ドラマ『竜の道』1話ネタバレあらすじ 双子の兄弟の壮絶な復讐劇

玉木宏主演のドラマ『竜の道』第1話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

双子の兄弟が、家族を奪った大企業に立ち向かう姿を描いた復讐に燃える本格サスペンス。

コインの裏表のような、立場が正反対の双子による波乱万丈の復讐劇が幕をあげるーー!?

ドラマ『竜の道』第1話のあらすじ

1997年、福岡。

幼いころに実の両親に捨てられ、小さな運送会社を営む吉江夫妻の養子として引き取られた双子の竜一(少年時代:阪本光希)と竜二(少年時代:阪本颯希)は、夫妻の実の娘である5歳の妹・美佐(幼少期:宮地美然)と仲良く暮らしていた。

しかし、全国への事業拡大を企むキリシマ急便の社長・霧島源平(遠藤憲一)の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた養父母は自殺。

養父母が源平に追い詰められる姿を間近で見ていた竜一と竜二は、霧島への復讐(ふくしゅう)を誓い合う。

それから7年後の2004年。22歳の竜一は、たばこの不始末による火事で突然帰らぬ人となってしまう。

ところが、その数カ月後、竜二(高橋一生)の前に現れたのは、顔も名前も違う竜一を名乗る男(玉木宏)だった……。

竜一は裏社会の人間として、竜二は国土交通省のエリート官僚として、霧島源平やキリシマ急便の周辺の情報を探っていく。

成長した美佐(松本穂香)にも本当のことを告げず、復讐(ふくしゅう)計画を進めていく二人は、ついにキリシマ急便の不祥事のネタをつかむが……。

(出典:ドラマ『竜の道』公式ホームページ第1話あらすじ

ドラマ『竜の道』第1話のネタバレ

裏社会に生きる矢端竜一は双子の弟の竜二を殴り頭に拳銃を向けていた。

「お前だけにはずっと笑っていて欲しかったんだ…」と竜一は心の中で呟き、拳銃の引き金を引く…。

2012年、竜一は裏社会でヤクザと大企業をゆするためのネタを探していた。

金を握らせている記者からネタを受け取り、キリシマ急便の会見の映像を見る。

竜一は車の中からキリシマ急便の社長・霧島源平を睨んでいた。

一方、国土交通省の官僚になったエリートの竜二は上司からも期待されていた。

竜一と竜二の復讐計画

竜二はとあるホテルで竜一と密会して竜一は竜二に裏情報を渡す。

キリシマ急便は一度でも違反をすれば追い詰められると竜二は話す。

源平は運送会社を買収して乗っ取り全国制覇を企んでいた。

計画が妹の吉江美佐にバレることを警戒していた竜一。

美佐は働きながら大学の勉強を一生懸命やっていた。

竜一は竜二と別れ、1997年のことを思い出していた。

1997年の福岡、運送会社を営む吉江夫妻の養子になった竜一と竜二はガスで心中をはかった両親の遺体を発見する。

美佐は母親の妹に預けられていたがいつのまにか家に帰ってきていて巻き添えを食った。

竜一と竜二はキリシマ急便が両親の運送会社を悪質な手口で乗っ取ったと警察に伝えるが警察では源平を逮捕できなかった。

竜一は怒りで源平の写真を力一杯握りしめる。

家に帰ってきた源平だが愛想のない態度で妻の芙有子に上着を渡した。

源平の長女のまゆみは源平を軽蔑して、源平は愛人とTAXIに乗る。

竜一は源平を尾行していて情報を集めていた。

学生時代に、竜一はナイフで源平を殺そうとしたがボディガードに阻まれて源平は去り際に両親のことを負け犬と罵った。

竜一は金を運ぶ運転手を任されたが、仲間の裏切りで殴られて怪我を負いながらも何とか金を守る。

巨大ヤクザ組織の会長である曽根村始に謝礼を渡されたが竜一はヤクザの幹部になるつもりはなくヤクザを使う側の人間になりたいと話す。

曽根村は竜一のことを気に入り竜一に酒を汲み竜一はそれを飲んだ。

竜二と美佐は両親の墓参りに来て3人で撮った写真を見て美佐は竜一が亡くなったと今でも思っていた。

8年前、竜一は美佐と竜二を見送りその後、家が火事になった。

竜二は警察署にやってきて竜一の遺体の身元確認をした。

遺体は顔が判別できないほど損傷が激しく身元を確認するのは困難だった。

美佐は竜一の遺体の前で泣き竜二は美佐に寄り添う。

2ヶ月後、竜二の前に整形した竜一が現れて今の名前は斎藤一成だと話す。

自殺願望者を集めたサイトで斎藤一成なる人物を見つけて家に連れ込んだ。

練炭で気絶させた斎藤に酒をかけて火をつけて彼を殺害する。

その後、竜一は斎藤一成の戸籍を奪い整形をして別人になった。

源平は両親の運送会社を乗っ取り力ずくで奪っていき社員も次々と辞めていった。

追い詰められた両親はガスで自殺をして竜一と竜二は母親の遺書を読んでその日から復讐を誓ったのだ。

美佐からも両親を奪った源平が憎いと竜一は竜二に話し、竜一のしたことは自分も背負うと竜一を抱きしめながら話す。

竜一はキリシマ急便の運転手が過労死でしたとの情報を掴み竜二は過労死を立証できればキリシマ急便をぶっ潰せると告げる。

ついに計画実行、しかし…

運転手の遺族に会った竜二はキリシマ急便にもみ消されたことを知り遺族を説得して証拠をつかむ。

上司にキリシマ急便に監査を入れたほうがいいと提案して上司を買収して監査が入ることになった。

しかし、遺族はキリシマ急便に国交省の監査が入ることを密告しようとした。

竜一が遺族と会って弁護料を渡して過重労働に強い弁護士を雇うように言った。

竜二はキリシマ急便を監査して過重労働の証拠を集める。

従業員の証言も取れてキリシマ急便をぶっ潰せるかと思った。

ところが、結果は短期間の業務停止という軽い処分だった。

竜一が調べると、源平が国交省の大臣に賄賂を渡して過重労働の証拠をもみ消した。

竜二の上司にこのことを話して大臣と源平が繋がっていると証言させた。

だが、曽根村に捕まり源平と国交省大臣が癒着している証拠を奪われてしまう。

曽根村は竜一が銃を持った手下を倒して竜一に興味を持ち竜一のことを調べさせていた。

斎藤一成が偽名だということも曽根村にバレてしまい、そんな時に竜二からの電話が鳴る。

竜一は自分の両親がキリシマ急便のせいで死んだと曽根村に打ち明ける。

源平は両親を虫けらのように捨てて源平を恨み竜一は源平の復讐を誓った。

その話を聞いた曽根村は復讐するには力も金も足りないと竜一に言い、街のゴミ捨て場に投げ出される。

竜一は上司の家に行き興奮した上司は発作を起こす。

上司の金庫にあった10億のことを思い出して上司を殺して金庫の鍵を奪う。

事務所にやってきた竜一は金庫を開けて金庫にあった10億を目にする。

この金で竜一はもう一度生まれ変わると決意した。

生まれ変わった竜一

8年後、竜一は「UDコーポレーション」という会社の社長になり今度こそ源平を破滅させると決意する。

ブラジルから日本に帰国した竜一は社員の遠山凜子にもう少し取引先に愛想良くしたらどうだと注意する。

「トッキービーンズ」のクレーム処理の仕事を請け負おうとしたが危機管理の部署があるからと断られる。

一方、竜二はキリシマ急便を直接管理部署に配属される。

源平の息子の晃は跡継ぎになる為に本社所属になり娘のまゆみはフードコンサルタント。

トッキービーンズからキリシマ急便と直接取引をしてキリシマ急便を破滅させると竜一は話す。

竜一はITのプロである凜子が金の為ならどんなことでもすると竜二に告げる。

ある日、トッキービーンズの商品に虫が混入されていたとSNSで書き込みがありそれが一気に拡散される。

業績は落ち込み、さらにハッキングで会社の個人情報が盗まれてしまう。

ハッキングしたのは凜子で竜一は引き続きトッキービーンズの動きを見張るよう命じる。

トッキービーンズの株価は暴落して砂川は社長に誠意を見せた方がいいと言うが社長は砂川が何とかしろと怒鳴る。

トッキービーンズを訪れた竜一は砂川に社長を説得して会社側が誠実な対応を見せなければダメだとアドバイスする。

曽根村のもとにやってきた竜一はそこで源平を目撃してとっさに隠れる。

竜一は曽根村に会って曽根村は竜一の復讐劇を楽しみにしていると話す。

経済界に顔が利く曽根村を源平の方から頼ってきた。

ブラジルでほとぼりが冷めるまで滞在したのは竜一が上司を殺したからではないかと話す。

竜二と会った竜一は美佐に死んだと思われたままでいいのかと告げられる。

昔、竜一は両親が亡くなって寂しがっていた美佐を励ましていた。

源平のやり方に晃は不満を抱いていて竜二にキリシマ急便のことを相談した。

キリシマ急便のことを晃からいろいろ聞き出した竜二。

悪夢にうなされた竜一は夜道を歩いていると花火があがっているのが見えた。

竜一が花火を眺めているそばで偶然美佐もそばに来て花火を眺めていた。

竜一と美佐は花火を見て昔のことを思い出していた。

思わず涙を流した竜一に美佐はハンカチを渡して、竜二を探しに駆け出していった。

美佐はうっかりノートを落としてしまい竜一がそれを拾った。

会社に戻った竜一が美佐のノートを眺めていると、社長室に凜子が入ってきた。

凜子はブラジルから帰ってきての最初のターゲットがトッキービーンズではあまりにも小物すぎると言い、他に何か狙いがあるんじゃないかと竜一に話すのだったーー。

ドラマ『竜の道』第1話の感想

キリシマ急便の社長・霧島源平に両親を自殺に追いやられて殺されてしまい竜一と竜二は両親の復讐を誓う。

源平が絵に描いたようなクズで驚いた。

まゆみ役の松本まりかのやさぐれてる感じが好きだな💓

竜一は源平に復讐する為に斎藤一成を殺して別人として生きる決意をした。

復讐する為にそこまでするなんて憎しみとはいかに恐ろしいものかo(`ω´ )o

竜二が竜一を抱きしめるシーンは兄弟の絆を感じていいな♫

曽根村の言うことも間違いじゃない、キリシマ急便をつぶすには力が足りない…。

UDコーポレーションの社長になった竜一はキリシマ急便を破滅させる為、キリシマ急便の得意先であるトッキービーンズに近づく。

トッキービーンズを追い詰めることに成功した竜一と竜二だけど二人の前に次々と問題が…。

二人の復讐劇に影を落とす事態が次々と発生して大丈夫なのか?

凜子に復讐計画がバレそうになってるけど、竜一はどう誤魔化す⁉️

まとめ

ドラマ『竜の道』第1話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

竜一は裏社会の人間として、竜二は国土交通省のエリート官僚として、霧島源平やキリシマ急便の周辺の情報を捜索する。

成長した美佐にも本当のことを告げず、復讐計画を進めていく二人は、ついにキリシマ急便の不祥事のネタをつかむ。

しかし、竜一の復讐計画が凜子にバレそうになり竜一は内心慌てていた。

勘の鋭い凜子だから復讐計画のことがバレそうだ…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎