ドラマ『私たちはどうかしている』4話ネタバレあらすじ 城島の過去とは?

浜辺美波&横浜流星主演のドラマ『私たちはどうかしている』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

一向に出て行こうとしない七桜に苛立ちを募らせる今日子は、七桜に大事な得意客にお茶を出すよう命じた。

しかしそれは座敷で七桜の作法を試す嫌がらせで…。

ドラマ『私たちはどうかしている』第4話のあらすじ

椿(横浜流星)のまっすぐな愛の告白と率直な問いに、七桜(浜辺美波)はどう答えるのか?

そして、椿の反応は…!?

一向に出て行こうとしない七桜に苛立ちを募らせる今日子(観月ありさ)は、七桜に大事な得意客にお茶を出すよう命じる。

しかしそれは座敷で七桜の作法を試す嫌がらせだった!

住む世界が違うと蔑まれ、落ち込む七桜。

そんな中、城島(高杉真宙)と和スイーツカフェに出かけた七桜は、純粋に御菓子の話で盛り上がれる城島に癒しを感じる。

実家の和菓子店の名物・わらび餅があるので食べに来るよう誘われた七桜はその夜、離れの従業員の部屋へ。

そこはかつて七桜が母・百合子(中村ゆり)と共に住んでいた部屋だった。

懐かしさを感じる七桜だが、城島は七桜に急接近!そこに椿が現れて……!?

翌日、七桜は城島が店を辞めることを聞く。

城島をクビにしないよう頼む七桜だが、椿は再び冷たい態度に戻ってしまう。

二人の仲に亀裂が入ったことに満足げな今日子は、城島にまた金を渡し…。

一方、椿は多喜川(山崎育三郎)の紹介で、投票で1位になれば全国で和菓子が売り出されるというデパートの七夕催事への出店を依頼される。

以前同じような催しで注目を浴びた椿だが、その時多喜川は能登の小さな店『しまや』を推薦していたと話す。

その店の名前を聞き、ピンとくる椿。

実は、『しまや』は城島の実家で、その催しをきっかけに、城島は椿を恨んでいた…。

そんな中、七桜は城島が借金取りに追われていることを知る。

病気の父のために借金をしており、父のわらび餅を作れない自分は店を開けられないと話す城島。

なんとか実家の店を再開して欲しい七桜は、城島が何か隠していると気付きながらも、意外な行動に出る…!

城島が今日子とつながり、ハニートラップを仕掛ける原因となった椿への恨みとは?

そして今日子と多喜川にもなにか因縁が…。

さらに、椿を想い続けている栞(岸井ゆきの)は、新たな見合いの席で七桜が『人殺しの娘』だと聞き…!?

(出典: 『私たちはどうかしている』第4話あらすじ)

ドラマ『私たちはどうかしている』第4話のネタバレ

椿から桜なのかと問いかけられて、七桜は返答に困った。

迷った末、七桜は自分が”花岡七桜”だと嘘をついた。

桜は七桜みたいに真っ直ぐ見たりしなかったと椿は七桜に話す。

「全部俺のものにしたい」と椿は言い七桜にキスをした。

待っているのは地獄しかないのにどうしても椿の手を振り解くことはできなかった…。

朝になり、七桜は椿と添い寝をしていた。

その姿を今日子は見ていて、七桜のことを睨んでいた。

今日子は大事なお得意様が来ると七桜に伝える。

城島は七桜を見て不気味な笑みを浮かべていた。

今日子が七桜のことを試そうとしていると七桜は察した。

お茶をお取り替えしましょうかと七桜はお客さんに尋ねて、今日子はお客さんに謝罪した。

今日子は七桜の言った言葉はそろそろお暇してくださいという意味だと七桜に教えた。

七桜の制服を今日子はひっぺがしてあなたはここにいる資格がないと言い放つ。

傷ついている七桜を城島は声をかけた。

二人はアフタヌーンティーを食べにいき、城島は七桜を部屋に誘った。

一方、椿は宗寿郎に薬を持ってきてあの子を早く探してくれと頼まれる。

七桜はかつて母親と暮らしていた離れの部屋にやってきた。

部屋から見える梔子の花に見惚れて、城島は実家の和菓子屋を継ぎたいと自分の夢を話した。

城島は椿とじゃ幸せになれないと七桜に言い、俺じゃダメですかと七桜に尋ねる。

その時、椿が部屋に入ってきて城島が七桜が好きだと言うと椿は掴みかかる。

城島には近づくなと椿は七桜に忠告した。

七桜が厨房に行くと城島がクビになったと聞き椿に城島を辞めさせないでと訴える。

椿は城島に冷たく接し、七桜は椿が遠く感じた。

二人の結婚をやめさせることを条件に今日子は城島に金を渡した。

山口は城島に実家の和菓子屋を継ぐと言ってたけど和菓子屋は潰れてもうないんだろと確認した。

潰れたんじゃない、椿に潰されたんだと城島は山口に話す。

そんななか、椿は多喜川の紹介で、投票で1位になれば全国で和菓子が売り出されるというデパートの七夕催事への出店を依頼された。

椿は城島の和菓子屋が潰れたことを多喜川から聞かされて驚く。

城島が借金取りから締め上げられているところを七桜が助けて潰れたってどういうことと七桜は城島に尋ねる。

城島は父親が病気で入院していると嘘をついて去っていき、七桜は城島には諦めてほしくないと思っていた。

厨房でわらび餅を作っていた七桜は城島に父親のわらび餅の違いを教えてと話す。

七桜は城島の父親のわらび餅に少しでも近づけようとしていた。

多喜川に城島の実家の和菓子屋「しまや」のことを調べさせて母親が入院していることを知った。

城島の母親の病室を訪れた椿は母親から城島が椿のことを恨んでいると聞かされる。

城島の父親はデパートから大型受注があり張り切ってわらび餅を作った。

しかし、わらび餅が倒れて台無しになりわらび餅を売ることができなくなった。

城島は売り場に光月庵のタオルが落ちていたことから椿の仕業だと考えた。

その後、城島の父親は借金を返そうと働きすぎて無理がたたって亡くなってしまう。

城島の母親は城島が何かする前にやめさせろとお願いした。

その時、城島が病室に入ってきて椿は病室を出ていく。

その頃、七桜は何度も城島の父親のわらび餅を再現しようとして味がほぼ完成に近づいていた。

城島が母親の病室に行くと借金が完済されているという知らせを聞いて驚く。

椿のもとにきた城島はあんたにこんなことをしてもらう筋合いはないと突っぱねる。

椿はデパートの七夕催事への出店に七桜の作ったわらび餅を出してその売り上げを城島に還元すると話す。

一方、今日子は七桜の作ったわらび餅を七夕イベントに出店すると聞き憤りを感じていた。

七夕イベントが目前に始まり、椿は信じたことを貫けばいいと七桜に語る。

今日子は城島にあるお願いをした…。

椿が七桜の作ったわらび餅を試食して「しまや」のわらび餅を完璧に再現していた。

その頃、栞は新しいお見合い相手が決まったと聞かされて落ち込んでいた。

七桜たちはわらび餅を作り催事当日まで待った。

しかし、催事当日にわらび餅が何者かによってめちゃくちゃにされていた。

七桜は今日子が二度も和菓子を粗末にしたのを見て何であなたみたいな人が光月庵の女将をしているのか、何で椿の母親なのかと問いかける。

代わりの和菓子を今日子が用意していて、椿は仕方なくその和菓子を持っていく。

城島は今日子に頼まれてわらび餅を投げ捨てようとしたが、父親のことがありどうしてもできなかった。

なので仕方なく今日子がわらび餅を台無しにした。

多喜川は七夕催事を見に来て、七桜は自分が作ったわらび餅を最中に入れてお客さんに出していた。

城島はわらび餅をお客さんが美味しそうに食べているのを見て父親のことを思い出して涙が出た。

椿は今日子に七桜が作ったわらび餅は今日子の目を騙すため最中の中にわらび餅を入れる案を思いつく。

床に散らばったわらび餅は七桜が今まで作ったわらび餅の失敗作だと椿は今日子に話す。

椿は城島たちの作ったわらび餅も台無しにしたのも今日子だと気づいていた。

怒った今日子は去っていき、多喜川に声をかけられる。

多喜川は今日子が七桜のことを追い出したいのは七桜と椿が結婚すると困ることでもあるのかと今日子に問いかける。

椿に金は必ず返して「しまや」も復活させると宣言した城島。

七桜は結婚の準備をしていて、花嫁衣装を着ていた。

そこで七桜は椿の子供を妊娠したのではと不安に思っていた。

一方、石川県にお見合いをしに来ていた栞はお見合い相手から七桜が人殺しの娘だとの噂を耳にした。

七桜は椿の部屋にいきこのまま嘘を突き通すべきかどうか迷っていたーー。

ドラマ『私たちはどうかしている』第4話の感想

七桜は椿に地獄に落ちる覚悟で嘘をついた。

城島は七桜を部屋に連れていき椿に七桜のことが好きだと告げる。

恋のライバル出現か、城島は好きだと思ってないけど!

城島の実家の和菓子屋が潰れていたとは、それで金が必要なのか…。

七桜は百合子が亡くなったことで城島には同じ思いをして欲しくないと考えている。

わらび餅を台無しにしたのはやっぱり今日子か、この女こそ毒を持った蝶だ!

城島の誤解が解けてよかった、そして彼は七桜のことが好きになったのかな。

栞は七桜の正体に気付いてこの後七桜はどうなっちゃうのかな…。

まとめ

ドラマ『私たちはどうかしている』第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

七桜は城島が借金取りに追われていることを知る。

病気の父のために借金をしており、父のわらび餅を作れない自分は店を開けられないと話す城島だった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎