探偵が早すぎる第1話あらすじ&感想 史上最速の探偵・千曲川登場!

はじめに

『探偵が早すぎる』第1話では、一華は父親の大陀羅瑛が残した5兆円の遺産のせいで大陀羅一族に命を狙われることになり彼女の命を守るために史上最速の探偵・千曲川を雇った。

千曲川はトリック返しと言って殺し屋が一華を殺そうとするために仕掛けたトリックを殺し屋にそのまま返すという千曲川のドSっぷりがにじみ出た方法で殺し屋に仕返しをする。

果たして千曲川は一華を守り抜くことができるのか?

キャスト&スタッフ

原作:井上真偽『探偵が早すぎる』
脚本:宇田学、藤平久子
監督:湯浅弘章、瑠東東一郎、本田隆一
出演者:滝藤賢一、広瀬アリス、水野真紀
チーフ・プロデューサー:前田和成(読売テレビ)
プロデューサー:中山喬詞、白石裕菜、河野美里
制作:読売テレビ

第1話あらすじ

ある男が部屋で縛られていてもう一人の男が男にワインを大量に飲ませて「神のものは神に、カエサルのものはカエサルに」と呟いていた。

橋田家では、十川一華が橋田政子にテーブルマナーを教わっていた。

一華は質素な暮らしの中でテーブルマナーを使う機会はないと文句を言っていた。

一華は飛行機事故の記事を見ていて怖いねと橋田に話していて橋田は思いを巡らしていた。

櫻田学院大学で、一華は橋田の文句を言っていたが友人が橋田さんのおかげでドン底から抜け出せたから感謝しなきゃと話をしていた。

一華は大学の帰りで、幼い頃に母親が亡くなったことを思い出していて、橋田が一華を引き取ってくれた。

一華はお金がないと幸せになれないよと独り言を言い、そのとき一華は誰かに突き飛ばされて車に轢かれた。

史上最速の探偵、千曲川登場!

一華は大怪我を負って病院に運ばれてふと母親の夢を見たが橋田に手の甲を摘まれて目が覚めた。

橋田は打ち所が悪ければ死んでいたと話して生きていることが大事だと一華に話す。

一華は飛び出したわけじゃなくて誰かがぶつかってきたと橋田に話して橋田は心当たりがありそうだった。

一方、バーのバーテンダーは男が急性アルコール中毒で運ばれたと言うニュースを見ていてそこに千曲川光がやってきた。

千曲川は「いつもの」とバーテンダーに頼みバーテンダーは手紙と水を渡した。

バーテンダーは半年もツケが溜まっていて商売上がったりだと言って千曲川は皿を洗った。

千曲川は一華の写真と手紙を見ていて「報酬、人を殺す」と物騒なことが書かれていた。

若竹友成は弁当屋で働いていて店長に怒られてバイトの同僚たちからもバカにされていた。

友成は家に帰り娘の若竹知菜が突然大学に行くのをやめると言い出した。

知菜はバイトでどうやって学費を払うのよと友成に言って家を出て行った。

友成は社長も部長も殺したいとホステスに愚痴をこぼしてある毒さえあれば完全犯罪は可能だと話した。

友成は一流大学の薬学部を出ていて毒の知識があってその毒を使えば俺がやったってことはわからないと話した。

友成はあまりの高額の代金に驚いて逃げようとするが店員に止められていたとき、謎の男が友成の代わりに払った。

大陀羅壬流古はある人物を殺してくれと依頼して殺害に成功したら2000万円払うと約束した。

一華は片手で食べるのに苦戦していて橋田に怒られていた。

一方、友成はピンクアラーニャをどうやって盗むか、十川一華にどうやって自然に触れさせるか考えていた。

大陀羅の家では、麻百合と壬流古が言い争っていて大陀羅朱鳥が二人を叱り早く十川一華を仕留めなさいと二人に命令した。

友成はピンクアラーニャを飼っている家に忍び込んでピンクアラーニャを盗んだ。

橋田は病院で千曲川を見かけていて、その夜一華は怪我をしているにも関わらずテーブルマナーを叩き込まれていた。

大学では、一華は城之内がいるとからかわれて振り向いた時に激痛で痛がり友人に無理やり城之内のところに連れてかれて、友成はその様子を見ていた。

一華は城之内が働くコンビニに来ていて一華は車にはねられたと城之内に言い一華は今日も缶バッチのくじを引いていた。

一華は家で毎日300円くださいと頼みが橋田に断られる。

一華に毒蜘蛛が迫る

友成は壬流古に一華を殺す計画を話して、壬流古が一華は金持ちだと友成に言い金さえあれば家族も認めてくれると友成をそそのかした。

友成はリストラされて家族が路頭に迷っていて、ならば毒蜘蛛に噛まれて一夜で命を失う娘がいてもいいでしょと友成に語り壬流古は理不尽な社会に対する復讐だと友成に話す。

一華が一生懸命車椅子を押していると千曲川が彼女の前に現れて千曲川が車椅子を押したが彼は道路を無理やり横切って一華は持っていたジュースをこぼしてしまう。

手はジュースでびしょびしょになり千曲川は「何事も早いほうがいい」と独り言を言って立ち去った。

一華は城之内の働くコンビニに入りくじを引こうとしていた。

コンビニには友成が店員に扮して監視していて壬流古は車の中でピンクアラーニャについて麻百合に説明していた。

ピンクアラーニャは世界でも最強の毒蜘蛛で刺されれば一瞬で毒が回って心臓が止まって死に至ると壬流古は話す。

友成はくじの中に毒蜘蛛を入れてくじを選ぶために中をかき回すと毒蜘蛛は攻撃されたと勘違いしてターゲットを噛むと壬流古は笑いながら計画を話した。

しかし、一華は噛まれてはいなくて彼女は一等が当たって大喜びしていた。

千曲川、推理を話す

友成は毒蜘蛛を襖の中に隠して壬流古からの電話に出て「恥をかかせやがってこの役立たずが!」と罵って電話を切った。

友成は娘からのプレゼントを見つけて中には靴とメッセージカードが入っていた。

友成が靴を取ろうとすると靴の中にいたピンクアラーニャに噛まれて急いで解毒剤を探したが見つからない。

解毒剤はいつの間にか部屋にいた千曲川が持っていた。

千曲川は友成の娘の知菜には父親をねぎらう気持ちは皆無で父親と同じおじさんをたぶらかして稼いだお金で遊び呆けていると話した。

千曲川は大義名分があればなにをやってもいいわけじゃないと友成に叱責して、友成はなぜ一華を狙うとわかったと千曲川に質問する。

千曲川は新聞を見て気づいたと話して彼がピンクアラーニャは夜行性だから日がさしていた窓の方に行くはずはない。

さらに窓の外にはピンクアラーニャが嫌う柑橘系のレモンが庭にあったから外に逃げるとは考えられないと自分の推理を話した。

おそらく、何者かが蜘蛛も持って逃げたんだろうと結論を話した。

友成は部屋を荒らして持ってきた猫を離して猫の仕業に見せかけたんだろうと友成に話す。

それから、千曲川は一華を守るために監視をしている時に一かのいるところに友成の姿を見かけて千曲川は一華を守るために一華の手にレモンの匂いを染み込ませた。

そうすると蜘蛛は柑橘系の匂いを嫌い一華の手から逃げたと友成に言った。

千曲川はトリックをいち早く見抜き事件を未然に防いだと友成に話し、「神のものは神に、カエサルのものはカエサルに、トリック返し」と決め台詞を言った。

友成が毒に耐えられるのは持ってあと3時間だと千曲川は言い娘の知菜は父親に無関心だった。

千曲川は友成を置き去りにして友成は一人娘のことを思っていた。

翌日、一華は洋服に着替えて橋田に連れられて大陀羅家の会合に来ていた。

橋田は大陀羅家の次男でDDRインターナショナル社長の大陀羅瑛が亡くなったという新聞の記事を大陀羅家の前で見せた。

大陀羅瑛の遺書には瑛の遺産は全て御息女である一華に譲ると書かれていると橋田は遺書を見せながら話した。

大陀羅亜謄蛇はそんなことを言うために呼び出したのかと文句を言って、橋田が一華は二度も殺されかけて今後このようなことがないようにご忠告に来た。

橋田は一華と部屋を出て行き、亜謄蛇は朱鳥に「お前の息子は人一人殺せないのか」と怒って朱鳥は一族の中で一番早く一華を殺した者が遺産を総取りできると持ちかけて亜謄蛇は快く了承した。

橋田は大陀羅瑛は一華の母親と結婚しようとしていたが大陀羅家に猛反対されて瑛と母親は別れることになった。

橋田は千曲川のいる部屋に行き一華に千曲川を紹介した。

千曲川は一華の命を助けてくれたと橋田は一華に話して大陀羅瑛の遺産5兆円を早く受け取るように一華に言った。

千曲川は報酬が払われないことに怒っていて、橋田は千曲川を雇う契約書を一華に見せたが一華がサインはしないと頑なでお母さんを不幸にした男の遺産は受け取らないと言って車椅子を押して帰っていった。

橋田は友成のことは殺してないでしょうねと千曲川に聞いて彼は「殺しは私の美学に反する」と答えて千曲川は友成の娘の知菜に「苦しい、助けて」とメールしていた。

友成は病院に運び込まれて一命を取り留めてそばには友成の手を握っている知菜がいて「お父さん」と寝言を言いながら寝ていた。

千曲川は一華を追いかけて早く報酬を払ってくれないとバーのツケが溜まっていてもうすぐ出禁になると泣き言を言っていた。

感想

このドラマは史上最速の探偵が5兆円を相続した一華を守るために一華の母親代わりの橋田が雇った探偵で千曲川は殺し屋から一華を守っている。

しかし、この千曲川はかなりの変人で殺し屋にトリック返しをしてドSな性格丸出しの仕返しをしている。

千曲川が「神のものは…」というキメ台詞が個人的にツボでこの台詞を犯人に言い終わった時に犯人がキョトンとするところもセットで好きです。(このセリフの意味はよくわからないけどw)

毒蜘蛛で人を殺すというアイデアは思いついてもなかなか実行しようとは思わないですよね。

この一件とんでもないトリックがこのドラマの面白さの一つでもあると僕は思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

第1話では、毒蜘蛛を使って一華を殺そうとしましたが次回はどんな手で一華を殺そうとするのか、気になります。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『探偵が早すぎる』第2話では、一華は骨折を治すためにリハビリをしていて担当医の三田村が一華の命を狙っています。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする