ドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』8話ネタバレあらすじ 

石原さとみ主演のドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第8話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

 葵みどりたちが“調剤の魔術師”と称える荒神寛治が、休暇を取る事になった。

手品を練習するためと言う販田聡子に、みどりたちは納得出来なかった…。

ドラマ『アンサングシンデレラ』第8話のあらすじ

 葵みどり(石原さとみ)たちが“調剤の魔術師”と称える荒神寛治(でんでん)が、休暇を取る事になった。

手品を練習するためと言う販田聡子(真矢ミキ)に、みどりたちは納得出来ない。

ただでさえ忙しい薬剤部に人員の余裕はないのだ。

販田は荒神の仕事は自分が兼務すると言うが、薬剤部から一名を調剤薬局の研修に出す事になったとも伝える。

みどりが名乗り出るが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)は猛反対。

だが、みどりの代わりに瀬野章吾(田中圭)が薬剤部に張り付き、救急センターへは必要な時に行くよう販田は手配していた。

 みどりが研修するのは在宅医療に特化した『笹の葉薬局』。

みどりが笹の葉薬局を探していると小野塚綾(成田凌)に声をかけられる。

小野塚も在宅医療を学ぶよう『ナカノドラッグ』の店長に指示されていた。

二人が薬局を見つけると、店から代表の仁科敦夫(東根作寿英)が飛び出して来て、挨拶もそこそこに二人を患者の家へと連れて行く。

仁科は様々な患者の家を回りながら、みどりたちに仕事を説明。

高齢者の患者が多いため、仁科たちは薬の管理の他に、食べ物や副作用のチェックなども行っていた。

そんな時、末期がん患者の家へ行ったみどりたちを荒神が出迎える。

患者は荒神の妻、泰子(大塚良重)だった。

 一方、相原くるみ(西野七瀬)はアレルギー性鼻炎の増田航平(田中幸太朗)に服薬指導。

くるみは服薬量が多い事が気になるが、増田は意に介さず帰ってしまう。

そんなやり取りを見ていた瀬野は、航平と一緒に来ていた息子の翔太(川原瑛都)が気にかかる。

(出典: 『アンサングシンデレラ』第8話あらすじ)

ドラマ『アンサングシンデレラ』第8話のネタバレ

荒神は資料の整理をしていて、みどりが資料を取りに来た。

手品の練習をするために休みを取ると販田は言い荒神の仕事が意外と重要だと刈谷はくるみに話す。

調剤薬局で二週間研修を受ける人を募集していて、みどりが立候補した。

瀬野がみどりの代わりに調剤室に入ることになりみどりはお礼を言った。

みどりは在宅先の家に行こうとして小野塚もみどりと一緒に行くことになった。

笹の葉調剤薬局代表の仁科に会った二人は訪問先に向かった。

仁科とみどりたちが担当するのは高齢者で訪問先で得たことを訪問看護師やヘルパーに報告するのが仕事。

みどりは大腸がんの患者のモルヒネを増やすように言われる。

末期がんの患者を担当するのは初めての小野塚は少し腰が引けていた。

みどりは終末期の患者を担当したことはあるが何度経験しても慣れないと小野塚に話す。

みどりたちがやってきたのは荒神の家でみどりは驚く。

担当医はモルヒネを投与して荒神の妻・泰子の痛みがひいた。

泰子は8年前に大腸がんを患って手術をして治したけど半年前に全身に転移した。

結婚記念日に荒神は手品を披露するのが恒例になっていた。

泰子が家に戻りたいという願いを叶えるために在宅医療にした荒神。

荒神は泰子にみどりと小野塚を紹介してみどりは荒神の手品楽しみですねと声をかける。

一方、くるみはアレルギー性鼻炎の増田航平に服薬指導をしていた。

瀬野は航平の息子・翔太が目を擦っているのを目にする。

瀬野は翔太が目を痒そうにしていたことが気になり航平の妻に確認しておくようにくるみに指示した。

荒神の妻が末期がんだとみどりはくるみたちに話した。

みどりは泰子の命があと一週間だと言い、緩和剤を処方した方がいいと話す。

鎮静剤を投与すると患者は話せなくなり処方するには家族の意志確認が必要だとみどりは説明した。

泰子はうなされて荒神は泰子を必死になだめた。

販田はみどりが荒神の家に送り込むために笹の葉薬局の研修に行かせたのではと刈谷に聞かれる。

そんななか、瀬野は胸を抑えていて七尾から母親みたいに働きすぎで倒れないでくださいと言われる。

小野塚は泰子が鎮静剤投与の必要ありと知り驚く。

荒神は泰子が痛いとか苦しいと一切言わない人だとみどりと小野塚に言い、母親が亡くなった時の夢を見てうなされていたと話す。

本当に家に連れてきてよかったのかと後悔して、みどりは泰子が家に帰ってきて喜んでいたと話す。

荒神は鎮静剤投与を承諾して担当医が鎮静剤を投与しようとした。

やっぱり手品を見てから鎮静剤を投与してほしいと荒神は担当医に懇願した。

小野塚は在宅治療が本当に患者にとっていいことなのかと思っていた。

くるみは翔太の母親・環希を見かけて息子のことで話がしたいとは話す。

小野塚は笹の葉薬局で薬剤師の勉強をしていた。

在宅医療は退院後のケアもちゃんとして、”最期までみる”ことが大事だと仁科は小野塚に話す。

小野塚は「娘娘亭」のチャーハンを荒神の家までデリバリーしてきた。

荒神夫妻の披露宴の時の写真を見てみどりと小野塚は笑っていた。

自分の判断は正しかったのかと荒神はみどりに尋ねる。

みどりは荒神の友人として泰子に手品を見せてあげたいと荒神に話す。

みどりと小野塚が荒神の手品を手伝うと決める。

荒神は銀婚式の日に手品をしようとしたら泰子が痛がり泰子はモルヒネを注射しようとした。

その時、泰子は悶え苦しみ、荒神は鎮静剤を投与してくださいとお願いした。

担当医は泰子にモルヒネを投与した…。

販田は薬剤師のみんなに鎮静剤を投与したと報告した。

くるみは航平にお薬を飲むペースが早いことに気づいていた。

航平は翔太に薬を飲ませているとくるみに話す。

くるみはステロイドは子供の身体に悪影響を及ぼすと航平に注意したが航平は信じようとしない。

その時、瀬野は実際にステロイドを飲んで成長が止まってしまった子供の患者に会ったことがあり母親は後悔していたと話す。

くるみは瀬野が気付いてくれなかったら取り返しのつかないことになっていたと瀬野に言う。

荒神の家で荒神はみどりと小野塚に手伝ってもらいながら泰子の前で手品を披露した。

荒神はみどりと小野塚に感謝を伝えた。

小野塚は患者の家族に感謝されたのは初めてだとみどりに話した。  

覚悟を決めたと小野塚はみどりに言い、みどりには何をするのか秘密にした。

その後、泰子が亡くなり荒神はみどりと小野塚に感謝する。

みどりは病院に戻ってきて、彼女の目の前で瀬野は血を吐いて倒れてしまったーー。

ドラマ『アンサングシンデレラ』第8話の感想

みどりは研修で荒神の家に行き荒神の妻・泰子が大腸がんが全身に転移していることを知る。

終末期の患者をみるのは辛いよな…。

荒神が何で手品をしているのか、それは大事な妻のためなのか。

瀬野はどこが悪いんだ、心臓の病気かな…。

みどりは在宅治療に憧れを抱いている、患者のことを熱心に考えるみどりならではの仕事だな。

目の前で妻が苦しんでいる姿を見るのは辛いな。

荒神はみどりと小野塚に感謝しながら妻のことを見送った。

このシーンを見て泣きそうになった…。

そして、瀬野は突然血を吐いて倒れてみどりは愕然とした。

瀬野は一体何の病気なんだ、かなり悪そうだ。

まとめ

ドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第8話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

相原くるみはアレルギー性鼻炎の増田航平に服薬指導をする。

くるみは服薬量が多い事が気になるが、増田は意に介さず帰ってしまう。

そんなやり取りを見ていた瀬野は、航平と一緒に来ていた息子の翔太が気にかかる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする