朝ドラ『エール』第117話ネタバレあらすじ 裕一に東京オリンピックの依頼が!

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第117話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

ついに華とアキラの結婚を許した裕一。

二人の結婚式は仲間たちが勢ぞろいし、にぎやかに行われる。

朝ドラ『エール』第117話のあらすじ

ついに華(古川琴音)とアキラ(宮沢氷魚)の結婚を許した裕一(窪田正孝)。

二人の結婚式は仲間たちが勢ぞろいし、にぎやかに行われる。

音(二階堂ふみ)が見守る中、新婦の父としてあいさつに立った裕一は…。

それから数年後、1964年に東京でオリンピックを開催されることが決定し、開会式のオープニング曲の作曲を誰に依頼するかが検討され、裕一の名前も候補に挙がるが…。

朝ドラ『エール』第117話のネタバレ

裕一はどうして華を選んだとアキラに尋ねる。

アキラは華をずっと見ていて華はみんなに優しくて裏表がないのはかけがえのないことだと話す。

華は自分が重い女ではあるが、アキラはそれを飛び越えてくれると語る。

音は十字架を持ってきてアキラと華に互いを幸せにすると誓ってと告げる。

アキラと華は幸せにすると誓い、裕一も二人の交際を認めた。

教会で華とアキラの結婚を祝うパーティーが行われた。

アキラはバンド仲間とともにロカビリーを演奏した。

華たちはノリノリでアキラたちの音楽を聴いていた。

演奏が終わり、裕一はステージに立って挨拶をする。

裕一は華が生まれた日のことを話して、たまらなく寂しいと話す。

裕一は華に感謝を伝え、おめでとうと言葉をかける。

五年後、裕一が東京オリンピックのオープニング曲を書くことになり政府関係者が古山家にきて裕一に報告した。

裕一は依頼を引き受けたが、オープニング曲を一向に書く気配がなく音は焦っていた。

朝ドラ『エール』第117話の感想

アキラが華をそんなふうに思っていたなんて。

裕一と音が認めてくれて、アキラと華もようやく前に踏み出せる。

アキラの音楽と裕一の挨拶、よかったな!

東京オリンピックのオープニングテーマを書くことになったなんてすごいな、でも裕一は悩んでいる。

次回がどうなるのか楽しみ💓

まとめ

朝ドラ『エール』第117話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

音(二階堂ふみ)が見守る中、新婦の父としてあいさつに立った裕一は…。

それから数年後、1964年に東京でオリンピックを開催されることが決定し、開会式のオープニング曲の作曲を誰に依頼するかが検討され、裕一の名前も候補に挙がるが…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする