朝ドラ『エール』67話ネタバレあらすじ 久志、梅に一目惚れする!

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第67話のネタバレあらすじをまとめてみた。

裕一の弟子として、古山家に居候して作曲家を目指すことになった五郎。

そして、文芸ノ友新人賞の受賞をきっかけに上京してきて、古山家の空いている部屋に住んで執筆活動をすすめることになった梅だった。

朝ドラ『エール』第67話のあらすじ

裕一(窪田正孝)の弟子として、古山家に居候して作曲家を目指すことになった五郎(岡部大)と、文芸ノ友新人賞の受賞をきっかけに上京してきて、古山家の空いている部屋に住んで執筆活動をすすめることになった梅(森七菜)。

正反対の性格の二人がなかなか仲良くなれないのを見かねた裕一は、まずは二人が話す機会をつくろうと五郎の歓迎会を開くことにするが、そこに久志(山崎育三郎)が現れて…。

朝ドラ『エール』第67話のネタバレ

裕一と吾郎の新しい生活が始まり、あっという間に曲を仕上げる姿に感動した吾郎。

曲作りは頭じゃなく心で感じることと裕一は吾郎にアドバイスした。

吾郎は自分の作曲した曲を見せるが単なる物真似だった。

一方、華は饅頭を盗み食いしようとして梅が彼女を叱った。

そこに吾郎が現れて饅頭をかけてにらめっこをして饅頭を預かった。

子どもには他のことに興味を逸らしてあげることが必要だと吾郎は梅に言い、梅は吾郎の態度に激怒した。

梅が締め切りが迫っていたが吾郎の顔が浮かんで全然筆が進まなかった。

吾郎は華の子守をして、梅が「うるさい!」と吾郎たちに怒鳴った。

裕一は梅と吾郎を仲良くさせるために吾郎の歓迎会をした。

裕一は梅と吾郎の仲を取り持とうとしたがうまくいかない。

そこに久志が現れて梅に一目惚れして梅に声をかける。

自分に興味がない女ほどモテる男は好きになる、久志もその通りだった。
 
梅の新人賞授賞式があり吾郎も写真を撮った。

梅は友達と再会したが、その友達はすっかり変わっていた。

梅は写真撮影を嫌がり、下駄の鼻緒が取れて転んでしまう。

友達が梅のことを若い、吾郎は「笑うな!」と友達に怒鳴る。

吾郎は全く曲が書けず、久志は梅とデートをしていた。

朝ドラ『エール』第67話の感想

 
裕一と吾郎、これで結構いい師弟関係かもww

梅と吾郎の関係があまりよろしくない…。

梅は締め切りが迫ってイライラしてるな。

梅と吾郎が仲良くなるといいな。

久志は梅みたいなタイプが好きなのか!

梅の友達もすっかり変わっちまったな、小説家になるとみんなこうなるのかね…。

梅のことを笑うなんてひどい、吾郎はいいやつだ!

梅と吾郎、この二人が交わる時は来るのか。

まとめ

朝ドラ『エール』第67話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

梅の新人賞授賞式があり吾郎も写真を撮る。

梅は友達と再会したが、その友達はすっかり変わっていた。

梅は写真撮影を嫌がり、下駄の鼻緒が取れて転んでしまう。

友達が梅のことを若い、吾郎は「笑うな!」と友達に怒鳴った。

吾郎は全く曲が書けず、久志は梅とデートをする。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする