朝ドラ『エール』第108話ネタバレあらすじ 鉄男、弟との感動の再会

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第108話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

母校・福島信夫小学校の校歌のお披露目会の後、鉄男は校長先生から頼まれて後輩に向けて講演をする。

その話を息子から聞いた三上典男が、鉄男を訪ねて喜多一にやって来る。

朝ドラ『エール』第108話のあらすじ

母校・福島信夫小学校の校歌のお披露目会の後、鉄男(中村蒼)は校長先生から頼まれて後輩に向けて講演をする。

その話を息子から聞いた三上典男が、鉄男を訪ねて喜多一にやって来る。

会いに行こうか行くまいか迷う典男の背中を、「もう一生会えないかもしれないよ」と息子が押したのだ。

裕一(窪田正孝)と一緒に、藤堂先生のお墓に校歌を作った報告をして戻ってきた鉄男。典男(泉澤祐希)を見て…。

朝ドラ『エール』第108話のネタバレ

裕一と鉄男は藤堂先生の墓参りにきて、元気でやりますと天国の藤堂先生に語りかけた。

二人が裕一の実家に戻ると鉄男の弟・典男が鉄男に会いにきた。

典男は鉄男が作詞家になっていることに驚いていた。 

典男は父親が怖いのと、自分の分まで殴られる鉄男を見かねて家出をした。

家出をした後は盛岡に行って床屋をしている夫婦に拾われた。

典男はずっと鉄男に対して罪悪感を感じていた。

自分だけが幸せで鉄男に申し訳ないと思っていたと典男。

鉄男は典男に母親から自分の人生を生きろと言われたと話す。

鉄男は母親一人に苦労を背負わせて家出をしてしまったことを悔やんでいた。

まさは母親が鉄男と典男が幸せに暮らすことが何よりの幸せだと話す。

幸せに生きているだけで十分親孝行しているとまさは言い、鉄男と典男は救われた気持ちになる。

典男の家族を喜多一に招いて鉄男は典男たちと幸せな時間をすごす。

子供たちは裕一の作った曲を大好きで聴いていた。

ラジオドラマの続きが気になって裕一に尋ねるが、裕一は秘密にした。

鉄男はその後、家族をテーマにした曲を作り大ヒットする。

裕一は農業組合の仕事を手伝うことになり音に電話で報告した。

音は福島に行かないと華に言ったが、華は勉強があるからと断った。

音はつまんないと寝転びながら呟くのだったーー。

朝ドラ『エール』第108話の感想

生き別れた兄弟の感動の再会だ。

典男は鉄男に対してずっと罪悪感を感じていた。

まさは母親だから鉄男と典男の母親の気持ちがわかるんだ。

鉄男は書きたいことが見つかったみたい。

音は家でつまらなそうにしている。

まとめ

朝ドラ『エール』第108話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

会いに行こうか行くまいか迷う典男の背中を、「もう一生会えないかもしれないよ」と息子が押したのだ。

裕一と一緒に、藤堂先生のお墓に校歌を作った報告をして戻ってきた鉄男は、典男を見ていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする