ドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』3話ネタバレあらすじ

石原さとみ主演のドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第3話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

葵みどり(石原さとみ)は相原くるみ(西野七瀬)と救急センターの調剤室で仕事中だった。

すると、処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から、搬送された小学校教師、新田奏佑の処置を手伝うよう呼ばれて…。

ドラマ『アンサングシンデレラ』第3話のあらすじ

葵みどり(石原さとみ)は相原くるみ(西野七瀬)と救急センターの調剤室で仕事中。

すると、処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利陽介)の処置を手伝うよう呼ばれる。

意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが拒否する新田をみどりがなだめる。

調剤室に戻る途中、病院薬剤師の忙しさに辟易するくるみに、みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。

しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。

このままでは忙しくなりすぎて、みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井ユキ)を販田聡子(真矢ミキ)が諫める。

みどりとくるみが、新田に服用している薬について聞くと、新田は大量の薬を出した。なかには日付の古い薬がある。

また、くるみは半分に割られて処方された錠剤に気付くが、みどりが制した。みどりたちが新田の病室を出ると、ひとりの児童がいる。

新田の教え子らしいが、声をかけると帰ってしまった。

錠剤を割る処方は、その薬剤で行ってはいけないもの。みどりから話を聞いた刈谷たちも憤る。

みどりはドラッグストアに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、白けた対応に腹が立つだけ。

それならばと、みどりは直接ドラッグストアに赴く。

躊躇しながら店内に入り、薬剤師を探すみどりに声をかけた店員は『娘娘亭』で顔見知りの小野塚綾(成田凌)だった。

小野塚が薬剤師だということを隠していた事、新田の薬について電話で応対していたのも小野塚であった事に憤るみどり。

しかし、小野塚も病院薬剤師を嫌っている様子で…。

(出典: 『アンサングシンデレラ』第3話あらすじ)

ドラマ『アンサングシンデレラ』第3話のネタバレ

みどりは新田にこのままの生活を続けていると身が持ちませんと注意したが新田は聞き耳を持たない。

その頃、薬剤師のブースに学生が集まらず販田はみんなから非難されるのではないかと不安に思っていた。

新田は薬を飲みながらも仕事を続けていた。

新田の症状が気になったみどりはパソコンで新田のことを調べていた。

病室にいたはずの新田が失踪してみどりは病院中を駆け回って小野塚に連絡した。

新田のことを知っている小野塚なら何か知っているのではないかとみどりは言ったが小野塚は自分には関係ないと電話を切る。

小野塚は新田が勤務している小学校に到着して倒れている新田を見つけて救急車を呼ぶ。

瀬野は新田の状態が安定したと小野塚に伝えて薬剤師を集めた勉強会に誘う。

しかし、小野塚は自分には何もできなかったと瀬野に話し去っていく。

みどりはヘモグロデメットを飲んでいないことに気付いてどうして飲まなかったのか尋ねる。

その薬を飲むと副作用で嘔吐が出て仕事に影響が出ると新田は話す。

新田は昔のように理想的な教師にはなれていないと言い学校で病気で早退する時も教師たちから色眼鏡で見られるし、子供たちからも馬鹿にされていた。

子供たちに走るように言われて新田はここで走りきれば理想の先生になれると思っていたがゴールする直前に発作で倒れてしまった。

病室で子供たちの為に旗を製作していたが自分に教師は向いていないと言って破り捨てる。

病院に新田の担任の子供が来ていて自分が走ってとお願いしたから新田が倒れたと言ってみどりの前で泣いていた。

新田に薬を渡したみどりは副作用の嘔吐が抑えられる薬も渡し、お薬カレンダーを見せる。

こんなことをしても何の意味もない、もう教師は辞めると言う新田にみどりは新田の担任の子供たちが書いたクラス全員分の応援カードを見せた。

それを見た新田は感動してこれから毎日薬を飲んで教師を続けるとみどりに話す。

みどりは小野塚が働いているドラッグストアにいき新田を見つけてくれたお礼を言う。

薬剤師の勉強会に誘ったみどりだが、小野塚は理想を押し付けるなと怒鳴る。

薬剤師になる為に6年も勉強したが結局資格を取れずドラッグストアの仕事に甘んじた。

その話を聞いたみどりはそれは小野塚次第ではないかと小野塚に言い新田も理想の教師になると言ったし小野塚も理想の薬剤師になることができると励ました。

薬を買いに来た新田に小野塚は頑張ってくださいとエールを送った。

販田は薬剤師みんながストライキを起こしたと勘違いしていたが、実際は販田の薬剤師勤続20周年のお祝いの為に薬剤師のみんながこっそり用意していて、嬉しくなって泣いていた。

誰か来てくれそうな薬剤師はいないかと販田は瀬野に聞き瀬野は来てくれそうな人が1人いると話す。

「娘娘亭」で小野塚は薬剤師になるための勉強をしていて、みどりがやってきて新田の近況について小野塚に尋ねる。

小野塚はみどりにトローチに何で穴がついているのかと質問してみどりは答えに詰まっていたーー。

ドラマ『アンサングシンデレラ』第3話の感想

みどりは新田に薬を飲ませようとするけど、薬を飲んだら副作用で嘔吐するので飲みたくないと新田は話す。

身体が弱くて理想の教師にはなれないと新田は悩んでいた。

教師自体ハードワークだから身体を壊すのは無理もないな….。

みどりは新田のために何ができるのか考えていて、新田が担任を務めるクラスの子どもたちに新田のために応援カードを見せた。

このシーンは感動的だったな、嫌われると思ってた子どもたちからの応援は何よりも励みになるヽ(*^ω^*)ノ

小野塚も薬剤師になりたいと言う夢はあったが結局なれずに諦めてしまった。

小野塚も夢が叶うといいな、みどりといい感じだし💗

まとめ

ドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第3話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

小野塚が薬剤師だということを隠していた事、新田の薬について電話で応対していたのも小野塚であった事に憤るみどり。

しかし、小野塚も病院薬剤師を嫌っている様子だった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする