朝ドラ『エール』66話ネタバレあらすじ 吾郎と梅が家にやってくる

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第66話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。
 

ある日、古山家に田ノ上五郎という茨城なまりの青年が裕一を訪ねてやって来た。

水戸の奉公先で聞いた「船頭可愛いや」や「福島行進曲」など裕一がつくった曲に励まされた五郎は、裕一の弟子にしてもらいたいとお願いに来て…。

朝ドラ『エール』第66話のあらすじ

ある日、古山家に田ノ上五郎(岡部大)という茨城なまりの青年が裕一(窪田正孝)を訪ねてやって来る。

水戸の奉公先で聞いた「船頭可愛いや」や「福島行進曲」など裕一がつくった曲に励まされた五郎は、裕一の弟子にしてもらいたいとお願いに来た。

一度は音(二階堂ふみ)と話し合って断る裕一だったが、五郎はあきらめずに来る日も来る日も古山家を訪れた。

一方、音の妹、梅(森七菜)も突然上京してきた。

朝ドラ『エール』第66話のネタバレ

裕一のもとに弟子入りをしたいという若者が現れる。

若者はプロフィールを書いた紙を音に見せて彼は田ノ上吾郎と名乗った。

吾郎は気持ちとして納豆を渡して、作曲の経験はないと話す。

いつか小山田先生のような作曲家になりたいと話した。

戸の奉公先で聞いた「船頭可愛いや」や「福島行進曲」など裕一がつくった曲に励まされた五郎。

吾郎は裕一の弟子になりたいと志願して、裕一は音に相談した。

音は自分のことで精一杯で弟子をとる暇がないんじゃないかと言う。

裕一は弟子入りの話を断ったが、吾郎は諦めきれずに古山家を訪ねた。

吾郎は何度も家にやってきて音に頭を下げ続けた。

吾郎は汚い格好をして家にやってきて裕一は見かねて吾郎を風呂に入れる。

音は吾郎に音楽のことを教えてあげられるのか不安になった。

裕一はなんで自分なのかと吾郎に尋ねて、吾郎はいきなり「紺碧の空」を歌った。

この曲にいつも励まされたと吾郎は言い、裕一の曲を譜面にした。

吾郎は奉公先から逃げてきて行くところがないと裕一に言い、裕一は弟子入りすることに決めた。

その時、音が裕一に梅が小説の新人賞を獲って家に住まわせることになったと話す。

年頃の男女が同じ家に住むのはどうかと思ったが、音と裕一は吾郎と梅が恋仲になるのはありえないと思い二人とも家に住むことになった。

梅は新人賞を獲って嬉しくなり音も梅が新人賞を獲って喜んでいた。

友達が10冊も小説を出していることに焦りを覚えていた梅、音は年齢は関係ない、新人賞を獲ったということは同じ土俵に立ったってことだと語る。 

梅は幽霊になった安隆が負けを認めることが大事だと話していたと音に教え、音は梅にエールを送ったーー。

朝ドラ『エール』第66話の感想

裕一に弟子はまだ早いんじゃないか。

吾郎は純朴だから諦めが悪い!

吾郎、野宿していたのか、本当に家がないんだな。

梅も家にやってきた、どうなることやら。

梅は吾郎が家にいて居心地が悪そうだな、梅みたいな女の子にとって吾郎みたいなタイプは苦手か…。

梅は新人賞を獲得して一人喜んでいて、音も梅のことを祝福した。

梅が新人賞を獲得して本当によかった、これから梅と吾郎がどうなるのか注目💗

まとめ

朝ドラ『エール』第66話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

吾郎の弟子入りを一度は音と話し合って断る裕一だったが、五郎はあきらめずに来る日も来る日も古山家を訪れた。

一方、音の妹、梅も突然上京してきた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする