ドラマ『私たちはどうかしている』7話ネタバレあらすじ 七桜が光月庵を潰す!

浜辺美波&横浜流星主演のドラマ『私たちはどうかしている』第7話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

新進気鋭の和菓子屋『花がすみ』に、由緒ある五月雨亭の仕事を奪われたことに衝撃を受けた光月庵の面々。

名誉挽回のため、椿は次の週に迫った五月雨亭・新春園遊会の選定会に向け、久々に自分で御菓子を作ることを決めて…。

ドラマ『私たちはどうかしている』第7話のあらすじ

新進気鋭の和菓子屋『花がすみ』に、由緒ある五月雨亭の仕事を奪われたことに衝撃を受けた光月庵の面々。

名誉挽回のため、椿(横浜流星)は次の週に迫った五月雨亭・新春園遊会の選定会に向け、久々に自分で御菓子を作ることを決める。

そんな中、椿は週刊誌の記者から表向きには病死になっている樹(鈴木伸之)の死について真相を問われる。

今日子(観月ありさ)が夫の不貞に逆上して刺したのではと聞く記者。

椿は事件当日の今日子の行動を思い出していた…。

一方、七桜(浜辺美波)は偶然栞(岸井ゆきの)に会う。

店の名前にあぐらをかいて味を落とした光月庵には負けないと宣言する七桜。

なぜ七桜は3年間でこんなに変わってしまったのか?

そこには、今日子からの執拗な嫌がらせがあった。

母の無念を思い、正当な跡継ぎとして光月庵を乗っ取ると心に決めたのだった。

そんな七桜をずっと支え、お店を出す支援もした多喜川(山崎育三郎)は、椿との関係を気にしながらも、七桜の背中を押す。

選定会が近づく中、椿はテーマの『月』を表現した繊細で美しいお菓子を完成させる。

椿の圧倒的な腕前に感動する一同だが、城島(高杉真宙)は腕がある椿が厨房から遠ざかっていることを不満に感じていた…。

選定会当日。

七桜は『雲一つない空に輝く月』を表現した御菓子を披露し、審査員の心を奪う。

勝敗を前に庭で椿を見つけた七桜は、まっすぐに近づいて行くが…。

七桜は椿が厨房から遠ざかっていたある理由に気づき、心乱される。

数日後。

大旦那(佐野史郎)の見舞いから戻った椿は、今日子が選定員の市議会議員・溝口(吉沢悠)に根回しをしていたことを知り、今日子への嫌悪感を露わにする。

一方、不正に気づいた七桜は、光月庵の牙城を崩そうと今日子と深い仲である溝口に近づいていた。

急に頭角を現した『花がすみ』が気になる椿は、ある予感を抱いて店を訪れる。

七桜と椿、運命の二人の再会を機に、椿を想う栞、七桜を支える多喜川の想いが交錯していく…!

(出典: 『私たちはどうかしている』第7話あらすじ)

ドラマ『私たちはどうかしている』第7話のネタバレ

今日子は花がすみという店にお得意様を取られて怒っていた。

雑誌記者の下川が現れて15年前の事件のことを取材してきた。

栞は街で偶然七桜を見かけてとっさに腕を掴む。

今まで何をしていたのかと栞は七桜に尋ねる。

栞は東京で修行をしてようやく自分の店を持てたと七桜から近況を聞いた。

七桜は今の光月庵は新月のように暗闇で何も見えていないと栞に話す。

店の名前に胡座をかいてお客様のための和菓子が作れていないと話した。

椿は下山から樹を殺害したのが今日子ではないかと聞かれてなぜ今更そんな話が出てくるのかと考えていた。

店に帰った七桜は光月庵にバレたかもしれないと不安を口にした。

七桜は店を紹介した多喜川に感謝して、三年前のことを話し始めた。

三年前、七桜は店で働いていたが今日子の差し金で警察に聞き込みをされる。

今日子は七桜の母親のことを馬鹿にして七桜は光月庵のことを忘れようとしたが”光月庵”の呪いが付き纏う。

七桜は崖から滑り落ちて怪我を負った。

多喜川が七桜を助けて七桜が死んだら百合子は二度死ぬことになると告げる。

七桜は百合子の代わりに百合子の夢を叶えると多喜川に宣言した。

椿の守りたかったものはこんなものかと光月庵のお菓子を食べて思った七桜。

椿は「空明」というお菓子を作り花がすみに勝とうとした。

今日子は選定会の選定員に椿のお菓子を選ぶように告げる。

選定会当日、七桜は三年ぶりに椿と再会した。

しかし、椿は七桜のことが見えていなかった。

七桜は栞が来たので咄嗟に隠れて栞と共に去っていく。

椿の作ったお菓子が選定されて、七桜は今日子が裏で手を回していたことを知る。

椿は医師に目が見えにくくなったと告げ、手術をしなければ失明すると言われてしまう。

今日子が市議会議員の溝口に根回ししたことを知り椿は今日子に激怒した。

溝口は七桜とぶつかり店をしていることを話す。

溝口は七桜のお菓子を食べて感心して、椿は花がすみの暖簾をくぐる。

椿は七桜と再会して驚愕し、七桜は気にせず溝口にお菓子を渡した。

どうして何も言わずに消えたんだと椿は七桜に尋ねる。

七桜は椿への気持ちは嘘だったと椿に言い、椿は七桜がまるで別人のように感じた。

多喜川が現れて椿を追い出し、七桜の手が震えていた。

今日子は花がすみの店主が七桜だと知って激怒する。

城島は椿のこと諦めた方がいいと栞に助言した。

椿は七桜が光月庵を乗っ取ろうとしていると今日子に告げ、一体誰が樹を殺したのかと考えていた。

七桜は宗寿郎のお見舞いに来て椿が倒れたのでまた目が見えなくなったのと心配した。

栞は椿のことを諦めたくなくて今日子に妊娠したと嘘をついた。

目が悪くなってもつばきは月雨亭・新春園遊会に出席すると言って聞かなかった。

七桜は椿が昔のままだと気づき、椿を光月庵の呪いから解き放つと決意した。

今日子は栞と共に栞の両親の家に挨拶にいき、今日子は子供は全てを変えてくれると話した。

椿は今日子から栞が妊娠していると聞き驚いた。

七桜は椿を光月庵から解放するため早く光月庵を潰そうと考えていた。

多喜川は七桜を抱きしめて俺だけはずっと七桜のそばにいると約束した。

椿は栞に会いにいき、栞はいきなり服を脱いで椿との子供をくださいと椿に言う。

椿は俺のどこが好きなんだと栞の首に手をかけながら冷たく言う。

昔の自分なら躊躇なく抱いていたが今の自分には絶対に無理だと話した。

多喜川は七桜に宗寿郎がもう長くないと伝える。

今日子は宗寿郎を連れて行こうとしたて連れて行こうとして、七桜が今日子の目の前に現れた。

七桜は光月庵の正式な跡取りだと宗寿郎の前で宣言して、今日子は宗寿郎を連れていく。

椿を自由にするために光月庵にやってきて栞に椿に目の治療をするように言ってほしいとお願いした七桜。

七桜は宗寿郎に会い、宗寿郎は七桜が本当に樹の子供なのかと尋ねた。

七桜は百合子が残した親子鑑定の書類を宗寿郎に見せようとしたら、今日子が乱入して書類を破り捨てる。

椿は本当の父親が誰か考えていて、実父が樹を殺したと推理する。

そんななか、宗寿郎は樹が百合子のことを好きなのを知っていたが、家のために別れさせたと話した。

七桜は百合子と樹が死んだ原因が宗寿郎と聞いて怒っていたが、百合子と樹のために光月庵を継ぎたいと話す。

椿は何か忘れていることはないかと必死になって考えていた。

その時、宗寿郎が現れて血筋に関係なく椿と七桜、より美味しく魂を震わせるお菓子を作ったものを光月庵の跡取りにすると宣言した。

ドラマ『私たちはどうかしている』第7話の感想

七桜は三年の間に変わってしまった、栞もそれを実感したか!

七桜は百合子の夢を叶えようと光月庵^を潰す決意をした。

七桜は椿のことを憎むようになって光月庵を潰そうとしている。

七桜と椿が三年ぶりの再会、一体どうなる。

溝口が今日子の根回しで選定したことが椿にバレてしまった。

今日子は本当に汚い手を使うな…。

七桜は一体何を企んでいるのか、椿は七桜に会って何をするつもりなのか。

今日子の悪魔みたいな本性が出てきたな!

多喜川は七桜のこと好きだったのか、でも七桜は椿のことが好き、もどかしい💓

まとめ

ドラマ『私たちはどうかしている』第7話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

不正に気づいた七桜は、光月庵の牙城を崩そうと今日子と深い仲である溝口に近づく。

急に頭角を現した『花がすみ』が気になる椿は、ある予感を抱いて店を訪れる。

七桜と椿、運命の二人の再会を機に、椿を想う栞、七桜を支える多喜川の想いが交錯する。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎