んでいた。

裕一は音に彼は教室を辞めないと思うと話した。

男の子は歌を歌ったが音程を外して歌っていて女の子から馬鹿にされる。

男の子は教室をやめると音に告げて出ていこうとする。

そんな時、裕一は男の子にハーモニカをプレゼントして一緒にハーモニカを吹いた。 
 
裕一と鉄男は陸軍に鉄男の書いた詞を見せに行ったが、軍人から鉄男の作詞した詞は軟弱だと言われてしまう。

朝ドラ『エール』第72話の感想

裕一は吟の夫・智彦から映画「暁に祈る」の主題歌を作曲してほしいと頼まれる。

裕一は福島三羽ガラスで曲を作るならとの条件を出して鉄男、久志の三人で主題歌を作ることになった。

いよいよ福島三羽ガラスの始動か、どんな曲になるのか今から楽しみ💗

音は音楽教室で子供達に音楽を教えていたが、男の子が音楽に自信がなくて音程を外して歌ってしまう。

これがきっかけで音楽を嫌いにならなきゃいいけど。

裕一が彼のためにハーモニカをプレゼントしたから大丈夫だろ。

そんな中、鉄男は陸軍に自分の作詞した詞を見せに行くが軟弱だと言われてしまう。

どこが軟弱なのか聞いてみたい….。

まとめ

朝ドラ『エール』第72話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

裕一は作詞家と歌手を指定することを条件に、この話を引き受けた。

作詞を鉄男、歌を久志が担当する“福島三羽ガラス”がついに始動する。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする