シャーロックアントールドストーリーズ 第10話あらすじ&感想

はじめに

『シャーロックアントールドストーリーズ』第10話では、鵜飼都知事の息子の椋介が何者かに誘拐されて獅子雄は江藤に頼まれて好奇心のために捜査を開始します。

獅子雄は若宮と捜査を進めるうちにバスケ部の灰田が怪しいとにらむ江藤と若宮だったが獅子雄は守谷が鵜飼と通じていることを突き止めて守谷の正体を突き止めるために鵜飼に近づく。

果たして獅子雄たちは椋介を見つけることはできるのか?

キャスト&スタッフ

原作:アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズシリーズ』
脚本:井上由美子
音楽:菅野祐悟
主題歌:DEAN FUJIOKA「Shelly」(A-Sketch)
オープニングテーマ:DEAN FUJIOKA「Seaching For The Ghost」(A-Sketch)
プロデュース:太田大
演出:西谷弘、野田悠介、永山耕三
出演者:ディーン・フジオカ、岩田剛典、山田真歩、ゆうたろう、佐々木蔵之介

第10話あらすじ

とあるバスケ部で、連帯責任で腕立て伏せをやらされていた。

鵜飼都知事の記者会見があり不倫のことについて記者に詰問されていた。

鵜飼が会見を終えると息子が誘拐されたと秘書に聞き身代金として1億を用意しろと犯人からの要求があった。

江藤は都知事の息子の誘拐事件を捜査してほしいと獅子雄に頭を下げて頼んだ。

獅子雄は捜査を引き受けて若宮は獅子雄に相棒なんて呼ばれたくないと愚痴をこぼした。

獅子雄、都知事の息子の捜査開始

獅子雄たちは聖ルーク高等学校に行きオリンピック選手も輩出した進学校だと江藤は話して、獅子雄は椋介のいた学生寮に行きそこには同じ部屋で椋介と同じバスケットボール部の竹内がいた。

竹内は夜の11時ごろまでは椋介は部屋にいたがその後は竹内も眠ってしまってわからないと証言する。

江藤と若宮は椋介と犯人が顔見知りか椋介が自分で部屋を出て行ったと推理するが、獅子雄は裏口には誰も通った形跡がないことは確認済みだった。

事務室で正門の防犯カメラを確認すると、椋介が出ていく姿が映っていた。

そして、獅子雄たちはバスケ部のコーチの灰田聡に話を聞きに行く。

若宮がバスケ部の練習を見ていて灰田の指導はパワハラに該当すると怒っていた。

獅子雄はバスケ部の生徒たちに灰田のことを聞いて、灰田は椋介に強くあたっていたが都知事に言われてそれからは椋介へのパワハラは減ったが代わりに他の部員へのパワハラがひどくなったと部員は話した。

獅子雄たちは次に都知事の鵜飼に会いに行き、都知事の部屋に灰田が来て全ては私の監督不行届ですと言って頭を下げた。

獅子雄は鵜飼と第二秘書の津崎洋平の不審な会話を聞いていた。

鵜飼は江藤に黙って自分の息子が誘拐されたとマスコミの前で会見を開いた。

犯人からの指示があり金を持って黒ずくめの男を探せという指示に鵜飼は従い男を探したが結局見つからなかった。

若宮は獅子雄に週刊誌を見せて鵜飼とサットンの安蘭が繋がっていると話した。

これが誘拐事件を捜査しようとした動機で鵜飼を追えば守谷にたどり着くと考えているのかと若宮は獅子雄に聞いた。

獅子雄は守谷が今回も何度位を投げかけていると若宮に自分の考えを話した。

若宮は守谷のことは自分に任せてほしいと話して若宮は獅子雄にピッキングのやり方を教わった。

若宮は灰田の部屋にピッキングで忍び込み、パソコンの動画にはバスケ部の部員を苦しめている姿が映っていた。

若宮は灰田が椋介を誘拐したと獅子雄に話して彼は若宮を返して推理をめぐらした。

その夜、竹内と津崎はこっそり会い、津崎は竹内に金と都大会行きの切符を渡して竹内に椋介の居場所を聞いたが竹内は椋介の居場所は知らなかった。

津崎の計画では、竹内が椋介を連れ出す計画だったが計画が狂った。

そこに獅子雄がサンタの姿で現れて獅子雄は自分の推理を話し始める。

津崎は鵜飼が愛人とできた子供で、自分が長男で政治家を継ぐはずだったのに世間は公式に認められている椋介をもてはやして嫉妬していた。

竹内も椋介を嫉妬していて津崎は竹内にシンパシーを感じて計画を持ちかけた。

誘拐事件の真実は?

獅子雄は椋介の学生寮の部屋に行き、煙をたいて天井から椋介が出てきた。

椋介は狂言誘拐をしていて自分で自分を誘拐した!

椋介は一旦学生寮を出て、その後野球部になりすまして寮に入り部屋に戻って天井に登り自分が誘拐されたかのように仕向けた。

椋介は灰田と父親の鵜飼のことが憎かったと話し、鵜飼は灰田に息子へのパワハラをやめるように言って解決させてそれからは灰田からのパワハラは無くなった。

しかし、他の部員たちへのパワハラは強くなって椋介はチームからは浮いた存在になり椋介は灰田と父親を憎んだ。

椋介は竹内のスマホに来た津崎からのメールで誘拐計画のことを知りその計画に合わせて狂言誘拐を実行した。

椋介は警察に連行されて獅子雄たちに頭を下げた。

獅子雄と若宮は鵜飼のオフィスに行き、津崎に息子を誘拐させるように「マジシャンズセレクト」をしたと鵜飼に話す。

獅子雄は鵜飼に市川利枝子が逃亡したというニュースを見せた。

江藤と小暮は市川逃亡事件の捜査本部に加わり、江藤は夜に川沿いに立ち「君が代」を一人で歌っていた。

感想

獅子雄は守谷の正体を突き止めるために鵜飼都知事の息子の椋介を捜索しますが実は誘拐事件は椋介の自作自演だということがわかった。

獅子雄は自分の好奇心を満たすためならどんなことでもして、時には若宮と江藤を振り回しながら事件に首を突っ込み危ないことをする。

若宮は今回獅子雄の身の危険を感じて自分一人で事件を解決しようとします。

いつもは獅子雄に振り回されて嫌気がさしている若宮ですが、彼なりに獅子雄のことを心配していることがわかるシーンで僕は二人の絆を感じました。

まとめ

いかがでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『シャーロックアントールドストーリーズ』を好きになってくれたら嬉しいです。

さて、いよいよ次回は最終回ですね、果たして守谷の正体は何なのかすべての謎が明らかになるはずです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする