ドラマ『竜の道』5話ネタバレあらすじ 竜二の正体が源平にバレる!

玉木宏&高橋一生主演のドラマ『竜の道』第5話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

美佐が両親の自殺の原因を知ってしまった。

まゆみに近づいたのは、キリシマ急便への復讐が目的なのではないかと美佐は考えはじめて…。

ドラマ『竜の道』第5話のあらすじ

美佐(松本穂香)が両親の自殺の原因を知ってしまった。

まゆみ(松本まりか)に近づいたのは、キリシマ急便への復讐が目的なのではないか? 

美佐に問い詰められた竜二(高橋一生)は何とかその場をやり過ごすが、一方で、美佐が密かに竜一(玉木宏)を頼りにしていることに気づき、胸のざわつきを覚える。

それからしばらくして、竜二は視察という名目でキリシマ急便へ。

国交省での自分の立場を示すことで、源平(遠藤憲一)にプレッシャーをかけようとする竜二に対し、源平は思わぬ反撃材料で窮地に追い込んでいき…。

一方、竜一は、晃(細田善彦)を使って源平を追い出すクーデター計画を進めていくが、自分の復讐計画が美佐や周りの人間を巻き込んでいくことに内心苦しんでいた。

さらに、憎しみに耐えながら源平と良好な関係を築こうとする竜二を気の毒に思い、竜二に対して「ある提案」を持ちかける。

(出典: 『竜の道』第5話あらすじ)

ドラマ『竜の道』第5話のネタバレ

竜一は美佐のことを考えていて、そんな時に会社に晃がやってきた。

竜一は晃が社長になるには取締役の過半数の票が必要だと話す。

竜一と竜二は密会して、竜二はもう二度と美佐を巻き込まないと決意した。

役員の小田嶋を取り込もうと竜一は晃に話す。

竜一は砂川に小田嶋の弱みを握るよう指示しろと凜子に命じる。

凜子はそろそろ本当のことを話してほしいと言うが、竜一は沈黙を貫いた。

「結局、この会社の人間はダミーに使われてるんですね」と凜子は竜一に告げる。

一方、和紀は竜一の勤めていた会社の社長・大野木の息子に話を聞きに行く。

大野木の息子は父親が心臓発作で死んだと和紀に言い、和紀は竜一の写真を見せてこの男が家から出てきたと息子は証言した。

息子は竜一が父親を見殺しにしたと察して、竜一が金を奪って見殺しにしたと知り金に群がる奴らはみんな憎いと話す。

まゆみは竜二からの電話に出て食事に誘われたが断った。

美佐の家に来た竜二は美佐から両親の死の真相が事故ではなくキリシマ急便に追い詰められたことによる自殺だと知ったと聞かされる。

美佐は竜一が竜二の復讐計画をバラされないように見張っているのではないかと竜二に話す。

そんななか、小田嶋は報告を怠り源平に叱責されていた。

会社から出てきた小田嶋を竜二と凜子が尾行していた。

小田嶋はつばめというホステスにかなり入れ込んでいるという情報を手にした砂川は竜二に報告。

竜二も小田嶋の弱みを握った…。

霧島家に竜二がやってきて茉有子がまゆみの雰囲気が変わったのは竜二のお陰だとお礼を言った。

竜二はまゆみにはほんの少しの愛情が必要なだけだったんじゃないかと茉有子に話し、本当は茉有子が与えるべきものだったと諭す。

まゆみは竜二と美佐のことを尋ねて、竜二は真実とは違う生い立ちを話し始める。

ロクでもない親はいないほうがマシだとまゆみは竜二に話す。

まゆみはワインの美味しい店を知っていると言って竜二を誘った。

一方、源平は竜二のことを秘書の大友に調べさせていて竜二の資料を見ていた。

小田嶋が保険契約の延長を頼む代わりに金をもらっていることを小田嶋に告げる晃。

晃は小田嶋を脅迫して源平を社長の座から引き摺り下ろそうとしていた。

ホステスのつばさは小田嶋の下の子供が病気で入院しているから情報交換しているだけだと明らかになる。

和紀は会社にやってきて竜二の取材をし、人の生活を脅かす奴らが大嫌いだと話す。

竜一は曽根村のもとに行き、復讐をすれば関係ない人間までも巻き込むことになると告げる。

和紀が竜二のことを嗅ぎ回っていることを曽根村は知っていた。

会社にやってきた和紀は斉藤が殺されたと聞かされる。

竜一は自分が扮した斉藤を殺したことにすると竜二に報告した。

小田嶋に同情して晃が踏み込めずにいると竜一は竜二に伝える。

竜二はキリシマ急便の視察に行くと竜一に報告。

視察が終わって竜二は源平と新サービスが始まると人的不安が否めないと話す。

源平は竜二のことを調べさせて吉江家の子供であることも知っていた。

竜二は最初は源平のことを恨んでいたが追い詰められて自殺するような両親みたいな負け犬にはなりたくないと語る。

すると、源平はうちの娘は見る目があると笑っていた。

源平は竜二と握手をし、竜二は源平と握手した手を上着で拭いた。

晃のところに泣きつきに来た小田嶋、小田嶋は晃が写真を送りつけたと思い込んで家族とも離れ離れになったと話す。

竜一が竜二に会いに行く時、美佐が竜一の目の前に現れた。

美佐は竜一が竜二の復讐を手伝って、もし竜二に何かあったら一生許さないと話す。

竜一が竜二に美佐のことを妹以上に思っているなら手を引けと告げる。

竜一はブラジルに行く前に人を殺していると告白して自分はもう普通の生活を送れないと話す。

「お前と俺はもう違うんだよ」と竜一は言い去っていく。

晃は竜一に電話して小田嶋の家に写真を送ったとは和田(竜一)ではないかと尋ねる。

凜子は砂川にブラジルで竜一に会ったとき放っておいたら死んじゃいそうな目をしていたと話す。

港に佇む竜一の前に竜二が現れて「それでも俺はお前と共に行くぞ」と告げる。

「お前と俺は二人で一つ」と言い竜二は竜一を抱きしめた。

竜一は竜二に抱かれて涙を流していた。

一方、茉有子は源平にある事を伝えるのだったーー。

ドラマ『竜の道』第5話の感想

晃を社長にするために竜二は小田嶋の弱みを握ろうとする。

竜二の計画はうまく行くのかな?

一方、美佐は竜二が復讐のためにまゆみと付き合っているのではと疑う。

美佐もすごく感が鋭いな、竜一と竜二の妹だけはある。

まゆみ本当に柔らかくなったな、今のほうが好きだ💕

源平も竜二のことを疑い始めてる、どうなる竜二!

和紀は竜一のことを疑ってるけど斉藤を殺したことにすればごまかせるか。

竜一と竜二は喧嘩をするけど、兄弟は離れられない!?

茉有子は源平に何を伝えるつもりだろ、来週が気になってしょうがない(^_^)☆

まとめ

ドラマ『竜の道』第5話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

竜一は、晃を使って源平を追い出すクーデター計画を進めていくが、自分の復讐計画が美佐や周りの人間を巻き込んでいくことに内心苦しんでいた。

さらに、憎しみに耐えながら源平と良好な関係を築こうとする竜二を気の毒に思い、竜二に対して「ある提案」を持ちかけていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎