月9ドラマ『SUITS2』9話ネタバレあらすじ チカと上杉、どっちだ!

織田裕二&中島裕翔主演の月9ドラマ『SUITS2』第9話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

ある日、甲斐と大輔は、有名キャスターの浜崎哲平に会いに行く。

浜崎は、自身のテレビ番組で人気プロ野球選手・等々力真一の薬物使用疑惑を報じて訴えられていて…。

月9ドラマ『SUITS2』第9話のあらすじ

ある日、甲斐(織田裕二)と大輔(中島裕翔)は、有名キャスターの浜崎哲平(中村芝翫)に会いに行く。

浜崎は、自身のテレビ番組で人気プロ野球選手・等々力真一(佳久創)の薬物使用疑惑を報じて訴えられていた。

等々力の所属球団は、浜崎と番組を放送した『東都テレビ』に対して、それぞれ賠償金3億円と、番組での公式謝罪を要求していた。

浜崎は、これまでも社会のタブーに踏み込み、何度もトラブルを起こしていた。

だが今回は、相手側が日本経済のドンが球団親会社のトップということもあって、謝罪するしかないのでは、と考える甲斐と大輔。

しかし浜崎は、これまでも経験と勘で断定的な発言をしてきたが自分には負けた記憶がない、といってそれを頑なに拒む。

そして『幸村・上杉法律事務所』のトップは、チカ(鈴木保奈美)か、それとも上杉(吉田鋼太郎)か。

シニアパートナーによる投票で代表を決める会議が5日後に迫っていた。

甲斐は、玉井伽耶子(中村アン)を復職させるため、彼女に会いに行く。

「俺が君を必要としている。ずっと君とやってきた。君なしじゃ、やれない」。

ボーナスの小切手を差し出されても首を縦に振らなかったが、甲斐のその言葉に心を動かされた玉井は、復帰するにあたってふたつの条件を出し……。

一方、上杉は蟹江(小手伸也)を呼び出し、シニアパートナーに指名する。

ファームの共同代表である上杉は、独断でひとり、シニアパートナーに昇格させる権限を有していた。

喜ぶ蟹江に対して上杉は、代表を決める臨時パートナー会議までは秘密にしておくよう告げる。

このとき、密かにトップ争いの均衡が崩れようとしていた。

そんな中、『幸村・上杉法律事務所』に大輔の祖母・結衣(田島令子)が訪ねてくる。

実は大輔は、結衣と一緒に住むために、新居をプレゼントしようと密かに考えていて……。

(出典:『SUITS2』第9話あらすじ

月9ドラマ『SUITS2』第9話のネタバレ

甲斐は玉井の前に現れて戻ってこいと告げる。

蟹江は蟹江賞を真琴に贈呈して、甲斐は玉井の力が必要だと訴える。

玉井は高額な小切手と共に甲斐にある要求をした。

蟹江がボーナスを渡さなかったことに大輔は文句を言っていて甲斐が特別ボーナスを渡した。

チカと上杉の票が同数で上杉を追い出せないと考えた甲斐は大輔にボーナスを渡さなかった。

有名キャスターの浜崎哲平は、自身のテレビ番組で人気プロ野球選手・等々力真一の薬物使用疑惑を報じて訴えられていた。

浜崎の弁護をすることになった甲斐は大輔と共に浜崎に会いに行く。

しかし、浜崎は和解をする気がなくこれまで一度も負けたことがないと話した。

等々力がドーピングをしている確固たる証拠があると話す。

上杉は蟹江をシニアパートナーにして自分に一票を入れるように要求した。

玉井がファームに戻ってきてハリウッドスターのように華麗に登場した。

等々力がドーピングをしている証拠がなく浜崎に謝罪させることにしたが手立てがない。

蟹江は模擬裁判のことを玉井に謝りお詫びの印にバレエ団のチケットを渡した。

玉井はチカに上杉が蟹江をシニアパートナーにして一票入れさせるつもりだと報告した。

浜崎が報道番組で名誉毀損に当たる発言をしたと等々力の弁護士は話す。

等々力の弁護士は等々力のことを叩き潰してやると浜崎が発言した証拠の映像を見せる。

チカは上杉に蟹江のことを話して、チカは過去に上杉の罪を見逃したことが失敗だったと語る。

上杉は所詮チカはナンバー2に過ぎないと言い放ち、票が足りなくて困っているチカを見て笑っていた。

蟹江を説得するようにチカは甲斐に命じて、甲斐は蟹江に会いにきた。

甲斐は蟹江を食事に誘いたいと言い蟹江は快く引き受けた。

大輔は祖母のために家をプレゼントしたいと真琴に話し、真琴は大輔のために家探しをした。

甲斐と蟹江はレストランで食事をして甲斐は上杉が横領していて蟹江に罪をなすりつけたことを話した。

しかし、蟹江は甲斐に買収話を持ちかけられていると勘違いして激怒し出ていく。

玉井は甲斐を説得するように甲斐に言い、甲斐は蟹江のオフィスにやってきた。

甲斐はこのままでは上杉の票と引き換えにシニアパートナーの座を獲得したと思われると話す。

しかし、蟹江の説得に失敗してチカが蟹江を説得することになった。

チカが蟹江のオフィスに来て蟹江の仕事ぶりを評価していると蟹江に話す。

あなたがもし間違った投票をしたらあなたのファームでの居場所は無くなるとチカは蟹江を脅した。

大輔は真琴と家を内見して家を購入しようと思った理由は祖母が心臓が悪いと知ったからだった。

甲斐は浜崎のもとに行き相手側の弁護士が不利な証拠を持っていると話す。

浜崎は等々力がドーピングをしている証拠の情報源は明かせないと言い、甲斐に早く仕事をしろと告げる。

甲斐は情報源を探すと大輔に言い「目には目を」と大輔に語る。

浜崎の情報源を探していて、上杉がトップになれば甲斐がいなくなる、それだけは阻止したいと大輔は真琴に話した。

一方、蟹江は上杉に横領の罪を自分になすりつけようとしたのかと問い詰める。

上杉は過去の自分は最低だったが今は変わったと訴えてどっちを選ぶかは自由だと蟹江に告げる。

大輔は等々力の代わりにドーピング検査を受けた選手をようやく見つけ出して話を聞きに行く。

等々力に会いに来た大輔は告白しなければ告発者に法廷で証言することになると話す。

告発者は等々力に言われるがままにドーピング検査を受けて良心の呵責に苛まれていると話す。

等々力は選手引退を決意して甲斐は浜崎に二度と等々力のドーピングのことを報道番組で報じないと約束させた。

蟹江はどちらに投票するか待ってみるがいいとチカに言って帰っていく。

新居で祖母が来るのを待っていた大輔は真琴から祖母が亡くなったと聞かされる。

大輔は祖母の死を嘆いて涙を流し、真琴は大輔に抱きついた。

いよいよ投票が始まり、開票の時が来た。

マネージングパートナーに選ばれたのは、上杉だったーー。

月9ドラマ『SUITS2』第9話の感想

上杉は蟹江を買収して自分が代表に返り咲くために策略を練る。

蟹江を買収するとは、蟹江もいいように使われてるな…。

チカは甲斐に蟹江の説得をするように頼んだ。

甲斐は蟹江を説得しようとしたが、蟹江は甲斐に買収されると思い怒って店を出ていく。

甲斐は本当に蟹江を説得するのが下手だな。

蟹江はチカのことを許すかどうか、それが上杉に勝つ鍵だな!

浜崎の情報源って誰だ、等々力は本当にドーピングをしているのか?

大輔のおばあちゃんが亡くなった、しかも新居を買ったその日に…。

そして、マネージングパートナーは上杉に選ばれてしまい甲斐はどうなるのか!?

まとめ

月9ドラマ『SUITS2』第9話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

ファームの共同代表である上杉は、独断でひとり、シニアパートナーに昇格させる権限を有していた。

喜ぶ蟹江に対して上杉は、代表を決める臨時パートナー会議までは秘密にしておくよう告げる。

このとき、密かにトップ争いの均衡が崩れようとしていた。

そんな中、『幸村・上杉法律事務所』に大輔の祖母・結衣が訪ねてきた。

実は大輔は、結衣と一緒に住むために、新居をプレゼントしようと密かに考える。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする