ドラマ『竜の道』2話ネタバレあらすじ 竜一と竜二の次なる一手

玉木宏&高橋一生主演のドラマ『竜の道』第2話のネタバレあらすじ と感想をまとめてみた。

キリシマ急便の得意先企業の炎上騒動に乗じて、経営コンサルタントとして源平に近づこうとする竜一だった。

しかし、ある人物に竜二との会話を聞かれ、源平への復讐計画を知られてしまい…。

ドラマ『竜の道』第2話のあらすじ

キリシマ急便の得意先企業の炎上騒動に乗じて、経営コンサルタントとして源平に近づこうとする竜一(玉木宏)。

しかし、ある人物に竜二(高橋一生)との会話を聞かれ、源平(遠藤憲一)への復讐計画を知られてしまう。

このままでは、すべての計画が台無しに……。もはや一刻の猶予もないと悟った2人は、父・源平の強引なやり方に反発する跡取り息子の晃(細田善彦)を利用し、次の手を打つことにする。

そんななか、竜二に会うためにホテルを訪れた竜一は、そこで偶然、上京が決まった妹の美佐(松本穂香)と再会。

美佐は竜二から知人だと紹介された竜一が、まさか死んだはずのもう一人の兄だとは知るよしもない。

そんな妹の成長した姿を初めて目の当たりにした竜一は……。

その後、キリシマ急便のパーティーに参加した竜一は、竜二のアシストで晃に近づくことに成功。

源平の元にも何食わぬ顔で挨拶に行くが、そこへ、兄弟の秘密を知る人物が現れて……。

(出典: 『竜の道』第2話あらすじ )

ドラマ『竜の道』第2話のネタバレ

トッキービーンズの社長と砂川がUDコーポレーションにやってきて対策を話し合う。

SNSの誹謗中傷の削除と消費者の謝罪を徹底するように話す。

砂川が消費者に謝って回った動画を見せて心からの謝罪の様子を見せた方が効果的だと竜一は告げる。

動画を投稿したら、世間の反応が少しずつ変わりいつしかトッキービーンズを応援するようになった。

砂川はSNSの応援コメントを見て1人涙を流していた。

一方、源平は凄腕経営コンサルタントの和田猛の噂を聞き興味を持つ。

竜二は佐々木萌花というアイドルにトッキービーンズの商品を紹介させてトッキービーンズの株価が上がりはじめた。

竜二から東京に来ることを聞いた竜一は美佐を東京に来させるなと反対した。

竜二は2人の復讐計画だ、竜一のやったことは俺が背負うと話していた。

とその時、誰かがいる気配がして竜一と竜二は驚いた。

2人の話を聞いていたのは砂川で彼は2人に見つかり逃走した。

竜一と竜二は砂川が自分たちの正体を源平に話すのではないかと不安に思っていた。

竜一が砂川を見張っていたが彼は会社には来ていない。

源平の息子の晃はキリシマ急便の新サービスに反対していた。

源平に話を聞いてもらえない晃はイラついていた。

竜一は竜二との待ち合わせのホテルにやってきて目の前に美佐が現れる。

竜二が竜一と美佐に声をかけて竜二はとっさに嘘をついた。

竜二はこんな形で会わせたくなかったと竜一に謝る。

美佐と竜二が2人で話をして美佐の姿を遠くで見ている竜一。

竜一はトッキービーンズと正式に契約を結ぶことになったが砂川の姿が見えない。

キリシマ急便のパーティーで竜一は晃に挨拶をした。

キリシマ急便の苦情がUDコーポレーションにも来ていた。

竜二は竜一を信頼できる経営コンサルだと話す。

キリシマ急便との契約を結ばせようとしている竜一。

まゆみは竜二と名刺交換して、元部下の大河内とパーティーで会った竜二。

竜一は源平に名刺を渡してトッキービーンズを業績回復させたと話す。

まるで最初からキリシマ急便をターゲットにしているのではないかと源平は竜一に言う。

竜一はうちの会社は無名でキリシマ急便のような大企業と接触するには戦略が必要だと話す。

その時、砂川が源平の前に現れて何か言おうとした。

竜二は砂川を退席させようとして、源平は何か行ってから出ていってほしいと告げる。

砂川は竜二に世話になったお礼を言い、退席した。

男子トイレに砂川を連れてきた竜一と竜二は砂川からUDコーポレーションに入れてほしいと言われる。

竜一が仕込んだ盗聴器とGPSを凜子の手によって追跡させる。

美佐はUDコーポレーションにやってきて竜一が拾ったノートを取りに来た。

東京にやってきたのはいつか来たいと思っていたからで兄の邪魔にならないように生活したいと話す。

上にも兄がいて竜一のように遠慮なく話す人だと言うと、兄とは全然似ていないと竜一は告げる。

美佐が帰った後、竜一は今までの記憶が頭をよぎる。

自宅でまゆみは政略結婚でもいいけど結婚相手は自分で決めると宣言する。

地べたを這いずりまわってもトップを獲らなければ意味がないと源平は晃に語った。

竜二は美佐の引っ越しの手伝いをしていて、家族の写真を見て昔のことを思い出す。

美佐は竜一と会ったことを話して、兄に似ていたから兄のことを話すと気を悪くしたと言う。

一方、砂川は源平の行きつけであるクラブに向かっているのをGPSで確認する凜子。

砂川はクラブに来て源平を待っていたが竜一がクラブに現れる。

砂川にナイフを突きつけて砂川を尋問する。

砂川の話では裏切ろうとしたわけではなく源平の弱みを探ろうとしていたということだ。

源平は新サービスに向けてトラックを増やせと幹部に詰めていて、困った幹部は国交省の大河内に泣きついた。

大河内に便宜をはかってトラックを増やそうとしたのではと竜二は竜一に話す。

竜二は大河内が国交省を出ていくのを見計らって倉庫にやってきて資料を探していた。

竜一は泥水すすって日の当たらない場所で生きているだけだと砂川に語る。

竜二は竜一に国交省に提出した届出書を見せる。

その届出書にはキリシマ急便の管理責任者のリストが載っていて、その名前がすでに亡くなっているかキリシマ急便を辞めた人間の名前が書かれていた。

この届出書を見て竜二はキリシマ急便が運行管理者の水増しをしていたことが明らかになりこれはキリシマ急便の違反行為を示す決定的な証拠だった。

竜一は晃に運行管理者の水増しをしていた事実を伝えて晃が調べても結果は同じだった。

クレームが増えるのはこのせいではないかと竜一は晃に言い晃に会社のために正しい判断をしてほしいと告げる。

晃はこのままだと重大な事故につながると源平に報告して新サービスをとりやめるように要求した。

やめないようならこの件を報告すると晃は源平に言い源平は自分の負けを認める。

晃は竜一と会って新サービスが一旦中止になったことを報告してキリシマ急便の経営コンサルをお願いした。

一方、源平はまゆみの見合い相手を突然変えると言いだして、有力政治家の息子で国交省に勤める三栗谷仁志を婿養子として迎え彼を跡取りにすると秘書の大友に話す。

竜一は凛子と砂川に晃はいずれ源平に切られると話し、すでに手は打ってあると告げる。

その頃、竜二はまゆみに接近して将来の話をしようと告げる。

ドラマ『竜の道』第2話の感想

竜一はトッキービーンズの信頼回復に成功してトッキービーンズの株価が上がる。

トッキービーンズの業績を回復させた竜一の噂は源平の耳にも届く。

竜一と竜二の作戦はうまくいってるな、こういう場合悪いことも起きる…。

竜一は美佐と会い、竜二に紹介されて初めて大きくなった美佐を認識した。

美佐が大きくなった姿を見て竜一は感動の再会…とまではいかなかったか!

源平に近づいた竜一は源平に経営コンサルの契約を結びたいと話す。

砂川は竜二と竜一と一緒に復讐をしたいと言ってたけど、どうも信用できないな…。

竜一は美佐と会って美佐が知っている兄とは全然違うと話す。

本当は美佐に自分が兄だと言いたくてたまらない、でもあの頃とは違うから言うに言い出せなくなってる。

まゆみ(松本まりか)のやさぐれてる感じがいい💕

彼女は源平のこと毛嫌いしてるけど、ホストに結婚しようと言われていた時、黄昏た顔をしたのはなんで?

少しずつ源平を追い詰める材料がそろってきたな!

まとめ

ドラマ『竜の道』第2話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

美佐は竜二から知人だと紹介された竜一が、まさか死んだはずのもう一人の兄だとは知るよしもなかった。

そんな妹の成長した姿を初めて目の当たりにした竜一。

その後、キリシマ急便のパーティーに参加した竜一は、竜二のアシストで晃に近づくことに成功する。

源平の元にも何食わぬ顔で挨拶に行くが、そこへ、兄弟の秘密を知る人物が現れた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎