ドラマ『私たちはどうかしている』3話ネタバレあらすじ 七桜の正体がバレる!

浜辺美波&横浜流星主演のドラマ『私たちはどうかしている』第3話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

なぜ椿は『さくら』を憎んでいるのか….。

その理由を聞いた七桜は、自分が知らなかった母・百合子の意外な一面に衝撃を受けていた。

ドラマ『私たちはどうかしている』第3話のあらすじ

なぜ椿(横浜流星)は『さくら』を憎んでいるのか。

その理由を聞いた七桜(浜辺美波)は、自分が知らなかった母・百合子(中村ゆり)の意外な一面に衝撃を受ける。

母の無実を信じて疑わなかった七桜の心は揺れ…。

そんな中、七桜の素性を知った今日子(観月ありさ)は七桜を呼び出し、正体を暴こうとジリジリと追い詰める。

椿の前で七桜の正体がバレる…と思ったその瞬間、なんと“七桜の母親”だと名乗る人物が光月庵を訪ねてきて…!?

自分の母を名乗る見知らぬ女性に話を合わせ、なんとかその場をしのぐ七桜。

知人から頼まれて七桜の母のふりをしたという彼女の話を聞き、七桜は母の手紙を渡してくれた多喜川(山崎育三郎)ではないかと考える。

自分たちの結婚式で出したい御菓子があるという椿は、七桜を古い菓子帳の眠る物置へ連れていく。

しかし、隠し事をしている様子の七桜を突然物置に閉じ込める!

途方にくれる中、七桜はふと手に取った菓子帳に見覚えのある母の字を見つける。

そこには、桜の御菓子のデザインがびっしりと描かれていた。

再び母の潔白を確信し、多喜川に会いに行こうと決意する七桜。

食事を運んできた椿の不意をついて逃げ出すが、待ち構えていたように七桜の頭上に壺が落下!

とっさに七桜をかばった椿が右手に怪我を負ってしまう。

翌日、金沢屈指の茶道の流派・草薫会から椿に御菓子の依頼が入る。

大旦那(佐野史郎)も招かれている大事な茶会。

下手な御菓子を出せば光月庵の看板に傷がつく。

右手の怪我のせいで満足な御菓子を作れない椿は、作りたい気持ちを抑え、依頼を断ろうとする。

しかし、椿の気持ちを汲んだ七桜は、茶会の亭主の前で「お任せください」と宣言する。

店を立て直す力になりたいという七桜に動かされ、二人三脚で茶会の御菓子作りを始める。

しかし、その先に数々の難関が待ち構えていた…!!

(出典:『私たちはどうかしている』第3話あらすじ)

ドラマ『私たちはどうかしている』第3話のネタバレ

七桜は目の前に桜が現れたらどうするのと椿に尋ねると、「永遠に消えてもらう」と椿は告げる。

椿は百合子が父の樹と抱き合うところを見たと七桜に話す。

樹と百合子がどういう関係なのか七桜は考えて、椿に自分が桜だとは知られちゃいけないと決心した。

一方、今日子は七桜のことを調べさせていて、百合子と七桜が一緒に写っている写真を見て憤りを感じた。

今日子は七桜に椿の着物を着せて七桜は動揺した。

七桜に母親のことを尋ねた今日子、15年前どこにいたのと目をギラつかせながら告げる。

その時、城島が七桜の母親が来ていると伝え今日子と椿は驚く。

高月家に小料理屋の女将・宮部夕子が現れて七桜のことを娘だと告げる。

今日子は夕子の言葉を信じず、絶対に暴いてやると話す。

夕子を追いかけた七桜は誰なんですかと尋ねると、常連客に頼まれたと話す。

七桜は百合子の手紙を渡してくれた多喜川だと察し、その人に会わせてくださいと懇願した。

夕子は小料理屋の場所を教えて七桜はお礼を言った。

椿に声をかけられた七桜は椿に本当のことを話せと詰め寄られた。

椿に倉庫に閉じ込められた七桜、七桜は百合子のお菓子帳を見つけてなんで母親のことを一瞬でも疑ったんだろうと呟いた。

七桜はもし本当に樹と百合子が付き合っていたなら今日子には樹を殺す動機があると考えた。

椿を騙した七桜は倉庫から脱出して夕子に会おうとした。

その時、何者かが七桜の頭に壺を落とそうとした。

椿が七桜を庇い怪我を負ってしまう。

椿は七桜を守るために倉庫に閉じ込めたと七桜に言い七桜はわかりづらいと怒った。

今日子は単独行動はやめなさいと謎の人物に命じた。

翌日、金沢屈指の茶道の流派・草薫会から椿に御菓子の依頼が入る。

七桜もお菓子作りを手伝うと椿に言い、椿は七桜にお茶の淹れ方を教えた。

宗寿郎が茶室にやってきて椿の茶を久しぶりに飲みたいと話し、茶を飲もうとしたが、嘘つきが作ったお菓子は食べる気にはならないと話した。

椿は草薫会で落とし文の和菓子を出すと七桜に告げる。

七桜がいないことに気付いて椿が探しに行くと、七桜は落とし文のアイデアを絵にしていた。

厨房で七桜は落とし文を作るが、線がうまくいかない。

椿は淡い色は七桜にしか出せないと城島に話す。

七桜と城島はお茶を飲んでひと息ついていた。

落とし文は親への思いや、隠された思いという意味がある。

厨房で寝ている七桜を今日子は不気味な顔で睨んでいた。

茶会当日、椿は七桜に茶室で樹と宗寿郎にお茶の淹れ方を教わったと話す。

樹が殺された後、宗寿郎は椿に百合子と樹が何をしていたか尋ねる。

椿は百合子と樹がキスをしていたと話すと、宗寿郎は「この嘘つきがっ!」と叫んだ。

その日から宗寿郎は椿のことを孫として扱わなかった。

椿が線路に手を挟まれて抜けなくなった時に宗寿郎は見ていたが、椿を見捨てた。

椿はその時から光月庵を自分のものにすると決意した。

茶会が始まろうとしている時に宗寿郎は現れず、七桜が探しに行った。

今日子は七桜から夕子の名刺を抜き取り、「化け狸の皮を剥がないとね」と呟いた。

そんななか、七桜は多喜川と会って何処にも消えたりしないと多喜川は七桜に話す。

七桜は苦しんでいる宗寿郎を見つけて駆け寄るが、宗寿郎は一人で茶会に行こうとした。

宗寿郎は椿の何処が好きなんだと尋ねると、七桜はバカみたいに和菓子作りが好きだと言い、そんな椿が好きだと語る。

茶会が始まり、椿は不安になって七桜に抱きついた。

七桜はバカが二人もいるんだから大丈夫と椿を励ました。

お茶会に椿と七桜の作った落とし文を客に出した。

落とし文は親から与えられた愛を感じるという意味の和菓子だと椿。

椿は樹から与えられた愛を話し、樹の思いを継いでいきたいと話した。

椿の作った和菓子を宗寿郎は食べなかった。

宗寿郎が和菓子を食べないことはわかっていたと椿は七桜の頭をさすりながら話した。

七桜は多喜川を呼び止め、多喜川は百合子のことを話す。

多喜川の父は行事を大切にする人で多喜川は家族をほっこりさせる和菓子を作る人はどんな人だろうと考えていた。

百合子と会った多喜川はその日以来ファンになった。

父が亡くなった後も多喜川は百合子の和菓子を食べ、七桜が和菓子を作り続ける限りずっと見守ると約束した。

椿は宗寿郎が落とし文を持ち帰ったと知り光月庵に帰った。

樹の遺影の前に落とし文を供え宗寿郎は落とし文を食べた。

「まだまだだな」と宗寿郎は呟き、椿は涙を流した。

椿は茶室に来て七桜に女として惹かれ始めていると打ち明けた。

茶室では嘘をついたものは地獄に落ちると掛け軸を見ながら話す椿、椿は七桜に「本当に花岡七桜なのか、それとも桜なのか?」と問いかける。

一方、今日子はすべてうまくいったと城島に金を渡しながら話す。

城島は椿のことが嫌いだと冷たい目で今日子に告げる。

七桜に壺を落とした犯人は城島で、彼は椿から大事なものを奪うと今日子に計画を話した。

七桜は椿に問いかけられて、ここで嘘をついたら地獄に落ちると心の中で呟くのだったーー。

ドラマ『私たちはどうかしている』第3話の感想

七桜の正体がバレそうになった時に夕子が現れて難を逃れた。

七桜の正体が今日子にバレなくてよかった、下手したら殺されてた!

椿は草薫会で和菓子を作ることになるが、怪我をしたせいで思った通りの和菓子を作れずにいた。

怪我をしてなければ本調子が出るんだろうけど…。

和菓子の絵を一生懸命描いている七桜が可愛い💕

七桜と椿は落とし文を作り、茶会に備えた。

宗寿郎はなんで急に椿に冷たくしたんだ(`・∀・´)

七桜の言ったことは本心なのか?

七桜に壺をおとした犯人は城島だったのかー(´⊙ω⊙`)

七桜の運命はいかに⁉️

まとめ

ドラマ『私たちはどうかしている』第3話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

右手の怪我のせいで満足な御菓子を作れない椿は、作りたい気持ちを抑え、依頼を断ろうとする。

しかし、椿の気持ちを汲んだ七桜は、茶会の亭主の前で「お任せください」と宣言した。

店を立て直す力になりたいという七桜に動かされ、二人三脚で茶会の御菓子作りを始める。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎