朝ドラ『エール』71話ネタバレあらすじ 裕一、露営の歌を作曲する

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第71話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

昭和12年、日中戦争が起こって、日本は次第に戦時体制となりつつあったが、まだ国民の生活に大きな影響はなく、裕一たちも以前と変わらない暮らしをしていて…。

朝ドラ『エール』第71話のあらすじ

昭和12年。日中戦争が起こって、日本は次第に戦時体制となりつつあったが、まだ国民の生活に大きな影響はなく、裕一(窪田正孝)たちも以前と変わらない暮らしをしていた。

ある日、裕一は新聞の公募で入選した「露営の歌」の歌詞を見かけて、あっという間に曲を書きあげる。

久志(山崎育三郎)の歌で売り出されたこの曲は、国民の心をとらえて出征する兵士の見送りに歌われるようになり、大ヒットする。

朝ドラ『エール』第71話のネタバレ

日中戦争が始まり裕一は新聞の公募で入選した「露営の歌」の歌詞を見かける。

裕一は廿日市から大至急作曲してほしい曲があると話す。

廿日市は裕一の作曲した曲に難癖をつけた。

露営の歌を久志が歌うことになり爆発的な大ヒットになった。

この歌をきっかけに裕一は時代の波に呑み込まれることになる。

家に廿日市が来て大ヒットしたと報告して久志も人気歌手の仲間入りだと話す。

これからもどんどん書いていきたいと廿日市は裕一に告げる。

廿日市が裕一の家に電話をひき、音は吟に電話した。

音が家に帰ってくると裕一が音と華のためにピアノを買った。

華は恵を家に呼んでピアノを見せて、友達も家に呼んだ。

音がピアノを弾いて友達が合唱をした。

音は近所の子供たちを呼んで歌を教えたいと裕一に話した。

鉄男は裕一と久志が売れっ子になり自分はまだまだ作詞家として一人前になれていないと裕一に話す。

吟は音に電話して裕一に会いたいと話す。

裕一と音が吟を出迎えると、吟の夫が裕一に話があると告げるのだったーー。

朝ドラ『エール』第71話の感想

裕一は戦争の歌を作曲したか、裕一も時代の波に呑み込まれる。

廿日市は本当に調子いいな…。

裕一の曲は大ヒットしたけど、戦争の歌なんだよな。

裕一もついにピアノを買ったか!

音が子供たちに歌を教える、なかなかいいアイデアじゃないか。

吟の夫は裕一に何を頼みに来たんだろう、作曲の依頼かな?わ

まとめ

朝ドラ『エール』第71話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

華は恵を家に呼んでピアノを見せて、友達も家に呼んだ。

音がピアノを弾いて友達が合唱をした。

音は近所の子供たちを呼んで歌を教えたいと裕一に話した。

鉄男は裕一と久志が売れっ子になり自分はまだまだ作詞家として一人前になれていないと裕一に話す。

吟は音に電話して裕一に会いたいと話す。

裕一と音が吟を出迎えると、吟の夫が裕一に話があると告げる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする