朝ドラ『純情きらり』65話ネタバレあらすじ 冬吾、笛子にプロポーズする!

朝ドラ『純情きらり』第65話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

小鈴の夫が家に入ろうとするのを桜子たちは懸命に止める。

同時に、冬吾は小鈴を連れて裏口から逃げていた…。

朝ドラ『純情きらり』第65話のあらすじ

小鈴(早良めぐみ)の夫が家に入ろうとするのを桜子(宮崎あおい)たちは懸命に止める。

同時に、冬吾(西島秀俊)は小鈴を連れて裏口から逃げる。

「杏ちゃんも桜ちゃんも、もう大人だ」と冬吾に言われた笛子(寺島しのぶ)は、父親代わりの役目が終わったことを自覚し、寂しくなる。

数日後、冬吾が芸者たちに囲まれているのを目撃した桜子は、笛子に冬吾を迎えに行かせる。

怒っている笛子に冬吾はいきなりプロポーズする。

朝ドラ『純情きらり』第65話のネタバレ

次の朝になっても冬吾は帰ってこなくて笛子は心配していた。

桜子は冬吾のことを探しにいくと言ったが笛子は放っておけばいいと話す。

桜子は喫茶店にきて冬吾を発見した。

笛子が心配しているから帰ってあげてと冬吾に言うが冬吾は小鈴の絵を描くのに集中していた。

笛子は冬吾のことが心配で喫茶店に行くが、女たちが冬吾に群がっているのを見て怒った。

桜子は笛子を呼び止めて冬吾を笛子に会わせる。

笛子は一緒にいると心配してばかりで夜も眠れないと怒鳴り、冬吾は知り合ってしまったもんはどうしようもないと話す。

こんな辛い思いさせんでと笛子は冬吾に言い、冬吾は笛子にキスして抱きついた。

冬吾は一緒になるかとプロポーズしてこれから先はずっと一緒にいてやると笛子に語りかける。

桜子はそれを嬉しそうに見ていた。

桜子は笛子に冬吾と一緒になるのと尋ねて、笛子は勇太郎の受験が終わるまでは安心できないと話す。

小鈴が杏子に取り上げてもらえなかったら赤ちゃんが無事に生まれてこなかったと話していたと桜子。

杏子は稼いで笛子を楽にさせてあげたいと笛子に話す。

桜子は笛子にお世話になったからこれからは自分の幸せを考えてと告げる。

杏子はついに産婆を開業して、桜子たちは新たな道に踏み出そうとしていた。

正月に、笛子は磯と徳治郎に冬吾と結婚することにしたと報告した。

冬吾は喫茶店の通りで接吻をしたと言うと、徳治郎は激怒するのだったーー。

朝ドラ『純情きらり』第65話の感想

冬吾は相変わらずマイペース、これが芸術家か。

笛子は冬吾と一緒にいると悶々としてばかり。

冬吾が笛子にプロポーズ、まさか二人がこんなことになるとは!

笛子は桜子と杏子にとって母親でもあり父親でもあるのか。

冬吾と笛子がいよいよ結婚か、徳治郎は怒ってたけどww

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第65話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

「杏ちゃんも桜ちゃんも、もう大人だ」と冬吾に言われた笛子は、父親代わりの役目が終わったことを自覚し、寂しくなる。

数日後、冬吾が芸者たちに囲まれているのを目撃した桜子は、笛子に冬吾を迎えに行かせた。

怒っている笛子に冬吾はいきなりプロポーズする。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする