月9ドラマ『SUITS2』8話ネタバレあらすじ 上杉を追い詰めろ!

織田裕二&中島裕翔主演の月9ドラマ『SUITS2』第8話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

『幸村・上杉法律事務所』の熾烈なトップ争いが本格化する!

甲斐が訴えられた『コースタル・モーターズ』訴訟の件は、和解を進めることで一応の決着をみる。

だが上杉は、今回の一件におけるチカの手腕に疑問を投げかけて…。

月9ドラマ『SUITS2』第8話のあらすじ

『幸村・上杉法律事務所』の熾烈なトップ争いが本格化!

甲斐(織田裕二)が訴えられた『コースタル・モーターズ』訴訟の件は、和解を進めることで一応の決着をみる。

だが上杉(吉田鋼太郎)は、今回の一件におけるチカ(鈴木保奈美)の手腕に疑問を投げかけ、シニアパートナー会議を招集して、チカと自分のどちらがファームのトップに立つべきか投票によって決めたいと提案する。

甲斐は、大輔(中島裕翔)を東京駅まで呼び出し、上杉が休職したときと同じタイミングでファームを辞めたアソシエイトの尾形万智子(松本若菜)を探し出すよう命じる。

「形勢逆転を狙う」甲斐は、このことをチカには伝えないよう念を押すと、どこかへ旅立っていき……。

数年前――まだシニアアソシエイトだった甲斐は、チカから協力を求められる。

ファーム内で横領している人物を突き止めたい、というのだ。

甲斐は、ジュニアパートナーへの昇格を交換条件にして、秘書の玉井(中村アン)とともに犯人探しを始める。

一方、その当時の大輔は、トラブルメーカーでもある悪友の谷元遊星(磯村勇斗)と一緒に暮らしながら、メッセンジャーの仕事をしていた。

遊星の妹・砂里(今田美桜)は、そんな大輔のことを何かと心配していた。

ある日、遊星は、会わせたい女性がいる、といって大輔を飲みに誘った。

そこにやってきたのは、大輔の元恋人・黒崎怜(吉谷彩子)と、怜の友人の矢代千夏(堀田真由)だった。

横領した人物を追っていた甲斐たちは、口座を管理していた万智子のパソコンから情報を得て、ファームの金が蟹江(小手伸也)に流れていることを知るが……。

明らかになる甲斐と大輔の過去――。

そして、ファームが隠し続けてきた、過去の真相がついに明らかに!

(出典:『SUITS2』第8話あらすじ

月9ドラマ『SUITS2』第8話のネタバレ

上杉はチカが本当に代表に相応しいのか疑問だと会議の席で問いかける。

大輔は和解になってホッとしていると甲斐に言い甲斐は形勢逆転を狙うと話す。

甲斐は渡した資料に事件の鍵があると大輔に告げる。

数年前、玉井は甲斐に蟹江の秘書がようやく決まったこととチカが呼んでいると伝える。

一方、大輔はトラブルメーカーでもある悪友の谷元遊星に会っていた。

遊星は会わせたい女がいると大輔に告げる。

チカは横領の犯人を調査してほしいと甲斐に言いこの件が解決したらジュニアパートナーに昇進させるよう条件をつけた。

甲斐は横領した犯人のことを玉井に話し、玉井は容疑者の名前を次々言う。

尾形万智子が怪しいと玉井は甲斐に言い甲斐は調査を進める。

蟹江は万智子を口説いていたが失敗し、上杉からネクタイを外せと命じられて怒っていた。

大輔は万智子のことを真琴に尋ねていい先輩でしたと話す。

万智子がファームを辞めた理由は真琴も知らない。

玉井は万智子のもとにやってきて蟹江が万智子のお気に入りのマグカップを使っていたと言って彼女を追い出してパソコンのデータを甲斐に渡した。

その頃、遊星の妹・砂里がやってきて大輔が合コンすると言うとふてくされた。

大輔と遊星がいた居酒屋には大輔の元恋人・黒崎怜と、怜の友人の矢代千夏がやってきた。

怜は母親との思い出の本の名前を言い大輔は動揺した。

蟹江が横領の犯人だとチカに報告した甲斐。

チカが蟹江を問い詰めたが蟹江は横領の犯人ではなく甲斐は真犯人を誘き出そうとしていた。

万智子は真琴とレストランで食事をして、真琴が優秀だからファームの中心になれると話す。

蟹江は万智子のことをつけていて、甲斐は極秘資料を蟹江に見せる。

蟹江は真犯人が蟹江をカモフラージュして見を隠していると話す。

万智子に会った大輔は和解金が十分に取れると言うが、万智子は興味がないと告げる。

大輔は呼ばれればすぐに駆けつけると万智子に資料を渡した。

蟹江は力になりたいとチカに言うが、チカにあしらわれてしまう。

横領の真犯人が上杉だとチカに報告して、証拠を見てもチカは信じられなかった。

チカは上杉に直接話すと言い、上杉はこれまでも共に戦ってきたと甲斐に告げる。

怜と大輔は食事をして、千夏に会って欲しいと頼まれる大輔。

千夏は替え玉受験をしてほしいと依頼したが大輔は断った。

祖母が介護が必要だとヘルパーさんから言われ大輔は大金をもらうことを条件に引き受けた。

チカはクライアントの金を横領している理由を教えてと上杉に言う。

乳がんの妻のために横領したと上杉はチカに告白した。

「君が言う通り、俺は最低だ…」と上杉は言い去っていく。

チカは上杉の横領した金を肩代わりすると甲斐に言うが、甲斐は反対した。

私がここまでになったのは上杉のお陰だとチカは甲斐に言い、甲斐は昇進のことを念押しした。

玉井は甲斐に極上のゴシップネタを伝えた…。

上杉のいるホテルにやってきた甲斐は部屋にいた万智子に二人きりにするよう伝えた。

甲斐は上杉の退所願いを上杉に渡して、チカが上杉を訴えることに反対していると話す。

上杉の妻を呼んだ甲斐は書類にサインをしなければ妻にこのことを伝えると上杉に脅した。

蟹江は上杉に大輔が万智子に接近していると報告した。

上杉は激怒してチカのもとにいきチカのことをリーダーには向いていないと告げる。

大輔にクビを言い渡したチカは万智子を解雇した判断は正しかったと話す。

大輔はチカに万智子が上杉の不倫相手だからといってすべてを知っていたとは限らないと大声で話した。

怜が初めっから知っていたんじゃないかと大輔は彼女に怒鳴りにいく。

怜ははじめから知っていなかったと訴え、大輔は去っていく。

千夏から金をもらい遊星と金を分け合う大輔。

一方、チカは万智子にクビを言い渡し真琴は友人を失って怒っていた。

甲斐は玉井から甲斐の父親が亡くなったとの報告を受けてショックを受ける。

いよいよジュニアパートナーになれると甲斐はうかれていた。

真琴は父親が亡くなったことより昇進が大事なのかと呟き、玉井は昇進が嬉しいのはお父様が喜ぶからと甲斐を見ながら独り言を言った。

甲斐は父親の墓の前に立ち、ウイスキーを飲んだ。

チカの作戦を功を奏して、大輔が上杉の不倫の噂を広めたことでチカに自然と票が流れるようにした。

「もう一度上杉をファームから追い出しましょう」と甲斐はチカに話すのだったーー。

月9ドラマ『SUITS2』第8話の感想

甲斐は横領の真犯人をつきとめふようにチカに命じられる。

犯人を探す甲斐だが、犯人は蟹江をカモフラージュにして逃れようとしていた。

犯人は万智子ではない、無実の罪を着せられたのか!

クライアントの金を横領したのは上杉か、本当に妻のためかな?

それにしても、大輔って本当に人に利用されてるな、悪循環を自分から断ち切れないのか。

玉井のゴシップネタってなんだろ?

上杉は万智子と不倫していたのか、余命が短い妻がいるのに( *`ω´)

チカって狡猾ですな、上杉とチカ&甲斐どっちが勝つかな\(//∇//)\

まとめ

月9ドラマ『SUITS2』第8話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

横領した人物を追っていた甲斐たちは、口座を管理していた万智子のパソコンから情報を得て、ファームの金が蟹江に流れていることを知る。

甲斐は父親の墓の前に立ち、ウイスキーを飲んだ。

チカの作戦を功を奏して、大輔が上杉の不倫の噂を広めたことでチカに自然と票が流れるようにした。

「もう一度上杉をファームから追い出しましょう」と甲斐はチカに話す。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする