朝ドラ『エール』第102話ネタバレあらすじ 何もないと悩む華

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第102話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

華はオーディションに向けて、音楽レッスンで忙しい音のために、家事を手伝おうとするが、母の仕事と自分がやりたい事は両立できると証明したいと考えている音は…。

朝ドラ『エール』第102話のあらすじ

華(古川琴音)はオーディションに向けて、音楽レッスンで忙しい音(二階堂ふみ)のために、家事を手伝おうとするが、母の仕事と自分がやりたい事は両立できると証明したいと考えている音は、「すべて自分でするから、華は自分のやりたいことをしなさい」と相手にしない。

これといってやりたい事がない華は、甲子園に出る目標に向かって頑張っている渉(伊藤あさひ)と話していて、複雑な気持ちを抱く。

朝ドラ『エール』第102話のネタバレ

華は裕一にお粥を食べさせて看病した。

音が急いで家に帰ってきて裕一のことを心配した。

華は家のことも裕一のことも自分がやると音に言うが、音は自分一人でやろうとした。

裕一の風邪が治り、華がいい子に育ったと音に話す。

華がバンブーにいると渉が店にやってきた。

渉が甲子園に近づけたのは裕一のおかげだと華に話す。

音はオペラのオーディションを受けたと華に言い、渉は華には音楽の才能があるんじゃないかと話す。

華は急いで家に帰り渉にあんな態度をとったことを悔やんでいた。

華は自分には何もないと呟く。

御手洗は音の前には素晴らしい未来が待っていると占った。

音は千鶴子と再会してオーディションが始まる。

音は千鶴子たち審査員の前で力強く歌った。

音は最終審査のレベルが違うと裕一に話す。

裕一は音なら絶対合格できると励ました。

華は目標がなきゃだめなのと音に怒って家を出ていく。

音には自分の気持ちがわかっていないと華は言った。

華は吟の家に転がり込み、しばらく泊まることになった。

吟は若い頃は華と同じでやりたいこともなかったと話し、才能があるのもそれはそれで大変だと話す。

幸せは日常に転がっていると吟は華に言い、若いうちは悩みなさいと華に告げる。

音は華の気持ちがわかってなかったと反省した。

華は布団に寝ながら悩んでいるのだったーー。

朝ドラ『エール』第102話の感想

華もいい子に育ったな。

音も頑なだな、華は落ち込んでいる。

才能ある両親に対して華は自分には何もないと考えている。

千鶴子もすっかり大人っぽくなってたな。

才能のない人にやりたいことをやりなさいという言葉はきつい。

華は自分には何もないと精一杯悩んでいる、若いうちは悩まなきゃ!

まとめ

朝ドラ『エール』第102話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

音は、「すべて自分でするから、華は自分のやりたいことをしなさい」と相手にしない。

これといってやりたい事がない華は、甲子園に出る目標に向かって頑張っている渉と話していて、複雑な気持ちを抱く。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする