ドラマ『竜の道』7話ネタバレあらすじ 竜一の正体がバレる!

玉木宏&高橋一生主演のドラマ『竜の道』第7話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

芙有子を失った源平は、悲しみを打ち消すかのように、さらに危険な経営へと暴走し、以前にも増して仕事に没頭する。

何とかして大手通販会社との契約を勝ち取ろうと躍起になって…。

ドラマ『竜の道』第7話のあらすじ

芙有子(斎藤由貴)を失った源平(遠藤憲一)は、悲しみを打ち消すかのように、さらに危険な経営へと暴走し、以前にも増して仕事に没頭する。

何とかして大手通販会社との契約を勝ち取ろうと躍起になる。

源平の焦りに乗じて、竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)は、曽根村(西郷輝彦)の手を借り、復讐の最後を飾るにふさわしい計画を実行することに。

それは、キリシマ急便に恨みを持つ人物を利用し、源平を“殺人者”に仕立て上げて社会から抹殺しようという作戦だった――!

この計画ですべてが終わるかに思われたが、ある人物の裏切りにより、思わぬ方向へ。

反対に、竜一が窮地に追い込まれてしまう。

一方、記者の沖(落合モトキ)が竜一を嗅ぎまわったことが発端となり、美佐(松本穂香)は、故郷にいる親族から竜一が生きているかもしれないと聞かされ、言葉を失う。

にわかには信じられない話だったが、東京で“和田猛”と出会ってからのことを思い返した美佐は……。

(出典: 『竜の道』第7話あらすじ)

ドラマ『竜の道』第7話のネタバレ

竜二は源平に内部告発をもみ消したと話し、二見が内部告発をしたと告げる。

運輸局に知り合いがいてもみ消しを頼んだと竜二は報告してどうせなら日本一の運送会社になった方がいいと話す。

晃は源平を残したまま会社を変える道を探ると竜一に話し、竜一は晃を見放した。

源平はこれ以上改善がない場合仮契約は解消すると取引先に言われてしまう。

竜二にもみ消しを頼んだのは竜一の指示で、竜一は源平には人を殺してもらうと話す。

源平が曽根村に殺しを指示してその証拠を掴めば源平は終わると竜一は竜二に話す。

竜一は二見に会い告発よりも過労死のことをシステムに書き込むと源平に脅す方が効果的だと告げる。

二見が違法カジノで借金があることを竜一は調べていて二見をゆすった。

曽根村は源平の殺しの依頼を受け、竜一の計画がうまくいくか高みの見物をする。

美佐が霧島家にやってきてまゆみから竜二が源平に復讐しようとしていると疑ってるのかと尋ねられる。

まゆみは和田(竜一)と付き合えばと美佐に提案して美佐は竜一と和田がどこか似ていると話す。

その時、源平が家に帰ってきて美佐は挨拶をした。

砂川は和紀の書いた記事のビラを凜子に見せた。

和紀は大野木の息子に斉藤が亡くなったと報告して斉藤の故郷の東北に行ったら驚くべきことがわかったと伝える。

源平が行きつけのクラブで飲んでいると二見が現れる。

二見は悪評がネットに広まって取引先での仮契約は無くなると言って脅した。

口止め料を払うと源平は言い二見は意気揚々と帰った。

キリシマ急便のことよろしくお願いしますと晃は竜二に言いまゆみは竜二の妹がきたと話した。

俺を試すのはやめろと竜二はまゆみに言い、まゆみは母親のように孤独に死ぬのは嫌だと胸のうちを話した。

「それでもいいと思ってたのに、あんたが帰るから!」とまゆみは竜二に叫ぶ。

竜二はまゆみに母親の手紙を渡して母親は希望の中にいたと語る。

まゆみは竜二に抱きついて泣き、竜二もまゆみに寄り添った。

凜子は誰のためにやっているのかと竜一に問いかける。

両親のことを考えていた竜一は竜二に二人が源平に会った、仕上げにかかると伝えた。

追い詰められた源平の前に竜一が現れて取締役でクーデターを起こそうとした首謀者だという噂が流れそうになっていると話した。

源平はその人物のことを尋ねたが竜一ははぐらかした。

取締役の誰かが裏切りものだと竜一から言われて源平は秘書に調べさせた。

竜二は源平のいる社長室にきて芙有子の手紙を渡した。

この手紙にはお互いが向き合えずにいたことが書かれていてようやく向き合える時に芙有子はいないと竜二は源平に言い源平は動揺して出ていった。

芙有子の位牌の前に座った源平は遺灰を抱いて誰にも邪魔はさせないと誓った。

二見は源平が金を払う約束をしたと竜一に報告して秘書は二見が竜一を脅していると源平に報告した。

そして、取引先からキリシマ急便の過重労働に関する告発があり源平は二見を殺す決意をした。

源平は曽根村に二見殺害を依頼してその証拠を映像に収めた。

これで両親の仇が討てると竜一は竜二に大喜びで話した。

一方、美佐は叔母から和紀が家にきて竜一が生きているかもしれないと言われたと話す。

竜一は曽根村が来るのを待っていて、二見が源平の家に呼ばれたと急いで向かった。

曽根村は若い衆に頼んで二見を殺そうとして竜一が必死に止めた。

竜一は曽根村の前に連れてこられて曽根村は源平との約束を守って二見を殺そうとした。

曽根村は二見を殺せばデータを渡すと竜一に交換条件を出した。

これ以上人を殺すなと竜二は竜一に告げ、まゆみと結婚してキリシマ急便の内側に入ると話した。

美佐が本当に好きなのは竜一だと竜二は言い、美佐のためにも人は殺すなと告げた。

一方、美佐は竜一のことを考えていて和田が竜一ではないかという疑念が膨らんでいた。

美佐は会社にやってきて竜一と会った。

昔北九州で一緒に暮らした三人の兄妹がいたと美佐は突然昔話を始めた。

兄たちが破滅に向かっているのを感じていて兄のために何ができるか考えていた。

兄たちが幸せじゃないと妹も幸せになれないと美佐は言い、和紀が竜一のことを疑っていると最後に伝えた。

竜一の前に和紀が現れて「こんにちは、矢端竜一さん」と和紀は竜一に話しかけたーー。

ドラマ『竜の道』第7話の感想

竜一は竜二に二見の内部告発のもみ消しを頼んで源平に人を殺させようとした。

とんでもない計画だな、竜一は本当に源平に人を殺させるつもりか!

二見は源平を脅迫して源平は金を払う約束をした。

竜二はまゆみのことが大事だと思ってるのか、まゆみも竜二によって変わったからもう竜二なしでは生きられない感じだ…。

松本まりかの泣きの演技がいい💕

竜一は源平が曽根村に殺しの依頼をした証拠を撮らせて源平を破滅させようとした。

この作戦はうまくいくのかな…。

竜一は二見がけんの家で金を受け取りに行ったと聞き源平の家に急ぐ。

和紀が竜一の前に現れて竜一の名前を呼んだ、最終回は一体どうなる!?

まとめ

ドラマ『竜の道』第7話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

記者の沖が竜一を嗅ぎまわったことが発端となり、美佐は、故郷にいる親族から竜一が生きているかもしれないと聞かされ、言葉を失った。

にわかには信じられない話だったが、東京で“和田猛”と出会ってからのことを思い返した美佐だった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎