月9ドラマ『SUITS2』5話ネタバレあらすじ 甲斐が史上最大のピンチ!

織田裕二&中島裕翔主演の月9ドラマ『SUITS2』第5話のネタバレあらすじ と感想をまとめてみた。

甲斐は、『コースタル・モーターズ』の自動車に乗っていた運転手が事故死した裁判で勝訴した。

ところが、同社の自動車に欠陥があったことを示す社内メモが見つかったことで窮地に立たされてしまい…。

月9ドラマ『SUITS2』第5話のあらすじ

過去の勝利は、隠蔽によるものだったのか――?

甲斐(織田裕二)は、『コースタル・モーターズ』の自動車に乗っていた運転手が事故死した裁判で勝訴したものの、同社の自動車に欠陥があったことを示す社内メモが見つかったことで窮地に立たされてしまう。

甲斐自身はメモの存在すら知らなかった。

だが、甲斐に対して強烈な敵がい心を抱く弁護士・富樫(髙嶋政宏)は、事実を隠蔽し、被害者とその遺族を法廷で侮辱した甲斐を徹底的に追及すると宣言する。

この件を知った上杉(吉田鋼太郎)は、いまこそ団結して事務所を守るべきだと主張する。

甲斐のために優秀な弁護士・副島絵美里(清水ミチコ)を連れてきた。

だが、早急且つ、秘密裏に和解を進めるべきだと提案する副島に、反発する甲斐。チカ(鈴木保奈美)は、そんな甲斐を制して副島を雇うことになる。

一方、甲斐の秘書・玉井(中村アン)は、コースタル訴訟の資料の中から問題になっている社内メモを発見した。

そこには玉井のサインもあり、思いつめた表情でシュレッダーの前に立つ玉井のもとへやってきた大輔(中島裕翔)は、彼女が持っていたファイルに違和感を抱いた。

そんな折、プロモーターの星川卓郎(田中要次)が、天才テニス少年と噂される高山雄哉(髙橋優斗)を伴って甲斐を訪ねてくる。

雄哉は、プロ入りに反対する父親と、法的に親子の縁を切りたいのだという。甲斐は、この案件を大輔に任せることにするが……。

月9ドラマ『SUITS2』第5話のネタバレ

甲斐はクレー射撃をして、プロモーターの星川卓郎と話をする。

倉庫で重大な資料を見つけた玉井は甲斐に報告できずにいた。

上杉は弁護士の副島絵美里をチカに会わせて早期解決をはかるには和解金を払うしかないと副島は話す。

遺族を傷つけた甲斐が話し合いをすれば火に油を注ぐと副島は忠告する。

甲斐は負けない弁護士にお願いしたいと副島に話すが、副島は甲斐が検事時代に隠蔽をした過去を話し反論する。

チカは副島と話し合いをして、服を侮辱されても彼女を雇った。

この件はあなただけでなく事務所の未来を左右するとチカは甲斐に言い大人しくしてるように釘を刺す。

星川は天才テニス少年の高山雄哉を連れてきて雄哉は父親がプロ入りを許してくれないので法的に父親と縁を切りたいと依頼する。

雄哉の件を大貴に任せて甲斐は事故の遺族に会いにいく。

甲斐は裁判で事故の遺族を追及して深い傷を負い甲斐を追い出した。

甲斐は雄哉に父親を会わせて父親は精神の鍛錬のためにテニスをやらせたという言い分だ。

雄哉の父親・高山は雄哉のプロ入りを認めず怒鳴って出ていく。

玉井は書類の管理をちゃんとやってと真琴に怒鳴り部屋を出る。

高山親子の仲裁をすると大貴は甲斐に言い甲斐もそれを了承した。

倉庫に行った玉井は書類をシュレッダーにかけようとしたが大貴がコンセントを抜いた。

甲斐に大事な書類を渡すように玉井を説得する大貴。

玉井は甲斐に迷惑がかかるからと書類のことを黙っていた方がいいと言うが、大貴は玉井が言わないなら自分で言うと話す。

自分で話すと玉井は言い倉庫を出た。

甲斐は玉井に大事な話があると言うが、上杉は代理人の立ち会いなしに遺族と会ったことを責める。

副島は玉井にメモのことを追及しようとした。

雄哉に会いに行った大貴は法的に親との縁を切れないと話す。

すると、雄哉は父親に殴られた時にできた痣を見せて証拠もあると大貴に耳打ちする。

一方、副島は玉井に書類の整理や処分をどうしているか尋ねる。

甲斐に頼まれて書類を隠したと副島は決めつけて玉井は悪意ある質問には答えないと話す。

副島は宣誓供述書にサインをするようにチカに要求して、甲斐が書類を隠していないと誓うものだった。

宣誓供述書にサインをするようにチカは甲斐に命じて甲斐がサインをするのを阻止する大貴。

大貴は仕方なく玉井が資料を発見したことを話し、これにサインすれば偽証したことになると甲斐に告げる。

玉井を引っ張り込んで資料のことを問いただす。

玉井のサインがあり甲斐に指示されて隠蔽したと思われると玉井は甲斐に話す。

甲斐は書類されあれば隠蔽してないことを証明できると玉井に言うが、玉井は副島に追い詰められて書類を破棄したと涙ながらに報告した。

絶望した甲斐は副島にこのことを伝えたが信じてもらえず彼女は遺族と和解に向けて話を進めるとチカに話す。

チカは甲斐にこの件にはもう関わらないでと釘を刺す。

大貴は虐待の事実が全て日記に記されていると高山に話すが高山は頑なに認めなかった。

可愛がっていた猫が病気になりもうすでに手遅れの状態で落ち込んでいた蟹江。

上杉は甲斐に責任を取らせるべきだとチカに言う、チカはケジメをつけるつもりだと上杉に告げる。

玉井に何があったのかと真琴は大貴に尋ね、玉井が取り返しのつかないミスをしたと大貴は教える。

甲斐は遺族のもとに行き書類はあったが隠蔽はしていないと説明する。

遺族は告発をした女性からお金とメモを受け取ったと甲斐に言いなぜ告発の声は消されて甲斐が事実に気付けなかったのかと詰問した。

遺族の前で深々と謝罪する甲斐…。

大貴は裁判所で発言する意味をわかっているのかと雄哉に問いかける。

星川が虐待という虚偽の事実を証言するように言ったと大貴は星川に話す。

星川は雄哉が貴公子と呼ばれている間にプロ入りをさせることで巨万の富を得られると考えて一刻も早く雄哉をプロ入りさせようとした。

こんな裁判はやめにしようと大貴は雄哉に告げて去っていく。

副島は甲斐の弁護士資格を剥奪するようにチカに要求を伝えた。

チカは甲斐と話をして、甲斐は自分を責めていた。

真琴は大貴からもらった雄哉のサイン入りテニスボールをもらいそれを蟹江に渡した。

誰かに頼ってもいいんじゃないかと真琴は蟹江に言い真琴は笑顔で去っていく。

玉井のもとにチカがやってきてあなたを今日付けで解雇すると玉井に通告した。

玉井は荷物を持ってファームを出ていき、甲斐は黙って見送るのだったーー。

月9ドラマ『SUITS2』第5話の感想

事故に関する重要な書類を玉井が見つけてこのまま黙っている方が甲斐のためになると隠蔽を決意。

大貴がそのことに気付いて甲斐に言うべきだと説得する。

もしこのまま発覚したら甲斐は間違いなく事務所を辞めることになる!

法的に親子の縁は切れない、虐待が有れば別だけど…。

宣誓供述書にサインをするようにチカは甲斐に言い大貴はこれにサインすれば偽証をしたことになると話す。

玉井がまさか書類を破棄したとは、ショックで言葉も出ない…。

メモを玉井が隠蔽してとんでもないことになった、このまま甲斐は辞めることになるのか(`・ω・´)

雄哉は星川に頼まれて虚偽の報告をして大貴は裁判をしないことを雄哉に伝える。

チカは玉井に解雇を通告して玉井はファームを追放される。

まとめ

月9ドラマ『SUITS2』第5話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

プロモーターの星川卓郎が、天才テニス少年と噂される高山雄哉を伴って甲斐を訪ねてきた。

雄哉は、プロ入りに反対する父親と、法的に親子の縁を切りたいのだという。甲斐は、この案件を大輔に任せることにした。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする