朝ドラ『エール』第100話ネタバレあらすじ 久志、甲子園で歌う!

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第100話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

久志が歌った「夜更けの街」に裕一は心揺さぶられた。

完成した「栄冠は君に輝く」はやはり久志に歌ってほしいと強く願う。

朝ドラ『エール』第100話のあらすじ

久志(山崎育三郎)が歌った「夜更けの街」に裕一(窪田正孝)は心揺さぶられて、完成した「栄冠は君に輝く」はやはり久志に歌ってほしいと強く願う。

大会本部の大倉(片桐仁)は、愛国歌謡の印象が強い久志の起用に難色を示すが、裕一は「他のどの歌手よりも彼が向いている」と頭を下げて必死にお願いする。

断るつもりで古山家を訪れた久志だったが、音(二階堂ふみ)からその話を聞いて心を動かされる。

朝ドラ『エール』第100話のネタバレ

裕一は懲りずに久志のもとを訪ねて大会本部に久志を推薦したと話す。

「栄冠は君に輝く」は久志にしか歌えないと裕一は久志に告げる。

華は野球規則の本を熱心に読んでいた。

音は前に会っていた男の子のことを華に尋ねるが、華は恥ずしがった。

家の前には久志がいて、音に譜面を返した。

久志は同情されたくないと言い、歌手は他にもいるでしょと音に告げる。

大倉も同じことを言っていたと音は久志に話し、裕一が大倉を説得していたと話す。

裕一は大倉に必死に久志に歌わせてもらえるように説得した。

裕一は久志が歌手として心底信頼している。

その話を聞かされた久志はその言葉を噛み締めていた。

裕一が帰ってきて久志はいい曲だがこの曲を歌う自分が想像できないと話す。

裕一は自信のない久志を甲子園に連れていく。

裕一は「栄冠は君に輝く」を作詞した人は足が切断されても諦めずに歌詞を書いたと久志に話す。

苦しませて申し訳ないと裕一は久志に謝り、どん底を経験した自分たちにしか書けないものがあると信じていると話す。

「君なら歌える!」と裕一は久志に告げて久志にボールを投げる。

久志はピッチャーマウンドに立って「栄冠は君に輝く」を力強く歌った。

甲子園が始まり人々はラジオで聴いていた。

久志の歌声はラジオから日本中に鳴り響くのだったーー。

朝ドラ『エール』第100話の感想

裕一は本当に諦めないな、いつだって久志のことを気遣ってる。

久志も頑なだな、すべてに諦めてるのか。

どん底を経験しないと見えてこないものがある。

久志、変わらずの美声で安心した!

久志の歌声は日本中に響き渡った!?

まとめ

朝ドラ『エール』第100話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

大会本部の大倉は、愛国歌謡の印象が強い久志の起用に難色を示すが、裕一は「他のどの歌手よりも彼が向いている」と頭を下げて必死にお願いする。

断るつもりで古山家を訪れた久志だったが、音からその話を聞いて心を動かされる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする