月9ドラマ『SUITS2』6話ネタバレあらすじ ポーカー勝負の行方は!

織田裕二&中島裕翔主演の月9ドラマ『SUITS2』第6話のネタバレあらすじ と感想をまとめてみた。

かけがえのない秘書・玉井を失い、喪失感にかられる甲斐だった。

ある日、クライアントである碓氷ジュエリー社長の碓氷秀明に会いに、大輔を連れてマカオのカジノを訪れていた。

月9ドラマ『SUITS2』第6話のあらすじ

かけがえのない秘書・玉井(中村アン)を失い、喪失感にかられる甲斐(織田裕二)。

ある日、クライアントである碓氷ジュエリー社長の碓氷秀明(博多華丸)に会いに、大輔(中島裕翔)を連れてマカオのカジノを訪れていた。

碓氷はギャンブル依存症だったが、ここ数年は賭け事を断っていた。

だが、甲斐の心配をよそに、カジノのVIPルームでポーカーに興じていた碓氷は、1回の勝負に300万ドル以上も賭けた挙句負けてしまった。

しかも碓氷は、日本人の元会社社長・城田悟志(三浦誠己)から、碓氷ジュエリーの全株式を担保にすることを紙ナプキンに書いて、300万ドルもの金を借りていた。

碓氷は城田に、その一瞬で会社の全てを奪われてしまう。

一方、真琴(新木優子)と蟹江(小手伸也)は、とあるバレエ団の公演で偶然一緒になるのだった。

公演後、バレエ団の演出家・里中栄一郎(吉澤健)が、劇場スタッフともめているのを目撃する蟹江たち。

里中は、劇場の稽古場の設備不良が原因で、バレエ団のダンサーがケガをした、と怒っていた。

里中の大ファンだった蟹江は、劇場側との交渉の代理人に名乗りを上げると、その案件を真琴に任せることにする。

そんな折、チカ(鈴木保奈美)のもとに、旧友でもある関東弁護士会副会長の羽鳥亜美(堀内敬子)から電話が入る。

羽鳥は、『コースタル・モーターズ』訴訟の件で、甲斐が賠償金と弁護士資格のはく奪を和解条件として提示されていることを問題視していて……。

碓氷に借りがあった甲斐は、帰国後すぐに城田と彼の代理人弁護士・安斎芳樹(加藤啓)に会いに行った。

奪われたら、奪い返す。甲斐の逆襲が始まろうとしていた。

月9ドラマ『SUITS2』第6話のネタバレ

玉井がファームからいなくなり甲斐は喪失感を感じていた。

大貴の家に甲斐がやってきてタキシードを持ってきた。

甲斐と大貴はマカオに来て、カジノで碓氷社長と待ち合わせていた。

副島は和解の期限が迫っているとチカに忠告して、チカは甲斐は必ず戻ってくると話す。

一方、真琴と蟹江はバレエを観に来ていて、玉井と連絡が取れないと真琴は言う。

カジノで碓氷はギャンブルで負けて大損をして、会社まで賭けて取られてしまう。

演出家の里中栄一郎が会場の文句を言い、蟹江は力になれることがあると話す。

碓氷は「碓氷ジュエリー」の全株式を担保に金を借りてギャンブルに負けた。

金を貸したのは城田悟志で不動産コンサルタントだった。

蟹江は真琴に仕事を任せて真琴は喜んで仕事を受けた。

甲斐は城田に紙ナプキンで書いた契約書は無効だと告げる。

日本では賭博行為は認められていないが、マカオのカジノで行われた取引で城田は問題はないと話す。

チカは裁判に持ち込まず和解で解決してと甲斐に命じる。

カジノの防犯カメラを大貴に渡して、碓氷だけに借りがかるのを疑問に思う大貴。

チカは同期の弁護士で羽鳥亜美と会い関東弁護士会として甲斐の無実を応援できないと話す。

チカのせいで未来を閉ざされたと亜美は言いチカのことを恨んでいた。

弁護士会として甲斐の処分を決定すると亜美はチカに伝える。

亜美の進路を左右するレポートを破棄したとチカは甲斐に話す。

真琴は案件を任せてくれたことを大貴に嬉しそうに報告した。

大貴と甲斐は城田と面会してギャンブル癖があるから意思能力はないと主張した。

甲斐は和解金の提示を求めて、城田が会社を追い出されたのは裏切りがあったからだと話す。

欲しいのは実力を誇示するフィールドだと言い、「碓氷ジュエリー」を手放す気はなかった。

真琴はバレエのコンサートホールの訴訟の案件を調べて蟹江と共に稽古場に行く。

コンサートホールの責任者は未払いが頻繁していて今すぐに立ち退きを求める。

里中栄一郎は楽団の金を着服していて、それを気付くことができなかった蟹江はショックを受ける。

真琴は好きなバレエを守るために尽力するべきだと蟹江に話す。

蟹江は代表理事を解雇しろと里中に言い渡す。

真琴は今回の件ありがとうございましたと蟹江に礼を言う。

大貴はギャンブル依存症のことを世間に公表して回復する姿を世間に見せてイメージアップをはかると城田に話す。

それに対して、城田は碓氷の会社の不正利用のことを調べ上げて甲斐たちを追い詰める。

チカは関東弁護士会に金を送って亜美が会長の座を狙って政治献金目当てでチカをゆすったように見せかける。

甲斐の件には口を出さないようにと亜美に忠告した。

副島は和解にするか裁判にするか決断するようにと甲斐とチカに告げる。

蟹江のことが気に入った真琴は蟹江のレコーダーを大貴に見せる。

レコーダーを聴いて大貴が蟹江が盗聴していた事実を知る。

甲斐は碓氷ジュエリーが不正していた事実を調べて公表すると城田に宣言した。

会社をとられるくらいなら会社を潰すと甲斐は城田に話す。

甲斐は会社を賭けてのポーカー勝負をすると城田に宣戦布告した。

無茶だと大貴は甲斐に注意し、蟹江が盗聴をして訴訟の件を上杉に流していたと甲斐に報告した。

甲斐と城田のポーカー勝負が始まり、城田が弁護士やコンサルに頼りきりであることを指摘する。

どんないいカードが揃おうと土壇場になって怖気づくと甲斐は城田に話す。

甲斐はマカオで城田がイカサマをした事実を追求して城田は会社を手放す。

碓氷は甲斐の手腕に感激して、社長は折を見て降りるつもりだと話す。

甲斐のしたことは違法賭博だとチカは怒ったが、甲斐はリスクを取らない人生なんて何が楽しいんですと尋ねる。

チカは副島に甲斐の代理人弁護士は私が勤めると宣言した。

甲斐は蟹江の事務所に来てレコーダーを見せた。

見逃してやる代わりに協力しろと甲斐は蟹江に耳打ちして「これは貸しだっ!」と甲斐は凄みをきかせるのだったーー。

月9ドラマ『SUITS2』第6話の感想

甲斐は碓氷に会いにマカオに行き碓氷が会社の全株式を担保にしてギャンブルをして会社を手放す羽目になった。

会社を賭けるなんてとんでもなくクレイジーなことをしたな!

甲斐は碓氷が会社を手放すことがないように打開策を考えていた。

甲斐が碓氷に借りがあるというのは意外だな( ̄∀ ̄)

甲斐が弁護士資格を剥奪されそうになっている、なんとかしないと!

チカの一発逆転の策略には頭が下がるな、甲斐以上だ♪(v^_^)v

甲斐が追い詰められてるのは蟹江のせいか…。

訴訟続きで忙しい甲斐、ポーカー勝負で会社を賭けるなんていくらなんでも無茶だっ!

甲斐は城田にマカオでイカサマをしていた事実を突き止めてそれを追求して城田は会社を手放すことになりました。

相変わらず甲斐の見事な勝ちっぷりには賞賛に値するね💗

甲斐は蟹江に盗聴したことを黙っている代わりに協力を要請して貸しを作った。

この時の甲斐いつになく怖かったな…。

まとめ

月9ドラマ『SUITS2』第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

碓氷に借りがあった甲斐は、帰国後すぐに城田と彼の代理人弁護士・安斎芳樹に会いに行った。

奪われたら、奪い返す、甲斐の逆襲が始まろうとしていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする