まだ結婚できない男第10話あらすじ&感想 桑野、ついに結婚か?

はじめに

『まだ結婚できない男』第10話では、桑野はまどかと法廷で対決することになりまどかは一人で暮らしたいという桑野に怒りながら自分の考えを話し始めます。

まどかは桑野のことが好きなのかと自問自答して桑野もまどかのことが気になり始めます。

桑野は今度こそ幸せを掴むことはできるのか?

キャスト&スタッフ

脚本:尾崎将也『結婚できない男』『アットホーム・ダッド』『シグナル 長期未解決事件捜査班』
音楽:仲西匡
主題歌:持田香織「まだスイミー」
演出:三宅喜重『結婚できない男』『パーフェクトワールド』『僕のヤバイ妻』・小松隆志『結婚できない男』『美しい隣人』『白い春』・植田尚『結婚できない男』『サキ』『まっすぐな男』『鬼嫁日記』
チーフプロデューサー:安藤和久・東城祐司
プロデューサー:米田孝・伊藤達哉・木曽貴美子

第10話あらすじ

桑野はまどかに内容証明を渡してクライアントは裁判になっても闘うと言っていたと伝えた。

桑野はクライアントが雇った弁護士の法律事務所を訪れてクライアントは妻とは喧嘩もなくそれなりに過ごしてきたが離婚してセカンドライフを歩もうとしているのが我慢ならないんだろうと桑野に言った。

桑野は裁判で証言することになりそれはまどかの耳にも入っていて有希江のカフェで有希江たちに話していた。

桑野は帰りに早紀に会って早紀はどうして人は争うんでしょうかと桑野に聞いた。

桑野は大工の棟梁と仕事をしていて棟梁は息子を連れてきていて息子共々よろしくと桑野に頭を下げた。

桑野は有希江のカフェに来てまどかにいよいよ裁判で直接対決ですねと言ったら別に対決するわけじゃないとまどかは訂正した。

桑野はブーケトスの話をして桑野はまどかにいつものように嫌味を言っていた。

桑野、裁判で証言する

桑野は裁判に証人として出廷して桑野は旦那の趣味のために設計した設計図を拡大して見せて旦那の趣味の鉄道模型を走らせたいと言う願いにこたえて家のあちこちに鉄道模型を走らせるための穴を開けたと話した。

桑野が旦那はインテリア好きの奥さんに遠慮して言えなかったと話し、まどかは一人が寂しくない人なんていませんと桑野に叫んだ。

まどかは裁判で感情的になり反省して席に戻った。

桑野は早紀がパグのおもちの飼い主と映画に行くと言ってタツオとおもちを桑野に預けた。

桑野はまどかに言われたことを思い出して、桑野は設計図を描き直してタツオとおもちが仲良く歩いている姿を見て驚いていた。

まどかは有希江のカフェに来て実家の長野に帰ろうと思っていると話して有希江は桑野さんと喧嘩できるのはまどかさんしかいないとまどかに語った。

桑野はまどかの法律事務所を訪れて桑野はあの夫婦のために夫婦仲良く暮らせる家を設計してまどかに見せた。

まどかは家の設計図を見て素敵だと言い、桑野は夫婦にこの設計図を見せて仲直りするよう説得してほしいと頼んだ。

桑野は家族と中華料理店に行き、ゆみが大学に行って一人で稼げる術を学んで一人で生きていきたいと両親に話して桑野もやっぱり一人がいいと呟いた。

桑野は有希江のカフェに行ってまどかは長野に帰って母親の法律事務所を手伝うことを桑野に告げて桑野はお母さんと仲良くと言い残して帰っていった。

有希江はまどかが長野に帰ることを寂しいと話してこれで桑野さんとまどかさんとの喧嘩も見納めかと呟いた。

まどかはコンビニで桑野に会ってその帰りに誰かが引き止めてくれたら行かずに済むのかなと桑野に行って桑野と別れた。

桑野はマンションに帰って早紀に会い早紀は桑野がいつもと違うことに首を傾げていた。

まどかは墓参りの時に母からの電話に出てまどかは名残惜しそうにしていた。

桑野、まどかを引き止める

桑野は部屋で何やら手紙を書いていて桑野は夜にまどかと会って長野に帰るのはどうかとまどかに言った。

桑野は人間関係を一から構築するのは時間もかかるし東京での人間関係でこのまま言ったほうがいいとまどかに助言した。

東京から長野までは新幹線で1時間だし長野には行かないでほしいとまどかに頼んだ。

まどかは泣いて男性にそう言われるのは嬉しいと桑野に言ってじゃあ今のはリハーサルでこれから本番ですとまどかに言った。

桑野は男性に言われて嬉しいなら二回言われたらもっと嬉しいんじゃないですかとまどかに聞きまどかは怒って帰っていった。

桑野はなんでまどかが怒っているのかわからなかった。

桑野は事務所で仕事をしていてもまどかのことで不機嫌になっていてみんなも心配していた。

まどかも有希江のカフェで心ここに在らずな感じで席に座っていて有希江と早紀は心配していた。

まどかと桑野はコンビニで会って、二人はベンチに座りまどかが結局長野には行かないと決めて母とも仲良くなったと桑野に報告した。

桑野はまどかに映画のチケットを渡してまどかはアクション映画と眉をひそめたが桑野の解説があるなら行きますと桑野に言った。

桑野はあなたがどうしてもというならと嫌味を込めて言って二人は映画を観に歩き出していった。

感想

桑野は一人で暮らしたいというクライアントの願いを聞き入れて趣味を楽しめる一人暮らし用の家を設計します。

しかし、クライアントの奥さんとまどかが真っ向から反論して桑野は一人暮らしがどんなにいいか法廷で語り始めます。

まどかは人は一人が寂しいんですと桑野に自分の気持ちをぶつけてまどかは実家の長野に帰ることを決めます。

僕が好きなシーンは桑野がまどかの長野行きを止めようとするシーンで桑野はまどかを説得して東京に残るように言います。

まどかが涙を流した時に桑野は今のはリハーサルと言って雰囲気を見事にぶち壊しますw。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『まだ結婚できない男』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする