月9ドラマ『SUITS2』12話ネタバレあらすじ 蟹江と甲斐、衝突!

織田裕二&中島裕翔主演の月9ドラマ『SUITS2』第12話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

甲斐や大輔の活躍もあって、『幸村・上杉法律事務所』の内紛はチカの勝利に終わった。

だが、お家騒動があったことは他ファームだけでなく、クライアントの間にも広く知れ渡っていた。

月9ドラマ『SUITS2』第12話のあらすじ

甲斐(織田裕二)や大輔(中島裕翔)の活躍もあって、『幸村・上杉法律事務所』の内紛はチカ(鈴木保奈美)の勝利に終わったが、お家騒動があったことは他ファームだけでなく、クライアントの間にも広く知れ渡っていた。

それを不安視するクライアントの中には、『幸村・上杉法律事務所』との顧問契約を見直そうとする動きが起き始める。

動画配信サービスを手がける『ネットフィルム』の社長・五十嵐数馬(粗品)もそのひとり。

甲斐に会った五十嵐は、進めていた株式公開と顧問契約の両方を再考したいと言い出す。

苛立つ甲斐は、遅刻してきた大輔に怒りをぶつけ、やる気がないなら突き落とす、と言い放つ。

一方、蟹江(小手伸也)も、チカから『ステラ証券』が契約を打ち切るという情報を教えられる。

アソシエイトの八木田(坂口涼太郎)がミスをしたせいだと考えた蟹江は、明日までに契約書を作り直せ、と命じた。

その夜、大輔は、元同僚の松井圭介(間宮祥太朗)から、彼が所属している『ブラットン法律事務所』に来ないか、と持ちかけられる。

その際、大輔は、『ブラットン』が他のアソシエイトも引き抜こうとしていることを知る。

『ブラットン』は、『コースタル・モーターズ』の一件で、甲斐に和解を勧めた弁護士・副島(清水ミチコ)がいるファームだった。

甲斐やチカは、副島の背後で暗躍する人物――上杉(吉田鋼太郎)の存在を感じ……。

月9ドラマ『SUITS2』第12話のネタバレ

真琴は大輔に何もかも話してほしいとお願いするが、真琴のため本当のことを言うことはできなかった。

一方、ファームに来た甲斐はクライアントの五十嵐数馬の対応をした。

彼は動画配信サービス「ネットフィルム」の社長であり、ファームでの内輪もめの噂を聞き契約を見直すと言ってきた。

蟹江はチカから責められているのではないかと怯えていた。

蟹江はどうして甲斐のアソシエイトを雇ったのかとチカに尋ねる。

チカは一刻も早く上杉の件から立ち直ってほしいと蟹江に話す。

大輔がファームにやってきて甲斐が呼んでいると玉井から聞いた。

甲斐は定時に来てれば五十嵐の対応ができたと大輔を叱る。

甲斐はクライアントを失いかけていて苛ついていた。

松井圭介という大輔の元同僚の弁護士が大輔に話しかける。

ブラットン法律事務所はいいぞと松井は大輔に言い、ブラットンに来ないかと勧誘した。

大輔は個室よりもっと大事なものをくれたと松井に話す。

松井は大輔の他にもファームから面接にきたと話す。

副島がブラットン法律事務所にいてチカがクビにした復讐で、バックに上杉がいると考えた。

チカと甲斐は副島に会いにいき、引き抜きの話を始める。

チカは副島が上杉の差し金で動いているのではないかと言うが、副島はとぼけた。

副島は幸村・上杉法律事務所が崩れかかっていると話した。

八木田は契約書にミスはなかったが、蟹江は激怒してクビにした。

大輔は八木田が東大を主席で卒業していることに驚愕した。

甲斐は玉井をレストランに誘った。

大輔は八木田が蟹江が怖くて本来の力を発揮できていないと言い、蟹江は八木田の契約書は全て大輔がチェックしろと強要した。

八木田は他のアソシエイトが次々とブラットン法律事務所に行くことを大輔と真琴に話した。

蟹江のアソシエイトが次々と引き抜かれていることを知り甲斐は怒って蟹江に怒った。

蟹江が上杉の命令で動いているのではと疑ったが蟹江は否定した。

蟹江は引き抜きに手を貸してないと誓ったが、甲斐は一度裏切った蟹江を信用しなかった。

蟹江は副島に会い、ブラットン法律事務所に入れてほしいとお願いした。

副島はジュニアパートナーが条件だと言うが、蟹江はシニアパートナーだけは譲れないと話す。

五十嵐は映画会社に会社を買収させて役員もそのままにすることを条件に契約を承諾した。

甲斐は大きな波に乗るのは危険だと五十嵐に忠告する。

蟹江はブラットン法律事務所に転職するとチカに話し、チカのファームを壊したくないからクライアントは奪わないと誓う。

あなたにはやめてほしくないとチカは蟹江に言った。

そんななか、大輔は怜の夫にいきなりボコボコにされて、二度と妻に近づくなと言われる。

蟹江はファームを去り、大輔がボロボロの状態でファームに来た。

行動には結果が伴うと大輔は蟹江に言い、蟹江も大輔の言葉を返した。

蟹江は甲斐に嫌われたからファームを出ていくと大輔に話す。

同僚に嫌われていると知りながら同じ職場で働けないと蟹江。  

大輔は別の行動で挽回しようと蟹江に告げる。

大輔は映画会社が五十嵐の会社の配信プラットフォームだけが狙いで買収をすると蟹江とともに調べて判明したと甲斐に報告した。

甲斐は副島に会い、五十嵐が株式公開をして映画会社と業務提携をしたと報告する。

大口顧客を副島に紹介されたと副島にからかいながら言い、副島は甲斐の名前はファームの看板にはないと反論した。

大輔は松井に八木田を紹介して八木田はブラットン法律事務所に引き抜かれることになった。

甲斐はチカに自分の名前を看板に入れてほしいとお願いしたが、チカは断った。

甲斐はリーダーに向いていないとチカは言い、名選手と名監督は違うと告げる。

自分の間違いを正すことこそ名監督だとチカは甲斐に話す。

甲斐は蟹江の前に現れて蟹江の荷物を黙って持っていく。

月9ドラマ『SUITS2』第12話の感想

甲斐は五十嵐と会い、契約は見送ると言われてしまう。

そして、ブラットン法律事務所が次々と優秀なアソシエイトを引き抜いていると知る甲斐たち。

甲斐は蟹江のことを一切信用していない、仲間を裏切ったからな。

甲斐が蟹江のことを信用する日は来るのか…。

副島は上杉の指示で動いているのか?

うまい買収話にはいつも裏がある。

怜の夫、怜に大輔のようなことをしてるんだろうな…。

蟹江もやるな、甲斐と仲直りするチャンス!

まとめ

月9ドラマ『SUITS2』第12話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

大輔は、元同僚の松井圭介から、彼が所属している『ブラットン法律事務所』に来ないか、と持ちかけられる。

その際、大輔は、『ブラットン』が他のアソシエイトも引き抜こうとしていることを知る。

『ブラットン』は、『コースタル・モーターズ』の一件で、甲斐に和解を勧めた弁護士・副島(清水ミチコ)がいるファームだった。

甲斐やチカは、副島の背後で暗躍する人物――上杉の存在を感じていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする