探偵が早すぎる第7話あらすじ&感想 一華、城之内の妹と会う!

はじめに

『探偵が早すぎる』第7話では、一華は千曲川に対して怒っていて、一華は城之内の妹が狙われているということで妹の早苗と行動を共にします。

一華を始末する今回の刺客は大陀羅舞輝斗という男で彼は液体窒素を使って一華を始末しようとします。

果たして千曲川は一華を守りきることはできるのか?

はじめに 『探偵が早すぎる』第6話では、千曲川が朱鳥たちに狙われて誘拐されて拷問されて一華を守る者がいなくなってしまい一華は城...

キャスト&スタッフ

原作:井上真偽『探偵が早すぎる』
脚本:宇田学、藤平久子
監督:湯浅弘章、瑠東東一郎、本田隆一
出演者:滝藤賢一(千曲川光)、広瀬アリス(十川一華)、水野真紀(橋田政子)
チーフ・プロデューサー:前田和成(読売テレビ)
プロデューサー:中山喬詞、白石裕菜、河野美里
制作:読売テレビ
主題歌:edda「フラワーステップ」

第7話あらすじ

一華は歩道橋で城之内のことを考えていて城之内が自分を殺そうとしていることを知り複雑な思いにかられた。

一華はもどかしくなり思わず道路に向かって叫び始めた。

すると千曲川が一華の横でびっくりしていた。

一華が「あなたの顔は二度と見たくないと伝えたはずだけど?」と千曲川に言った。

千曲川はなぜクビにするんだと一華に聞き自分の胸に手を当てて聞いてみればと怒っていた。

病室で意識不明の城之内、橋田は城之内が意識不明になったのは千曲川のせいじゃなく城之内の意思だと一華に説明した。

一華はすべては5兆円ののせいだと言って相続を放棄しようとしていた。

大陀羅舞輝斗登場

大陀羅亜騰蛇の弟の大陀羅舞輝斗が亜騰蛇の部屋に来て亜騰蛇は朱鳥が一華のボーイフレンドを雇って殺そうとしたと伝えた。

それを聞いて朱鳥のやり方はえげつないと言い舞輝斗は昔から朱鳥のことが嫌いだった。

朱鳥は舞輝斗のことを見下していて、壬流古と麻百合も舞輝斗のことをバカにしていた。

麻百合は亜騰蛇が舞輝斗のことを雇ったと話して朱鳥はおのバカのことは放っておきなさいと麻百合に言いつけた。

朱鳥は壬流古が動けない今頼りになるのは麻百合だけだと話した。

亜騰蛇は舞輝斗のことを天才だと褒めて舞輝斗は人知れず他人を巻き込まない完璧な方法。

「密室殺人」の計画があると亜騰蛇に得意げに話して僕に頼んだこと後悔させないよと言って2人は笑っていた。

橋田は家でカッターナイフの刃を出して考え事をしていた。

一華は大学に来ていて未夏と律音は病院にいる城之内のことを話していた。

その時、一華は千曲川を見かけて近づくなと言ったはずだけどと怒っていた。

千曲川は食堂でタダで飲める水を飲むのを止める権利が君にあるのかと反論していた。

ある男が一華の家に来てレンガをどかして水道管まで穴を掘りカッターで水道管を切って水を出した。

一華は千曲川に後をつけられて迷惑していた。

千曲川は雇い主の橋田にクビにする意思はないと伝えてほしいと橋田に言って橋田はクビにする気はないとはっきり言った。

千曲川は水が飲みたいと言って蛇口を捻り水を飲むと水が濁っていてまずいと一華たちにいった。

橋田は濁った水のお風呂に浸かるわけにはいかないと一華と銭湯に向かった。

橋田、千曲川の過去を話す

一華は城之内が自分の命を狙っていたと知っていたなら私に教えてくれたらと後悔の言葉を橋田に話す。

一華が千曲川はただトリック返しを楽しんでいるだけだと言うと橋田は千曲川の過去について話し始める。

千曲川が最速の探偵になったのはある事件を担当していてその事件の証人が突然不審な死を遂げた。

その時千曲川は心の中である言葉を繰り返した。

「もう少しだった、もう少し自分が早ければ、早く動いてさえいれば」と。

その時から千曲川は今のスタイルになって事件の全容をつかむために相手を泳がせて秘密裏に動いてそのトリックを見破り事件が起きる前に事件を防ぐ。

「早すぎる探偵」、千曲川が最終段階で相手を追い込むのはそこで初めて動かぬ証拠と動機が炙り出されるからだと話す。

決してトリック返しを楽しんでいるわけじゃないと説明するが一華は千曲川の過去は私には関係ないと言い放った。

千曲川は行きつけのバーに来ていてバーテンダーに水を渡されて飲んでいた。

一方、大陀羅舞輝斗は亜騰蛇の部屋で液体窒素を眺めていて舞輝斗は不適な笑みを浮かべていた。

一華、城之内の妹に会う

城之内の病室を訪れた一華に何者かが後をついてきて、一華が振り向くと何者かは姿を消した。

一華が城之内の病室に妹の早苗が兄の手をつかんで寝ていた。

一華と早苗は一緒に食事をして早苗が大陀羅グループに関わっていたと一華に話す。

城之内は大陀羅グループが主催する奨学金プログラムで早苗の学費を払ってくれていることになっていた。

しかし、早苗がネットで調べたがそんな奨学金制度はなかった。

早苗は兄の事故と大陀羅グループは関係があるんじゃないかと自分の考えを一華に話した。

一華たちの席に突然千曲川が現れて生姜焼きを頼んだ。

早苗が千曲川と一華に仲がいいですねと話し一華は全力で否定していた。

一方、麻百合は朱鳥に一華を殺すある計画を話していた。

一華と千曲川は早苗と別れて早苗は謎の女に襲われていた。

一華たちは早苗のところに駆けつけて一華は早苗を守るように千曲川に指示するが千曲川は断った。

そうすると一華は早苗をそばに置くことに決めた。

舞輝斗は亜騰蛇に計画は順調に進んでいると電話で報告して亜騰蛇は不適に笑っていた。

舞輝斗、一華殺害計画開始!

一華は家に早苗を招き入れて家には水道局の職員に扮した大陀羅舞輝斗がいた。

橋田は舞輝斗から近所で水道官の破裂があったから点検にきたと聞いていた。

舞輝斗は点検のために水を止めると伝えて一華たちは仕方なくサンドイッチを夕食にした。

舞輝斗は庭に液体窒素を持ってきて、舞輝斗は亜騰蛇に液体窒素は爆弾になると自分の計画を話していた。

舞輝斗は庭の水道官を掘り起こして水道管を容器で囲った。

そして舞輝斗はその容器に液体窒素を流し込んで容器を密閉させて大爆発を起こそうとしていた。

橋田はドリンクとマヨネーズを買いにスーパーに向かった。

舞輝斗が仕掛けを完了したその時、千曲川が突然彼の前に現れた。

千曲川の推理

千曲川はこの家に来た時に自分で水道の蛇口を捻った時に空気が混じっていることに気がついた。

一般的に水道工事で入った空気が集まり蛇口から出たと考えるのが普通だがこの数週間近所で水道工事をした記録はなかったと話す。

しかし、確かに水道の水は濁っていてこの家の屋外の水道管が破損したと考えて水道局の人間が修理に訪れると予測できる。

家の前に水道局の車が止まっていて、千曲川は舞輝斗に水道局の人間かと聞いた。

舞輝斗が見ればわかるだろうと答えると千曲川がやはり君はミスを犯したわけだと言う。

水道工事とは地面から水道メーターからまでが水道局の管轄。

そして、水道メーターから屋内にある水道の蛇口までが水道工事会社の管轄だと舞輝斗に説明する。

だから水道局の人間が管轄外である屋内の家に上がり込むことなど普通ではありえないと千曲川は話す。

舞輝斗は事前にこの家を訪れて水道管を故意に壊して水道局員になりすましてこの家に工事のための道具を運び込んだ。

その道具が液体窒素だと千曲川は舞輝斗に語る。

工事をするためには水を止める必要があり窒素で水道官を凍結させる。

その凍結工法は主に集合住宅など一部の水道を止めるのに持ち入れられる。

こんな一般家庭でしかもそこにバルブがあるというのになぜ凍結工法をもちいる必要があるのかと舞輝斗にからかうように言った。

さらに千曲川は、舞輝斗が液体窒素を容器に入れて密閉したと言い、千曲川はこう話す。

液体窒素は-196℃で沸騰して気体になり液体が気体になると液体窒素の場合役700倍に膨張する。

故に、液体窒素が貯まった容器を密閉すると、窒素ガスが行き場を失って圧縮されてとんでもない高圧になって大爆発を起こすと説明する。

千曲川は舞輝斗に水道工事の事故に見せかけてようとした手の内をすべて先読みされての冷や汗か。

それとももうすぐ爆発が迫って焦っているのかと問いかけた。

千曲川のトリック返し(舞輝斗)

千曲川は容器の蓋を開ければ大爆発は防げると話し舞輝斗は力づくで止めた。

舞輝斗は急いで車に逃げ込んで爆発を待った。

舞輝斗はいつまでも爆発しないのを不思議に思っていた。

千曲川は「神のものは神に、カエサルのものはカエサルに、トリック返し」と決め台詞。

舞輝斗が後ろを振り返るといつのまにか液体窒素が仕掛けられていて車は爆発して一華と早苗は驚いた。

千曲川は事件を未然に防ぎ、液体窒素を入れた容器は千曲川が事前にドリルで穴を開けていた。

亜騰蛇が千曲川という人間は何者かと朱鳥に聞いてこっちが聞きたいくらいよと悪態をついた。

亜騰蛇が城之内が朱鳥のことを話したら何もかも終わりだと話して朱鳥はその前に城之内を消せばいいと笑いながら言った。

亜騰蛇は舞輝斗が言った通り人間じゃないなと朱鳥に言って去っていった。

一華は早苗と銭湯に行って行く途中で早苗は病院からの電話に出て兄が突然いなくなったとの報告を受けた。

一華は家に帰ってきて橋田が寝ていて、一華はふと早苗が襲われていた時のことを思い出していた。

早苗はあの時ある女性に襲われて思わずその女性を引っ掻いたと話していた。

一華が橋田の袖をまくると橋田の腕には引っ掻き傷があり一華は驚いていた。

感想

一華を殺すために大陀羅舞輝斗は液体窒素を容器に密閉して爆弾にして一華を爆死させようとします。

しかし、千曲川がまたしてもトリックを先読みして舞輝斗にトリック返しを繰り出します。

一華は千曲川が城之内のことを知らせなかったことに怒っていて、千曲川は相変わらず一華の周りをうっとしいくらいにウロウロします。

そして、ラストでは橋田の腕には引っ掻き傷があって一華は橋田が早苗を襲ったのではないかと疑います。

このシーンは個人的に好きで橋田がなぜ早苗を襲ったのか気になる最後になっていてドキドキさせられました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『探偵が早すぎる』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『探偵が早すぎる』第8話では、一華は橋田を疑っていて、大陀羅一族に雇われた刺客ではないかと考え始めます。 そし...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする