月9ドラマ『SUITS2』7話ネタバレあらすじ どうなる模擬裁判!

織田裕二&中島裕翔主演の月9ドラマ『SUITS2』第7話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

甲斐に突き付けられたのは、賠償金5億円と弁護士資格のはく奪だった。

甲斐とチカは、甲斐を訴えた弁護士・富樫を呼び、和解の可能性を探っていて…。

月9ドラマ『SUITS2』第7話のあらすじ

甲斐(織田裕二)に突き付けられたのは、賠償金5億円と弁護士資格のはく奪――。

甲斐とチカ(鈴木保奈美)は、甲斐を訴えた弁護士・富樫(髙嶋政宏)を呼び、和解の可能性を探った。

だが富樫は、『コースタル・モーターズ』訴訟で、甲斐が重要な証拠となるはずだった社内メモを隠蔽したのは明らかだとして、和解交渉の余地はないと返す。

さらに富樫は、甲斐にとって触れられたくない母親のことまで侮辱して挑発した。甲斐は、思わず富樫に掴みかかり……。

チカは、甲斐の代理人として法廷で富樫と戦うつもりだった。

だが、事態を重く受け止めた上杉(吉田鋼太郎)は、ファーム内にも甲斐のことを疑っているメンバーがいるのだから、まず彼らに無実を証明し、裁判で勝ち目があるのかどうかを見せてほしい、と言い出す。

その上で、裁判で戦うか、和解に応じるかの最後の審判をシニアパートナーによる投票で決めよういうのだ。

『幸村・上杉法律事務所』で行われる“密室劇”で甲斐の敵側として直接対決することになった蟹江(小手伸也)は、さっそく大輔(中島裕翔)に、仲間になるよう声をかける。

甲斐の力になりたいため、これを拒む大輔だったが、蟹江のチームに加わるよう命じたのは、実は甲斐自身だった。

実際の裁判で、思わぬ方向から攻められる可能性も考慮して、敢えて大輔を敵側に加えたのだ。

そんな中、甲斐は、玉井(中村アン)に会いに行き、証言をして欲しいと頼む。

しかし玉井は、もう『幸村・上杉法律事務所』のことは忘れた、といって甲斐の申し出を拒絶する。

同じころ、甲斐との対決に向けて準備を進めていた大輔は、真琴(新木優子)の言葉からヒントを得て、ある秘策を思いつき……。

(出典: 『SUITS2』第7話あらすじ)

月9ドラマ『SUITS2』第7話のネタバレ

富樫は賠償金の話と弁護士資格の剥奪を要求した。

しかし、チカは甲斐の弁護士資格の剥奪を拒否する。

甲斐の母親のことを調べた富樫は甲斐の母親を侮辱しようとしたら、甲斐が富樫のネクタイを締め上げる。

上杉は甲斐の弁護士資格の剥奪を望んではいないとチカと甲斐に話す。

模擬裁判を提案した上杉に、甲斐はそれを了承した。

甲斐は蟹江に富樫役を指名して富樫よりは劣ると言うと蟹江はムキになって引き受ける。

蟹江は大貴を仲間に引き入れて、甲斐は蟹江チームに残留しろと話す。

玉井に会いに来た甲斐は模擬裁判で証言してほしいとお願いした。

君が必要だと甲斐は言うが玉井は弁護士を雇って黙秘権を行使すると告げる。

大貴は模擬裁判の練習をしていて、真琴は甲斐のことを勝つためならなんでもする人だと話す。

甲斐のズルさを利用する手を大貴は蟹江に話し、蟹江の盗聴の件を煽って怒らせて実証した。

模擬裁判が始まり、蟹江は甲斐に玉井に資料の隠蔽を指示したのではないかと話す。

蟹江はチカを証人台にたたせようとした。

コースタル・モーターズで得た収益の額で甲斐はシニアパートナーになったのではないかと蟹江はチカに話す。

どんな手でも使う甲斐なら資料の隠蔽も指示したのではないかと蟹江はチカに告げる。

真琴は玉井役になり大貴は資料の隠蔽があったのかどうか追求する。

玉井のもとに来た大貴は甲斐を助けられるのは玉井だけだと訴える。

甲斐と富樫は野球場で対峙する…。

模擬裁判に玉井が現れて大貴たちは驚いていた。

大貴は玉井に資料の存在を知っていたのかと質問するが玉井は黙秘を貫く。

蟹江が大貴と交代して蟹江は玉井に甲斐のことが好きかと質問した。

元カレと別れたのは甲斐を愛していたからだと蟹江は玉井に詰問して玉井は必死に否定した。

甲斐は机を叩いて蟹江を睨み、玉井はファームを出て行った。

蟹江は必死に富樫の役を演じていて、甲斐のせいでこんなことをする羽目になったと怒鳴った。

「私のせいじゃない!」と蟹江は甲斐に怒鳴り去っていく。

模擬裁判が再開し、大貴は甲斐に不正をしたかと尋ねる。

甲斐が検事時代に上司の不正を隠蔽したと大貴は話す。

野球の話で茶化す甲斐に大貴は「あなたはジョークを言ってられる立場じゃない…」と呟く。

大貴は甲斐を守るために富樫の不正を探した。

チカは真琴に「男の隙は女が作ってあげるものよ」とウインクしたながらアドバイスする。

翌日、模擬裁判の最終日が始まった。

ハーバードロースクールに在籍していた甲斐が唯一、一度だけ負けた模擬裁判があるとチカは甲斐に話す。

模擬裁判でチカは甲斐が不正な証拠だと分かったから証拠を取り下げて負けたと話した。

甲斐が人を思いやってるとチカは語り、いつも強がり思いやりのない人だと思われてるけど周りの人のことを気遣っていると告げる。

どうしてそう強がるのとチカは甲斐に問いかける。

「思いやりがある甲斐が強く、思いやりのない人は弱い」とチカは上杉を見ながら話す。

甲斐にとって不正によって勝ち取った勝利は勝利じゃないと語るチカ。

蟹江はチカの言葉に反論し、チカと甲斐は証人を呼ぶ。

蟹江を証人として呼び、チカは甲斐が嫌いかと質問した。

甲斐が優秀な弁護士だと思いますかとか、不正をしたと思いますかと質問した。

蟹江は不正をしたとは思わないと答えて、チカの弁護は終わる。

野球場に来た甲斐はピッチャーマウンドに立った。

そこに富樫が現れて和解条件から甲斐の弁護士資格を剥奪することを無理やり飲まされて怒っていた。

富樫が裏で手を回したのは上杉で、上杉は富樫の不正についてチカに答えようとしなかった。

甲斐は大貴のもとに来て和解はしないと宣言した。

大貴は玉井が甲斐のために証言したと言う。

上杉のやり方は信用できないと甲斐は大貴に言い大貴は勝つことだけが全てじゃないと甲斐から教わったが、甲斐から教わることは何もないといい立ち去っていく。

会議で甲斐は和解を決意して、上杉はチカがこのまま代表の座に座るのか、自分が新しく代表になるのかと会議に出席している弁護士に問いかけるのだったーー。

月9ドラマ『SUITS2』第7話の感想

甲斐が富樫に追い詰められてチカが甲斐の代理人弁護士になったが窮地に追い込まれ上杉の提案で模擬裁判をすることになった。

甲斐がここまで追い詰められるとは…。

玉井が蟹江に追い詰められるのを見るのはつらい。

蟹江は玉井のことが好きなのか、ただ単に甲斐を追い詰めたいだけなのか…。

玉井は甲斐のことが好き、玉井が言うようにそんな簡単じゃなさそう。

大貴が甲斐に忠告するシーンが緊迫していてよかった♬

チカの演説は感動したな💕

甲斐の本質が垣間見えてよかったんじゃない!
  
甲斐は和解を決意して、上杉はチカから代表の座を奪いにきた。

いよいよ上杉が動きだしたか、どうなる!?

まとめ

月9ドラマ『SUITS2』第7話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

甲斐は、玉井に会いに行き、証言をして欲しいと頼んだ。

しかし玉井は、もう『幸村・上杉法律事務所』のことは忘れた、といって甲斐の申し出を拒絶する。

同じころ、甲斐との対決に向けて準備を進めていた大輔は、真琴の言葉からヒントを得て、ある秘策を思いついた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする