ドラマ『竜の道』6話ネタバレあらすじ 竜二がまさかの裏切り!

玉木宏&高橋一生主演のドラマ『竜の道』第6話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

晃が取締役の半数以上を味方につけ、源平追放に向けたカウントダウンが始まった。

一方、夫と息子の関係悪化に胸を痛める芙有子は、2人の仲を取りもとうと源平に歩み寄るが…。

ドラマ『竜の道』第6話のあらすじ

晃(細田善彦)が取締役の半数以上を味方につけ、源平(遠藤憲一)追放に向けたカウントダウンが始まる。

一方、夫と息子の関係悪化に胸を痛める芙有子(斎藤由貴)は、2人の仲を取りもとうと源平に歩み寄るが、結婚当初からある想いを抱えていた源平は、芙有子の話を聞こうともせず、怒りを爆発させる。

ところがその矢先、芙有子が突然病に倒れ、源平は激しく動揺する。

竜二(高橋一生)と真剣に付き合うことを決めたまゆみ(松本まりか)は、美佐(松本穂香)との親交を深め、さらに、ひょんなことから竜一(玉木宏)と竜二、晃を含めた5人で食事をすることに。

その席で、竜二が復讐のためにまゆみに近づこうとしているのではと疑う美佐を前に、竜一と竜二は「ある作戦」に出る。

しかし、会話は思わぬ方向に進んでいき…。

そのころ源平は、芙有子の傍らで完全に精気を失っていた。竜一は今がチャンスとばかりに取締役会を決行するが、当日、思わぬ事態が起きる!

(出典: 『竜の道』第6話あらすじ)

ドラマ『竜の道』第6話のネタバレ

大野木が心臓発作で亡くなったのは間違いないが、あの時薬を飲んでたら助かっていたと竜一は竜二に話す。

もう二度と殺すなと竜二は竜一に釘を刺し、帰っていく。

一方、芙有子は源平に晃の将来が心配だと話す。

まゆみも竜二と付き合って変わったと言い本当は自分がもっと愛してあげるべきだったと語る。

芙有子はお金のために源平と結婚したと源平に言い、源平はずっと殻に閉じこもっていたくせにと怒鳴った。

もうすぐで日本一の運送会社になると源平は芙有子の前で豪語して去っていく。

晃と竜一は源平を追い出すため裏で動いていた。

竜二は源平のもとにやってきて源平は竜二を食事に誘った。

源平の前に晃と竜一が現れて源平はナイフを持って襲ってきた兄はどうしていると竜二に尋ねる。

竜二は兄が死にましたと竜一の前で答えた。

その頃、まゆみは美佐が働いている学校にやってきた。

なんで私がしたこと言わなかったのとまゆみは美佐に尋ねて美佐は竜二に心配かけたくなかったと答える。

芙有子は話し合いがしたいと源平に言い突然倒れた。

病院で芙有子の手術が終わるのを待っていた。

芙有子は急性心筋梗塞だと竜二は竜一に言いこのチャンスを利用させてもらうと竜一は竜二に告げる。

竜一は取締役会についての作戦を会議していて、役員は源平の弱みにつけ込むやり方には反対した。

晃は芙有子が倒れて弱っている源平に取締役会議をすると伝える。

竜一は弱みを見せたら裏切る人間が出てくると晃に忠告した。

竜二は霧島家にやってきてまゆみと美佐が一緒にいて驚いた。

晃と竜一も霧島家に来て竜一は竜二にせっかくだから一緒に食事をしようと提案する。

晃はナイフを持って乗り込んできた竜二の兄の話を聞き驚いたと話す。

竜二は両親の会社がキリシマ急便に潰されたと告白して復讐なんて考えていないと竜二は告げる。

晃は僕が必ず会社を変えると竜二に約束した。

兄の名前が竜一だと竜二は言い、美佐は厳しいけど竜一のお陰で強くなれたと話す。

竜一はすごいやつだと竜二は竜一を見ながら話した。

まゆみは美佐が竜一のことを好きではないかと言い、美佐は竜一の遺体が火事で黒こげになっていたと言い今でも信じられないと話す。

晃が弱気になっているからハッバをかけるようなことをしたと竜一は竜二に打ち明けた。

竜一と美佐は一緒に帰り美佐は源平も竜二の両親のことを知っていることを知った。

美佐は竜二が何かを隠しているのと察していて、竜一は美佐に心配かけたくないから隠しているのだと話す。

源平は芙有子のことが心配で会社に来ない日が多くなった。

晃は竜二に継いでほしいくらいだと竜二に話した。

そんな中、竜一は曽根村に金を渡して源平のことを調べていた。

一度弟に会わせろと曽根村は竜一に言い、人は普通復讐心を持続できないと話す。

竜一は明日の取締役会の打ち合わせを役員としていた。

そこに竜二が割り込んできて源平からの書類を受け取ったと竜一に告げた。

竜二は取締役役員の二見から源平のことを密告した。

竜一と竜二は裏切り者をあぶり出そうと計画していたが竜二は二見が密告したことは報告しなかった。

竜一は竜二に本当は裏切り者がいたんだろと詰問し、二見が違法カジノの容疑で逮捕された。

二見のことを通報したのは竜二で竜二は竜一がまた人殺しをしないためだと竜一に話す。

その時、芙有子の意識が戻り源平はすぐに仕事に向かった。

晃は芙有子の病室に行き、芙有子は晃の信じる道を行きなさいと伝える。

竜一は取締役会議に出席して源平も会議に出席した。

芙有子から頼まれた晃は家に帰ってある封筒を見て茫然とした。

晃は会議で黙ってしまい役員も及び腰になった。

そんな中、源平は芙有子が亡くなったことをまゆみの電話から聞かされてぼう然と会議室を出た。

竜一は竜二に晃が裏切ったと言い苛ついていた。

源平は家に帰り芙有子の手紙を読んで、晃と源平が協力すればいい会社にできると書かれてあり芙有子の本当の気持ちを知った源平は涙する。

まゆみは竜二と家に帰ってきてあんたが一緒にいてよかったと泣きながら話す。

源平は自分を追い出したことを画策していた罰として竜一を出入り禁止にした。

そして、竜一は竜二にキリシマ急便でまた運転手が死んだと報告して二見が内部告発をしたと話す。

二見を生かしておいてよかったと竜一は竜二に言い、竜二は二見の内部告発をもみ消したと源平に報告するのだったーー。

ドラマ『竜の道』第6話の感想

源平の妻の芙有子が倒れて竜一はその隙に取締役会議で源平を追い出す計画を立てていた。

人の弱みに漬け込むやり方はどうかと思うが、達成するためならどんな手段でも使う竜一らしい…。

竜一は晃の前で竜二に自分のことを話させた、かなりリスキーだけど晃は会社を変えると改めて決意した。

龍一の作戦は功を奏すのか!

竜二はどういうつもりで竜一の計画を邪魔するんだ…。

源平は妻が亡くなって抜け殻のようになってる、こんな源平見たことない!

龍一のことを信用できなくなった竜二は源平に二見の内部告発をもみ消したと報告した。

竜二はまさか竜一のことを裏切るつもりなのか?

まとめ

ドラマ『竜の道』第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか? 

竜二が復讐のためにまゆみに近づこうとしているのではと疑う美佐を前に、竜一と竜二は「ある作戦」に出る。

しかし、会話は思わぬ方向に進んでいった。

そのころ源平は、芙有子の傍らで完全に精気を失っていた。

竜一は今がチャンスとばかりに取締役会を決行する。
 

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎