朝ドラ『エール』第110話ネタバレあらすじ 浩二とまき子が結婚!

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第110話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

東京への出発が早まったことにとまどっているまき子。

浩二は「自分の幸せだけ考えて」とアドバイスして…。

朝ドラ『エール』第110話のあらすじ

東京への出発が早まったことにとまどっているまき子。

浩二(佐久本宝)は「自分の幸せだけ考えて」とアドバイスする。しかし、その後まき子(志田未来)は浩二に対し、そっけない態度をとるようになる。

裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)は浩二の本心を聞き出そうと、一緒にお酒を飲むが、浩二は気持ちをなかなか吐き出すことができない。

音は、自分の気持ちとしっかり向き合ってほしいと浩二に言うが…

朝ドラ『エール』第110話のネタバレ

浩二はまき子のことを真剣に考えていた。

畠山は東京行きが早まったとまき子に言い、まき子は怒った。

浩二はまき子に自分の幸せだけを考えてと告げたが、まき子は怒って出ていく。

音は裕一の作った曲を歌っていた。

浩二が帰ってきたが、呆然としていた。

裕一は浩二の相談にのり、まき子に何か悪いことしたかなと悩んでいた。 

音は浩二に止めてほしかったんじゃないかと浩二に言う。

音は浩二にこのまままき子を行かせてもいいのかと尋ねる。

音は本当にいいのかと浩二に確認して、「やらずに後悔するより、やって後悔した方がいい」と言葉をかける。

浩二はまき子に「東京に行くな!」と叫ぶ。

浩二は俺のそばにいてほしいとまき子に言い、まき子はまた来年リンゴの花を一緒に見てくれると告げる。

まき子は父親に浩二と一緒になると話した。

浩二は婿入りすることをまさに言い婿入りを許してほしいとお願いした。

まさは浩二に後悔しないなら謹んでお受けしなさいと話す。

浩二とまき子の結婚式で、畠山はまさに家族だと告げ、裕一はみんなの前で挨拶をする。

裕一は浩二が家族のことを必死に守っていたと話し、家族の絆はひとりでにできるものではなく浩二がいたから繋ぎ止めていられたと話す。

裕一はまき子に浩二のことをよろしくお願いしますと告げ、涙を流した。

音は華に結婚する時は覚悟しておきなさいと呟く。

浩二は古山家にリンゴを贈り、まき子と共に新聞に掲載された。

裕一と音はその記事の切り抜きを見て笑顔になるのだったーー。

朝ドラ『エール』第110話の感想

まき子も浩二のことが好きなのかな…。

浩二はまき子がそっけない態度をとって悩んでいた。

音、いいこと言うな!

浩二とまき子が一緒になった、お互いが望む形になったわけか。

浩二とまき子が一緒になって本当によかった💓

まとめ

朝ドラ『エール』第110話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

その後まき子は浩二に対し、そっけない態度をとるようになる。

裕一と音は浩二の本心を聞き出そうと、一緒にお酒を飲むが、浩二は気持ちをなかなか吐き出すことができない。

音は、自分の気持ちとしっかり向き合ってほしいと浩二に言う。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする