朝ドラ『エール』第109話ネタバレあらすじ 浩二とまき子

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第109話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

裕一は浩二に頼まれて、「高原列車は行く」の作曲のために、しばらく福島に滞在することにする。

朝ドラ『エール』第109話のあらすじ

裕一(窪田正孝)は浩二(佐久本宝)に頼まれて、「高原列車は行く」の作曲のために、しばらく福島に滞在することにする。

ある日、浩二は畠山リンゴ園の会合で、娘のまき子(志田未来)が親戚の会社で経理の仕事をするために、東京に出ることを知り、複雑な心境になる。

これまでいつも断っていたまさ(菊池桃子)が持ってくる見合いの話を、浩二は「行ってもいいよ」と言い出すのだが…。

朝ドラ『エール』第109話のネタバレ

浩二は役場の担当者としてりんご農園に通っていた。

まき子に会った浩二は肥料のことをまき子に教える。

リンゴ園の会合で畠山は娘のまき子が東京に行くと話し、浩二は動揺した。

浩二は畠山からまき子が戦死した男のことを引きずっていると聞き、浩二は落ち込んだ。

裕一の実家に音がやってきて華は一人で大丈夫だからと言って一人できた。

まさは浩二のためにお見合い相手を見つけてきた。

浩二はお見合いを幾度となく断ってきた。

浩二はお見合い写真を見てお見合いをすると決意した。

お見合い当日、浩二はお見合い相手の女性とぎこちなく話していた。

一方、家にまき子がやってきて資料を届けにきた。

浩二はリンゴを見てまき子のことを思い出した。

裕一と音はリンゴ園に来ていて、浩二は慌ててリンゴ園に駆け込んできた。

音は浩二の様子を見てまき子が好きなことに気がついた。

浩二は東京に行く話をまき子にして、畠山が東京行きを勝手に進めたと話す。

音はまき子が素敵な方だと浩二に言って、本当にまき子が東京に行っていいのかと尋ねる。

まき子が本当に東京に行きたいのかなと音は呟き、浩二はまき子のことを考えていた。

朝ドラ『エール』第109話の感想

浩二とまき子がもしかしたらくっつくなんてことがあったりなかったり。

浩二は福島を盛り上げる曲を作ってほしいとお願いした。

やっぱり浩二まき子のことが好きなのか…。

浩二はまき子のことが好き、まき子は浩二のことどう思ってるのかな。

まとめ

朝ドラ『エール』第109話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

ある日、浩二は畠山リンゴ園の会合で、娘のまき子が親戚の会社で経理の仕事をするために、東京に出ることを知り、複雑な心境になる。

これまでいつも断っていたまさが持ってくる見合いの話を、浩二は「行ってもいいよ」と言い出す。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする