今日から俺は!第6話あらすじ&感想 三橋、ヤクザに戦いを挑む!

はじめに

『今日から俺は!』第6話では、三橋はなぜか椋木先生の下僕になっていて、伊藤も理子も驚きます。

一方、冴えない感じの坂本先生はヤクザの剛田を偶然助けたことから剛田に命の恩人と思われて坂本先生は剛田を味方につけて調子に乗ります。

三橋と伊藤は坂本と剛田に目をつけられて三橋たちは剛田に戦いを挑みます。

果たして、三橋と伊藤は坂本と剛田の暴走を止めることはできるのか?

キャスト&スタッフ

原作:西森博之『今日から俺は‼︎』
脚本:福田雄一
演出:福田雄一、鈴木勇馬
出演者:賀来賢人、伊藤健太郎、清野菜名、橋本環奈、太賀、矢本悠馬、若月佑美、柾木玲弥、鈴木伸之、磯村勇斗、ムロツヨシ、瀬奈じゅん、佐藤二朗、吉田鋼太郎
ナレーター:嶋大輔
オープニング:今日俺バンド「男の勲章」
プロデューサー:池田健司(CP)、高明希、松本明子
制作:日本テレビ

第6話あらすじ

椋木は、教師なのにソープランドに来ていて椋木は可愛い子を見て興奮していた。

にやけた店員は椋木にあのレベルがずらっと揃ってるんでと笑って話した。

その時、三橋の父の一郎が来て椋木は必死に髪で顔を隠したが一郎は隣の居酒屋の店員と勘違いした。

椋木はそれに合わせたが店員が椋木先生と呼んで一郎は三橋の担任の椋木先生だと気づいた。

椋木は必死にごまかしたが一郎は先生っていう仕事はストレスがたまる仕事だから仕方ないと笑っていた。

一郎はとなりのマッサージ屋と間違えたと笑っていたが椋木は一郎がソープランドに入ってくるのを目撃していると言った。

そして椋木は、奥さんと息子さんにこのことを知られたくなかったら黙っているようにと脅迫された。

そして椋木は一郎に取引を持ちかけた。

翌日、椋木は放課後の掃除を三橋にするように言い三橋は椋木の肩を揉んだ。

三橋は椋木先生を尊敬してると言い三橋は椋木の言いなりだった。

椋木は目を見開いて三橋の言うことを聞いていて、三橋は椋木をおんぶして椋木の奴隷と化した。

2年3組椋木先生とテロップが出て椋木が歌う「送る言葉」が流れて「金八先生」のパロディの映像が流れる。

三橋が「オープニングがちがうだろうがァ」とツッコンだ。

三橋は椋木を職員室まで運び椋木は三橋が椋木の召使いになりたいと話していると先生たちに自信満々に言った。

坂本先生は軟葉高校で最強の三橋を押さえたってことは椋木の天下じゃないですかと悔しそうに言った。

椋木は「むっくのきパラダーイス!」と叫び坂本先生と熱唱した。

屋上で三橋は伊藤と理子に父親との約束で1週間限定の召使いになると話していた。

三橋は今回の見返りはでかいと笑っていって理子は見返りのためにやるなんて男の約束じゃないじゃないと怒った。

三橋は理子に見返りがあるならなんでもするぞと言い三橋が理子のおっぱい触らせてといったら正拳突きを喰らわされて三橋は気絶した。

坂本先生は今がツッパリばかりいる世間に怯えていて椋木はどうやって三橋をてなづけたのかと考えていた。

その頃、ヤクザの事務所が潰れて頭は悔しくてカツラを脱ぎ捨てて部下に抱きつき泣いた。

剛田は白目になってこの現状に怒っていた。

坂本はチンピラにぶつかり慰謝料を要求してきて坂本は逃げた。

坂本は剛田とぶつかり剛田が怒っているとすぐそばに看板が落ちてきた。

坂本を命の恩人としたい追いかけて来たヤクザをぶっ飛ばした。

坂本は喫茶店で剛田に高校教師だと話して剛田が無職だと聞いて坂本は生徒指導の実習生を募集していると話して剛田は引き受けた。

剛田は軟葉高校に生徒指導の実習生として働くことになり先生たちはヤクザの剛田にビビっていた。

坂本先生がいろいろ教えてくださいと話した。

三橋と伊藤たちは椋木先生を神輿で担ぎ剛田が止めに入った。  

剛田が椋木を殴ろうとしたら三橋が身代わりで代わりに殴られた。

理子が暴力反対と剛田に言い剛田は俺に逆らう奴は許さないと生徒たちに忠告した。

三橋と伊藤は屋上でバドピンポンをしていて三橋がピンポンを下に落としてしまい坂本が激怒していた。

坂本はヤクザの剛田を味方につけてキャラが変わっていた。

三橋は殴られた借りを返しにヤシの実を持ってきて屋上に佐川を呼び佐川にヤシの実を投げさせた。

剛田はパンチでヤシの実を粉々にして剛田はキレて三橋たちのところに走っていった。

剛田は屋上にきて怒り狂っていて、坂本は剛田くんが狙われたわけじゃないからそんなに怒らなくてもと制した。

剛田は坂本先生が狙われたから怒ってると坂本に言い坂本先生は自分の命の恩人だと心から言っていた。

坂本は今までバカにしてきた生徒たちをひれふさしてやると悪魔のような顔を浮かべた。

三橋と伊藤は化学準備室に来ていてヤシの実を素手で粉々にした剛田にビビっていた。

その時、剛田と坂本が来てヤシの実を投げてないよなと聞いた。

三橋と伊藤は投げてないと嘘をつき剛田たちは帰っていった。

坂本と剛田は佐川のところに来て坂本は佐川の髪をバリカンで剃って佐川の頭は坊主になった。

椋木は生徒指導の担当として坂本に異議を申し立てて椋木は剛田に押さえつけられた。

椋木は生徒たちに期待されていて椋木はキメ顔をした。

椋木は剛田がヤクザと知った途端翻して、生徒たちは冷ややかな目をした。

坂本はツッパリたちにいつも怯えて帰っていると剛田に話し、剛田は前を歩いてする開久のツッパリたちと乱闘を繰り広げる。

相楽と智司は極星会の剛田の噂を聞いていてあまりの強さに驚いていた。

剛田に三橋と伊藤のことをバカにされて智司はキレて剛田に向かっていって相楽は目潰しをして剛田はガムシャラに殴った。

開久のツッパリたちはその間に逃げた。

智司は帰りに相楽に頭ってなんなんだろうなと聞き三橋と伊藤は気楽でいいよなと呟いていた。

一方、坂本と剛田は理子の家の道場に来ていて坂本は理子を買収しに来た。

剛田が一昨日までヤクザをやっていたと聞き哲夫は驚いた。

坂本は理子を味方につけれは理子のことが大好きな三橋を崩せると思ったと心の声を素直に話して哲夫はビックリしていた。

哲夫は剛田と一戦やりますかと言ったら剛田が掴みかかっていって哲夫はビビって腰がひけた。

その頃、三橋の家では父親の一郎が何やらブツブツ独り言を言っていて一郎はソープランドに行ったことを告白した。

母親はキレて一郎をぶん殴って一郎は約束の聖子ちゃんの写真集は買えないと三橋に言い三橋はショックを受けた。

ある日、剛田は今井たちに殴りかかってこの辺のヤクザを粛清するためにパトロールしていると話して今井は卑怯な手を使ったが剛田には通じなかった。

三橋の同級生たちは坂本たちに生徒指導室に連れて行かれて全員坊主にされていた。

一郎は職員室に殴りこみ椋木先生がソープランドに来ていたことを暴露して山口先生は絶叫していた。

剛田と坂本は屋上に来て坂本はそのムカつく頭を刈り込んでやると三橋たちに言い放ち三橋と伊藤は逃げた。

三橋は化学準備室でヤシの実に大量のコショウを仕込んでいた。

その時、理子が坂本たちに坊主にされた女子生徒を連れてきて伊藤の怒りは頂点に達してヤシの実を粉々にした。

剛田と坂本が三橋と伊藤を探していると突然ヤシの実が飛んできて剛田がヤシの実を叩き壊したら中にあったコショウが飛び散った。

剛田は目が見えなくなり手当たり次第に殴って椋木に殴りかかろうとしたそのとき、三橋が助けに入った。

伊藤は剛田に蹴りを入れて剛田は倒れて三橋はヤシの実を剛田の顔に叩きつけて剛田は気絶した。

坂本は椋木の突きで正気を取り戻して坂本は逃げていった。

三橋たちが登校していると京子が学校に来て伊藤の髪が坊主じゃないことに安心していた。

京子はいつものように伊藤の前でブリっ子になり伊藤に甘えていた。

そして、開久高校では新しく剛田が生徒指導の実習生として赴任することになった。

三橋は椋木と聖子ちゃんの写真集を買う約束を交わして椋木が写真集を買ったらまた下僕になるかと聞いた。

三橋は白目を向いて「なるわけねェだろうがよォ〜」と怒鳴っていた。

第6話ゲスト

第6話のゲストは、ヤクザの剛田を演じた勝矢は福田監督の映画『50回目のファーストキス』で主人公の弓削大輔のツアーガイドの会社の社長を演じていました。

この作品では、最強のヤクザを演じてヤシの実を粉々にするところは「スゲェ〜〜!」と感心してしまいました。

感想

三橋はヤクザの剛田と坂本に目をつけられて三橋はお得意の卑怯な手を使い剛田を倒します。

三橋は父親の一郎に頼まれて椋木の下僕になり椋木に精一杯尽くします。

実は三橋は聖子ちゃんの写真集が欲しくて椋木の下僕になっていて、坂本は椋木に対抗してヤクザの剛田を味方につけます。

僕の好きなシーンは坂本が理子の家の道場に来て理子を味方につけようとして坂本は極端に性格が変わり理子を買収しようとします。

そして、哲夫が剛田に勝負しますかと持ちかけて剛田につかみかかられたその時に芋の煮っころがし画堂のコウノトいうセリフがあまりに面白くて吹き出しました。

やっぱり佐藤二朗、最高ッス!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『今日から俺は!』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『今日から俺は』第7話では、三橋は今井に騙されて復讐の炎を燃やして今井をビルに閉じ込めてしまいます。 今井は死...
はじめに 『今日から俺は!』第5話では、三橋は東京のヤンキーの紅野たちと闘うことになり三橋は紅野たちと闘うが紅野たちは卑怯な手...