グランメゾン東京7話あらすじ&感想 トップレストラン50入りなるか?

『グランメゾン東京』第7話では、尾花たちはエリーゼに娘をかけての条件としてトップレストラン50で10位以上を獲ることだと言われて尾花たちはベスト10に向けて新メニュー開発に邁進していた。

相沢は娘のアメリーとは離れたくなくて尾花と新メニュー開発を頑張るが思いもよらない展開に尾花たちは苦悩します。

果たして尾花たちは10位以上にランクインするのか?

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 『グランメゾン東京』第6話では、尾花たちはトップレストラン50のために魚料理の研究にいそしみます。 そこで芹田...

キャスト&スタッフ

脚本:黒岩勉
演出:塚原あゆ子、山室大輔、青山貴洋
監修:岸田周三(料理)、トーマス・フレベル(料理)、服部栄養専門学校(料理)、古谷謙二(警備)
出演者:木村拓哉、鈴木京香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹
音楽:木村秀彬
エンディング:山下達郎「RECIPE(レシピ)」

グランメゾン東京7話あらすじ

トップレストラン50の発表会で、次々レストランの名前が発表されていき、京野は相沢に家族を取り戻せるからと言った。

1週間前、相沢は仕事終わりで娘を迎えに行きアメリーはおばあちゃんと2人で帰り相沢は仕事に戻った。

グランメゾン東京に相沢の妻のエリーゼが来て娘を引き取りに来たと話した。

早耳は相沢は仕事と両立しているとフォローしたがエリーゼは今は経済力も時間もある人と付き合っていてアメリーと住んでもいいと話した。

エリーゼが三つ星を目指している馬鹿な料理人と聞いて尾花は黙っていられなくなり彼女はトップレストラン50で10位に入らなかったらアメリーを引き取ると条件を出した。

尾花は10位に入ったら相沢のこと認めろよとエリーゼに啖呵を切った。

早見はエリーゼを部屋に泊めてエリーゼは「エスコフィーレ」での思い出を話して家族ぐるみの付き合いだったと話した。

しかし、三つ星を狙い出したときからスタッフたちは笑わなくなったとエリーゼは言った。

早見は相沢をしばらく休ませた方がいいと言ったら尾花は新メニューは相沢のアイデアがなきゃダメだと言い相沢に付き合わせた。

芹田は「レストランgaku」にいき江藤にお金を返して帰りに丹後と平古に会い丹後にもうダサいことはやめたんでと言った。

丹後は芹田を調理場に案内して素材の味を数段あげる料理に芹田は感動していた。

芹田はグランメゾン東京がトップレストラン50の10位以上を狙っていると話すと絶対にありえないと平古は話した。

グランメゾン東京・感想

そして、エリーゼは娘に会いに行き、相沢は勝手なことしないでくれるかとエリーゼに言ってアメリーが風邪をひいたと聞き相沢は急いで家に帰った。

尾花はアメリーのためにデザートを作ったがアメリーは食べてくれない。

早見はエリーゼが作ったライスプリンを出してアメリーは喜んで食べていた。

相沢はやっぱり娘には母親が必要なのかと言って尾花は考えこんでいた。

相沢はアメリーとエリーゼの話をして寝室に尾花が入ってきて尾花はアメリーと内緒話をして尾花はアメリーにおやすみと言った。

尾花と相沢はキッチンで新メニュー開発をしていて相沢は母親と一緒にいることが幸せなのかなと呟いた。

尾花たちはエリーゼたちをグランメゾン東京に招待して尾花たちは調理を開始した。

相沢親子に尾花たちはフルコースを出して相沢たちは料理を堪能してアメリーはおばあちゃんと帰って行った。

尾花たちはスペシャリテを作り「ガレットシャンピニオン」をエリーゼのためだけに作った。

エリーゼはおいしいから腹が立つのと言ってこのおいしい料理を作るために寝る間を惜しんで努力してアメリーとの時間も削ったのが許せなかった。

尾花はアメリーが一生懸命エリーゼのために作ったデザートを食べてエリーゼは涙を流して相沢はアメリーと家で一緒に料理をしていたと話した。

相沢はアメリーを連れて行ってよとエリーゼに言いエリーゼは新しいパートナーが見つかったって言ったのは嘘だったと告白した。

相沢は一緒にやり直さないかとエリーゼに言ったがエリーゼはそう言って何年も待ち続けてダメだったじゃないと相沢に怒った。

尾花はトップレストラン50に10位以内に入ると確信して言って相沢は10位以内に入ればやり直してくれとエリーゼに頼んだ。

そして、トップレストラン50の発表でいよいよベスト10の発表になり相沢は緊張して発表を待った。

グランメゾン東京は10位で早見たちは喜んだが尾花と相沢は浮かない顔をしていた。

丹後たちは負けたかと思ったが8位に「レストランgaku」が入り丹後は大喜びして尾花は廊下に行き悔しがった。

アメリーとエリーゼは空港行きのバスに乗ることになりエリーゼが「グランメゾン東京」は三つ星を獲れると信じていると尾花に言った。

アメリーは相沢に駆け寄りエリーゼが待ってるからとアメリーが相沢に伝えてアメリーはフランスに帰っていった。

早見と京野と尾花は早見の家で10位に選ばれたお祝いをしていて尾花と早見が仲良くしているのを見かねた京野が突然叫び出した。

京野は突然早見が好きだと告白して早見は驚き京野は一刻も早く尾花がこの家を出て行ってほしいと尾花に怒鳴った。

尾花たちはトップレストラン50の10位以上を目指して相沢と新メニュー開発に取り組むがエリーゼが娘のアメリーを取り返そうとして相沢は母親と一緒にいた方がいいのかと悩みます。

尾花はエリーゼのためにスペシャリテを作りますがエリーゼは美味しいから腹が立つと相沢に言って相沢は家族と一緒に住みたいと自分の感情を吐露します。

僕はこのシーンが好きでエリーゼは家族と一緒に暮らしたいだけで三つ星を目指して相沢が苦しむ姿はみたくないと話していた。

本当は相沢のことが好きだけど相沢から家族の時間を奪った料理は許せないと話しているのが胸が苦しくなりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『グランメゾン東京』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『グランメゾン東京』第8話では、尾花は京野に早見の家を出て行ってほしいと言われて尾花は本当に早見の家からいなくなって...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする