シャーロックアントールドストーリーズ 第9話あらすじ&感想

はじめに

『シャーロックアントールドストーリーズ』第9話では、獅子雄と若宮は小暮クミコ刑事の誕生日のためにあるイタリアンレストランにいきそこで獅子雄は男の死体を発見する。

獅子雄は客にバレないように捜査を開始すると次々と事件の真相が明らかになりこの事件は客とスタッフを巻き込んだ事件であることが明らかになります。

果たして獅子雄と若宮はこの事件を解決することができるのか?

キャスト&スタッフ

原作:アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズシリーズ』
脚本:井上由美子
音楽:菅野祐悟
主題歌:DEAN FUJIOKA「Shelly」(A-Sketch)
オープニングテーマ:DEAN FUJIOKA「Seaching For The Ghost」(A-Sketch)
プロデュース:太田大
演出:西谷弘、野田悠介、永山耕三
出演者:ディーン・フジオカ、岩田剛典、山田真歩、ゆうたろう、佐々木蔵之介

第9話あらすじ

若宮はドレスコードをして小暮クミコの誕生日をダシに外へ連れ出そうとしていた。

若宮はベッドで毛布に包まる獅子雄に声をかけるも獅子雄は断り絶対に来いと言って先に部屋を出た。

若宮と江藤とクミコが集まったのはとある有名なイタリアンレストランで、獅子雄が来ないと諦める三人だったが獅子雄はようやく来た。

若宮は人生はフルコースに似ていて人生にもフルコースにも終わりが来ると語った。

獅子雄たちは乾杯そして獅子雄はこの店の人気メニューのうずらのカチャトーラが出せなくなったことが気になると言う。

獅子雄は老夫婦の無くしたイヤリングを見つけるために老婦人にいろいろと質問して獅子雄はトイレに一緒に行ってそこで彼女のイヤリングを見つけた。

獅子雄はトイレの奥の掃除用具入れの中に男の死体があるのを見つけて獅子雄はにやけ顔を浮かべる。

獅子雄は江藤たちにそのことを話して江藤とクミコは確認しに行こうとするが獅子雄が食事の邪魔をするなと江藤たちに注意した。

江藤が確認しに行くと死体は無くなっていて江藤が帰ろうとすると中原が誰かと電話で話しているのが聞こえてきて江藤は聞き耳を立てた。

江藤は死体が消えていたことを獅子雄に報告して江藤はその死体はおそらく荒井という男だと言い彼を殺したのは中原という女性だと推理する。

クミコは現場保全のために応援を呼んできますと言って店を出て行きソムリエの加藤が心配して獅子雄たちの席に来た。

獅子雄は荒井という男が来ていないことを話して荒井はこの店の副料理長だと加藤は話した。

シェフの古賀智志は味が落ちたのは副料理長の荒井がいないためだと説明してスタッフの入れ替えはありましたが問題なくフルコースを提供しますと獅子雄たちに話した。

古賀は老婦人の不破凛子と達彦夫婦に話しかけてご無沙汰していますと挨拶して獅子雄はその会話が気になった。

クミコは警察と現場であるレストランの周りを固めて江藤の世辞が来るのを待っていた。

高津みずえと中原聖子が喧嘩していると不破凛子が食事は楽しくなきゃと二人に言って獅子雄もそれに賛成した。

獅子雄はわざとワイングラスを落として獅子雄は突然たちああがりこの店で殺人事件が起きたと店の客に話した。

この店の副料理長の荒井が殺されたと客とスタッフに話して獅子雄は率直に今日のこの店の料理の味はどうだったかと感想を聞いた。

料理評論家の大石万作が味はイマイチだと言い不破達彦と凛子はとても美味しかったと獅子雄に話した。

獅子雄は大石とパティシエを店から追い出して獅子雄は残ったメンバーの中に犯人がいると断言した。

高津みずえは荒井の言い成りになりこの店と荒井の名をほしいままにするために荒井に利用されたと中原は話した。

若宮がシェフの手を見たとき左右の手の高さが違っていたから脳梗塞だとわかったと若宮は話した。

古賀は脳梗塞で塩分がわかりにくくなっていて料理にも支障が出ていた。

加藤はシェフはこの店を守りたかっただけだと獅子雄に話して加藤はシェフの古賀に頭を下げた。

獅子雄は加藤をかばおうとしたのかと古賀に聞いたが獅子雄は古賀が加藤が荒井を殺しているところを目撃していて古賀は荒井には死んで欲しかったから止めなかった、全ては自分のエゴだと獅子雄に告白した。

獅子雄は料理人はアーティストでエゴで美しくなると古賀に語った。

そこにクミコたち警察が踏み込んできて不破夫婦を重要参考人として連れて行こうとした時、不破凛子はシェフの料理は懐かしい味がしたと古賀に言って古賀は目を潤ませていた。

獅子雄と若宮は最後にデザートを食べて若宮はなぜ獅子雄が最後の晩餐といったのか気になりこれが最後になると若宮は覚悟していた。

感想

獅子雄はとあるイタリアンレストランで男の死体を見つけて獅子雄は客に気づかれないように捜査を開始して江藤は客の一人の中原が怪しいと睨んで獅子雄はこの店の副料理長の荒井が殺されたことが明らかになった。

老夫婦の不破凛子と不破達彦は獅子雄が最後の晩餐と言って二人は店が立ちゆかなくなり多額の借金を抱えてこの食事が終わった後心中しようとしていた。

シェフの古賀は荒井のことを憎んでいて加藤が荒井を殺そうとしているのをみても止めなかったと獅子雄に話して自分のエゴのせいでこんなことになったと古賀は後悔していた。

僕は獅子雄がシェフに料理人はエゴによって美しくなると語るシーンが好きで芸術家はエゴがなければ美しい作品を作り出すことはできないと僕も思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『シャーロックアントールドストーリーズ 』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする