モトカレマニア 第9話あらすじ&感想 ユリカ、マコチと向き合う!

はじめに

『モトカレマニア』第9話では、ユリカはマコチと喧嘩して山下と会ってマコチが女性とキスしようとしていたと伝えた。

すると、山下がマコチは嘘をつくような人じゃないとユリカに話す。

ユリカはマコチのことを信じるのか、それともこのまま別れてしまうのか?

このドラマのラストの結末がきになるあなたはこの後のあらすじを見てください。

キャスト&スタッフ

原作:瀧波ユカリ
脚本:坪田文
演出:並木道子/相沢秀幸
出演者:新木優子、高良健吾、浜野謙太、¬田中みな実、よしこ(ガンバレルーヤ)、森田甘路、関口メンディー、(EXILE/GENERATIONS)、加藤虎ノ介、大地、大倉空人、井上翔太、趣里、小手伸也、山口紗弥加
音楽:田渕夏美/中村巴奈重
オープニング:安田レイ「アシンメトリー」

第9話あらすじ

ユリカはカフェで山下にマコチが女性にキスしようとしていたと話して山下はマコチさんは嘘がつけない人だとユリカに話す。

マコチはユリカに電話したが出ずにひろ美と話してユリカは怖がりだけどマコチもとマコチに言った。

ユリカは二人の幸せのために別れることに決めた山下と比べたらユリカは自分のことしか考えてないと考えを話す。

山下は向き合おうとしないのは向き合おうとしているからだとユリカを励ました。

それぞれの恋愛

駒込はさくらに幸せにしたいと話したがさくらは奥さんと子供のこと、簡単になかったことにできる?と彼に聞いた。

さくらは家に訪れたユリカを部屋にあげて駒込がさっき来ていたことを話し恋愛ってめんどくさいとユリカに愚痴をこぼした。

桃香はマコチと話をしてマコチの彼女がユリカだと気づいてユリカのところに謝りに行った。

桃香は再婚する元旦那の気をひくためにマコチと一緒の写真をインスタにあげたとユリカに説明した。

ユリカはマコチからのメールを見てユリカは会うかどうか迷っていた。

さくらの家に白井が来てさくらにプロテインを飲ませた。

白井はさくらの小説「がんそば」を読んでいてこのカッコいい主人公みたいなカッコいいこと言えないなとさくらに話した。

山下は加賀に言われたことを考えていてむぎのことを今でも思っていた。

ユリカは部屋でマコチと会って桃香のことは誤解だと言ってマコチに話した。

マコチは全部俺が悪いと謝り桃香に教えてもらった草木染めを見せた。

マコチは一緒に住む家を見に行こうと話したらユリカは私たち本当に一緒に住んでいいのかなとマコチに聞く。

ユリカは考えたいから距離を置こうとマコチに話した。

マコチは嫌がったがユリカが将来のこと、運命と言って勢いで決めたくないとマコチに伝えてマコチも折れて二人は距離を置いた。

ユリカとマコチ、距離を置く

2週間後、ユリカとマコチは離れて暮らして仕事先でもぎこちなかった。

ひろ美は旦那と一緒に部屋を探しに来てユリカは快く迎えた。

おうちサロンをするために独立するとユリカに話して帰りにバーでマコチと喧嘩した話をした。

マコチはご成約おめでとうございますと桃香に言って桃香はこの家を名残惜しそうにしていた。

桃香は元旦那と見た夕日をマコチに見せて恋って難しいですねとお互い話した。

マコチは夕日を見ていたらユリカに会いたくなった。

ユリカはひろ美のおうちサロンの物件を探していた。

ユリカに喧嘩してもまた仲直りすればいいじゃんと励ました。

さくらはいちょうが綺麗な公園を駒込と2人で歩き、彼女は駒込に「がんそば」を全巻プレゼントした。

マコチは山下とバーで飲んでいて、山下が言ったマニアにはなれないという言葉をマコチが言った。

マコチはマニアになって好きなものを全力で追いかけると山下に宣言してこのままでいいのかと山下に聞いた。

「失ってからじゃ遅いこと、俺たちが一番よくわかってるじゃないですか?」とマコチは山下に問いかけた。

クリスマスになり、マコチはユリカと一緒にツリーを見に行く約束を思い出していた。

ユリカはさくらのサイン会に行きさくらはきちんと好きと伝えて区切りをつけたから小説のタイトルに丸をつけたと話した。

さくらはサイン会の帰りに白井と会い、白井はさくらの小説を読んで泣いたと話して大声で「さくらさんのことが好きだー!」と告白して白井はさくらを持ち上げてまわっていた。

山下はむぎに会いに北海道に来ていて山下は仕事を辞めて研究でやり残したことをしたいと話して付き合ってくださいと言った。

むぎはまだ行っていない北海道の名物を2人で見に行こうとと山下に話して2人は抱き合った。

ユリカ、マコチに想いを伝える!

ユリカは山下のメールを見てユリカが好きなものを全力で追いかけていいと言ってくれて励みになったと書いてあった。

ユリカは山下の言葉に背中を押されて彼女はマコチのもとへ走っていった。

ユリカはクリスマスツリーの場所に行くとツリーの明かりはすでに消えていた。

ユリカはマコチに電話してマコチは小さいツリーをユリカのために買ってきてユリカはマコチのことが好きと叫んだ。

ユリカは「マコチマニアはやめられない!」と言いユリカはマコチにキスした。

マコチもユリカにキスをしてこうして2人は結ばれた。

むぎと山下は食べログ会と焼肉を食べて、ユリカとマコチは荷造りが終わって荷物をトラックに積んでいた。

ユリカとマコチは手を繋いで2人で住む家へと歩き出す。

感想

ユリカとマコチは5年前に別れてユリカは別れた後もマコチのことが忘れられずに「モトカレマニア」になってマコチのことを追いかけていました。

ユリカはマコチとまた付き合うことになってユリカは幸せでしたがマコチがももかと一緒のところを目撃してユリカはショックを受けます。

ユリカはマコチのどこが好きか聞かれた時うまく答えられず、結局自分は過去の恋に縛られていただけだったと気づく。

ユリカとマコチはしばらくお互い離れて暮らしますがユリカは山下に励まされてマコチのところに行き二人は見事結ばれます。

僕が好きなシーンはユリカがクリスマスツリーのところに行った時にマコチが小さいツリーを持ってきたシーンです。

マコチのズレた性格がよく現れたシーンで笑ってしまいましたw。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『モトカレマニア』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする