ドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』2話ネタバレあらすじ

石原さとみ主演のドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

販田聡子に早く調剤室に戻ってくるよう釘を刺されたみどりは、患者と話す時間を少しでも多く作るため、いつもより早足で病室を巡っていく。

そのなかで、右腕の骨折で入院している大宮清の病室へと入ると、見舞いに来ていた篠原麻利絵と何やら言い争いをしていて…。

ドラマ『アンサングシンデレラ』第2話のあらすじ

葵みどり(石原さとみ)はこの日も、入院患者が薬をしっかり飲んでいるか、相原くるみ(西野七瀬)とともに病棟を回る。

販田聡子(真矢ミキ)に早く調剤室に戻ってくるよう釘を刺されたみどりは、患者と話す時間を少しでも多く作るため、いつもより早足で病室を巡っていくなかで、右腕の骨折で入院している大宮清(小林隆)の病室へと入ると、見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花)と何やら言い争いをしている。

2人の口論を止めた後、みどりは入院前に飲んでいた薬はないか大宮に聞くも、「知らないよそんなこと」と吐きすて、大宮はポーチを持ってトイレへと立ってしまう。

困ったみどりは麻利絵に大宮の最近の体調を尋ねるが、麻利絵もわからない様子。

みどりが麻利絵に大宮との関係を尋ねると、“父親”だと答えるが何か事情がありそう。

調剤室では、販田聡子(真矢ミキ)が走り込んで来て何やら慌てた様子。

販田は、薬剤部一同に向かって、厚生労働省の麻薬取締官が医療麻薬の管理調査に来ると告げる。

病院で扱っている医療用麻薬が適切に管理されているかの確認のためだ。

刈谷は調剤室にある医療麻薬と帳簿と照らし合い、薬の数が帳簿と合っていることを確認。

販田は他の保管状況を調べるため、工藤虹子(金澤美穂)たちを連れ出した。

そんな中、病室の外が騒がしくなる。

みどりとくるみが病室の外に出ると、大宮が意識不明で倒れていた。

みどりはくるみを調剤室へと帰し、麻利絵と一緒に救急センターの救急処置室に搬送される大宮に付き添う。

救急処置室では医師と共に瀬野章吾(田中圭)がケアにあたるが、大宮の容態は重篤に陥る。

一方、麻薬管理室を調べていた販田たちは、薬剤の数が足りない事に気づく・・・。

(出典: 『アンサングシンデレラ』第2話あらすじ)

『アンサングシンデレラ』第2話のネタバレ

みどりが大宮の病室を訪れると大宮は篠原麻利絵と言い争いになっていた。

右腕の骨折で入院する前に何か薬を飲まなかったかとみどりが尋ねたが何もないと声を荒げて答える。

大宮はポーチの中から薬を取り出して突然廊下で倒れる。

搬送された大宮を麻利絵が心配そうに見ていた。

一方、麻薬管理室で工藤は薬剤の数が足りないと販田に報告して販田は慌てる。

みどりは大宮が薬を隠れて飲んでいたのを目撃していて何か知っていることはないかと麻利絵に尋ねる。

すると麻利絵は大宮と会うのが20年ぶりだとみどりに打ち明ける。

麻利絵は母親が亡くなる前に大宮に会うように言われて結婚式が迫っていて大宮に結婚式に出席するように説得するが断ると一点張り。

調剤室に戻った販田は医療用麻薬が一本足りないと薬剤師のみんなに告げる。

みどりは大宮の通院歴を調べる為に麻利絵と大宮の家に向かう。

販田は工藤から麻薬管理室から荒神が持ち出したのを見たと報告を受けて荒神に確認を取る。

荒神は医者に医療用麻薬を持ってくるように言われたから麻薬を持っていったと販田に伝え、荒神は帳簿に記入し忘れたことに気づく。

医者が麻薬がまだ使っていない可能性があるから急ぐように荒神は販田に話す。

販田は麻薬が見つかるまで厚生労働省の麻薬取締官を引き止める。

くるみは麻薬を持っていくように指示した医師に麻薬の場所を聞き急いで取りに向かう。

一方、みどりは大宮の部屋に着いて薬の識別番号が分からずに羽倉に尋ねる。

みどりは心当たりのある薬が分かったが確証はなく大宮の通院していた病院に手当たり次第確認の電話をする。

大宮が通院していた病院がようやく分かり処方箋の確認のために病院へ向かう。

販田は麻薬取締官を麻薬管理室まで案内する。

医療用麻薬を見つけたくるみは急いで販田のもとまで届けに行く。

間一髪、何とか販田のもとまで麻薬を届けて販田は取締官に気づかれないように麻薬を元の場所に戻した。

瀬野はみどりから連絡を受けて薬の過剰摂取で不整脈を起こしていると手術をしている豊中医師に報告して改善する薬を渡した。

手術は成功して、みどりは大宮が通院していた病院で大宮のカルテを見て驚く。

手術が成功したことをみどりは麻利絵に報告する。

荒神はどんな処分でも受けますと販田に言ったが、販田は荒神のマジックに救われたからお咎めなしとした。

七尾は許可なく外出したことをみどりに叱り、瀬野は豊中医師の押印入りの書類を渡してこれで問題はないと話す。

「娘娘亭」に販田たちを連れてきたみどりは刈谷から薬剤部を維持するためには利益を上げなきゃいけないと説教する。

患者一人に積極的になるのはあまり良くないと刈谷はみどりに告げ帰っていく。

刈谷から自己満足と言われてみどりはイライラして、そんな時に小野塚が声をかける。

小野塚は刈谷の話を聞いていて刈谷の考え方のほうが患者さんのことを考えていると言われみどりはショックを受ける。

帰路につく時薬を渡した山口親子と会い山口真央は疲れた顔をしていた。

息子の礼央がなかなか飲んでくれなくて真央は困っていた。

久保山医師は真央に礼央の服薬を頑張ってほしいと言われて不満に思っていた。

真央に薬を渡しにきた刈谷は真央が意気消沈しているのを見てある提案をした。

刈谷は礼央の服薬指導をみどりに任せてみどりは礼央のもとに行く。

ジュースに混ぜても薬を飲んでくれないと真央は悩みをみどりに話す。

みどりは子供がいる先輩薬剤師に教わったチョコアイスに薬を混ぜるというやり方を真央に教える。

困ったことがあったら何でも薬剤師に相談してくださいとみどりは真央に言い真央は安心して涙を流す。

調剤室に戻ってきたみどりは刈谷に感謝を伝えて刈谷は患者のためにとことんやりなさいとみどりに告げる。

みどりは大宮の病室に来て飲んでいた薬のことを伝えなかったのは病気のことを娘に知られたくなかったからだと気づく。

麻利絵にずっと会いたいと思っていたが骨肉腫のことを娘に知られたくなくて大宮はひた隠しにしていた。

みどりは病気のことを麻利絵に伝えて大宮は薬剤師が勝手なことをするなと怒鳴る。

薬の大量摂取で不整脈を起こして死ぬところだったとみどりは大宮に伝えて薬を適当に扱って命を投げ出す患者は見過ごせなと訴える。

麻利絵は大宮が持っていたアルバムを大宮に見せて何でも一人で抱え込まないでと叫ぶ。

私には大宮しかいないと麻利絵は泣いて大宮に告げ、みどりはこれから苦しいリハビリが待っているから二人一緒にいてくださいと話した。

大宮は転院する予定だったが、薬剤師にみどりを指名してみどりは嬉しくなる。

くるみはみどりと刈谷がいいコンビだと販田に告げる。

みどりと刈谷は調剤室でテキパキと薬剤師の仕事に励み、連携プレーを見せる。

後日、麻利絵の結婚式が開かれて骨肉腫で足を切断した大宮はリハビリを頑張り麻利絵の結婚式に出席して娘とバージンロードを歩くのだったーー。

『アンサングシンデレラ』第2話感想

麻薬管理室から医療用麻薬が一つ無くなり薬剤部部長の販田は慌てる。

麻薬が無くなったら大変なことになるからな(`・∀・´)

取締官の目をごまかして何とか麻薬を元の場所に戻すことに成功。

このシーンがハラハラしたな^^

みどりのお陰で大宮の手術は成功したが刈谷から一人の患者に時間を取られ過ぎるのは患者全体の為には良くないと叱る。

刈谷は度がつくほど合理主義者だから。

真央が礼央の服薬に悩んでいた時に刈谷がみどりに服薬指導を頼んでみどりは真央に礼央にあった服薬法を教える。

刈谷とみどりの連携プレーだな、刈谷も意外といいとこあんじゃん💕

クライマックスで父と娘の不器用な絆が見れて良かった♫

まとめ

『アンサングシンデレラ』第2話ドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

みどりとくるみが病室の外に出ると、大宮が意識不明で倒れた。

みどりはくるみを調剤室へと帰し、麻利絵と一緒に救急センターの救急処置室に搬送される大宮に付き添った。

救急処置室では医師と共に瀬野章吾(田中圭)がケアにあたるが、大宮の容態は重篤に陥ってしまう。

一方、麻薬管理室を調べていた販田たちは、薬剤の数が足りない事に気づいた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする