おっさんずラブ第7話あらすじ&感想 春田、牧との恋の行方は?

はじめに

『おっさんずラブ』第7話では、春田は部長と暮らし始めて部長は春田にプロポーズして春田は思わずOKをして二人は結婚式の準備を始めます。

しかし、春田は部長にプロポーズされた後も牧のことが忘れられずに春田は牧と話をしようとしますが二人はすれ違いなかなか一緒にはなれません。

果たして、おっさんたちの恋の行方は?

キャスト&スタッフ

脚本:徳尾浩司
演出:瑠東東一郎、山本大輔、Yuki Saito
出演者:田中圭、吉田鋼太郎、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、眞島秀和、児嶋一哉、大塚寧々
エンディング:スキマスイッチ「Revival」

第7話あらすじ

牧と別れて一年の歳月が流れて、春田は部長と同棲をしていた。

一年前、牧と別れた後牧とは仕事以外の会話はほとんどなく気晴らしに合コンに行っても新しい出会いはなくこうして時間をかけて春田は元の堕落した自分に戻っていった。

それを見かねた部長は時々家に来るようになってそして気づけば部長と春田は一緒に暮らしていた。

春田は今の暮らしが正解とはわからないが仕事もワンアップして生き生きしていた。

そして、牧と春田は元の先輩後輩の関係に戻って春田は部長に呼ばれてオフィスに行く。

部長は本社が手がける新規プロジェクトの新規事業に春田を推薦したと部長は春田に伝える。

部長は春田に受けるかと聞き春田はもちろん了承して部長はこのプロジェクトの拠点が上海だと聞いて春田はビックリしたが引き受けた。

上海に転勤が決まったことを牧に話して春田は瀬川に部長と交際しているわけではないとはっきり言って、武川は部長が早期退職をすると春田に言い春田は嫌な予感がした。

春田が仕事から帰ると部長が何やら電話に出ていて上海語で話しているのを見て春田は動揺した。

春田のナレーション:「神様、人を愛するということは一体どういうことなのでしょうか?」

春田は部長に買い物に付き合ってもらい春田が注文を取ろうとすると店員が突然踊り出して周りの人たちも次々に踊り出した。

部長はタキシード姿で現れて周りのダンサーと一緒に踊り、部長はフラッシュモブを披露して春田にプロポーズした。

しばらく沈黙が続き、春田は「はい、僕なんかでよければ」とOKして部長は春田に抱きついた。

居酒屋「わんだほう」でちずに部長にプロポーズされたと報告して春田は混乱して鉄平は愛に形が欲しかったんじゃないかと春田に言う。

春田は結婚って何と聞いて、蝶子は栗林と結婚について話していた。

蝶子は結婚した時にはわからなかったけど別れた時に自分の大事なところを埋めてくれたんだと気付かされたと栗林に話した。

春田は牧と挨拶回りに行って牧は急いで引き継ぎをしなくてもいいと武川は牧に言って武川は牧を壁に押さえつけて「お前がそうやっていつまでも春田と向き合わないから俺はお前を諦めきれないんだ!」と牧に叫ぶ。

相手の幸せのために身を引くとかどっかのラブソングかよと牧に悟す。

部長に促されるまま結婚式の準備はトントン拍子に進んでいき、春田は自分の気持ちがそこまでウェルカムじゃないことを部長にどう伝えたらいいか悩んでいた。

居酒屋「わんだほう」でちずに相談してちずはいい加減応援させてよと春田に言った。

「わんだほう」では、春田の送別会が開かれて部長は早期退職をして東京に残ることにしたとみんなに話した。

牧は店を出て行き、ちずは牧を引き止めて二人は公園で牧はあの後てっきり付き合うのかと思っていたとちずに話して、ちずは春田なんか目じゃないほどのイケメン執事と付き合うと強気なセリフを言った。

牧はちずに「辛え〜」とつぶやきちずはなんで別れたのと牧に聞き、本当に好きな人には幸せになってほしいとちずに話して自分が傷つく前に逃げただけだとちずに言う。

牧は「ってかなんで部長なんだ〜〜!」と海に向かって叫び、ちずも「お前のことなんか忘れてやるからなあ、この超絶鈍感男〜〜!」と叫びちずは牧に春田にちゃんと伝えた方がいいとアドバイスする。

居酒屋「わんだほう」で、武川は春田に牧はまだ春田のことが好きだと言って牧は春田の幸せを考えて別れたと武川は話した。

春田は家に帰ると牧からメールがあり公園で待ってますと書かれていた。

営業所で春田は引き継ぎを済ませて栗林は春田は下の名前だと思っていてそれはわからないッスわと春田に言い春田は栗林に怒鳴っていた。

春田は牧との待ち合わせ場所に行こうとしたらおばあちゃんが道で苦しんでいて牧は待ち合わせ場所でずっと春田を待ち続けていた。

春田はおばあちゃんを病院いつれて行き、春田は看護師に通りすがりですと説明して息子さんがきて春田にお礼をしたいと言って春田は急いでいて病院を後にした。

春田は待ち合わせ場所に走っていき、部長は春田との写真を見て春田は待ち合わせ場所に行くけど牧はいなかった。

その時、牧が春田のすぐそばの道を歩いていき二人はすれ違った。

春田が家に帰ると部長からの手紙があり春田は手紙を読むと春田のことが大好きと書かれていて、最後に「君に会えてよかった」と春田は声に出して読んだ。

チャペルで春田と部長は白いタキシードを着て部長が式は二人きりだから大丈夫と春田を落ち着かせた。

春田と部長は神父の前まで歩いて行き、神父は「命ある限り真心を尽くすことを誓いますか」と神父が二人に聞いたら部長は大きな声で「誓います!」と言った。

神父が「誓いのキスを」と言ったら春田はなぜか牧との思い出を思い出して春田は戸惑った。

部長は「神様の前で嘘はつけないね」と春田につぶやき、「本気じゃないキスをされても嬉しくない」と言い春田は泣きながら「ごめんなさい」と部長に言う。

部長はしばらく仕事を休んで旅に出ると春田に伝えて夕方の便だと言っていたからまだ間に合うと春田の背中を押した。

式のことを心配する春田に部長は「式はとっくにキャンセルした」と言い部長は春田に「行け〜〜〜!」と叫び春田は牧のところに走り出した。

春田は牧を探して街中を駆けずり回り、部長は結婚式に来たみんなに頭を下げて「振られちゃった」と言い蝶子は部長に抱きつき、みんなもそれに続いた。

春田は走り疲れているときに牧を見つけて春田は道路の向こう側の牧に「牧が好きだあ〜〜〜!」と叫び、春田は牧のところまで駆け出していく。

牧は「俺といたら、春田さんは幸せになれませんよ」と春田に言い、春田は「お前はそうやってなんでも勝手に決めんなよ!」と牧に怒り、「オレと結婚してくださ〜〜い!」とプロポーズして春田は牧に抱きついた。

二人は抱き合いながら泣いて牧が「ただいま」と言ったら春田は「おかえり」とつぶやいた。

春田は上海に転勤に行く日にみんなの前で頑張ってきますと宣言して春田は部長にお別れを言った。

部長は武川と屋上で話し、部長は春田とはいい思い出ができたと武川に話して二人は笑っていた。

栗林は蝶子にプレゼントを渡して栗林は「蝶子〜〜」と叫んでいた。

鉄平は路上ライブをしてちずはイケメン外国人と腕を組んで歩いていた。

こうして、それぞれの新しい恋が始まっていった…。

春田は牧と上海に行く支度をして、牧は春田に「もう我慢しないって決めたから」と言ってキスをして春田も牧にキスをした。

ロケ地紹介

場所:かずさアカデミアホール
住所:千葉県木更津市かずさ鎌足2-3-9
シーン:部長が春田のためにフラッシュモブをした場所。

場所:ハミルトンホテル上総
住所:千葉県君津市中野4-6-28
シーン:部長と春田が白いタキシードをして歩いた結婚式場

感想

春田は牧と別れて一年の歳月が流れて春田は部長と同棲し始めます。

そして、春田は部長にプロポーズされて春田は押しに弱くて思わずOKしてしまいます。

春田は部長と結婚式の準備をしますが春田は牧のことが忘れられずに春田は牧と話をしようとしますが二人はすれ違い春田は結婚式の日に牧がいかに好きだったかを再認識して春田は部長に背中を押されて春田は駆け出します。

僕は春田が牧に告白するシーンで、春田が大声で好きだと言っているところが春田の気持ちを爆発させていて僕はすごく気持ちがよかったです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『おっさんずラブ』をウキになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『おっさんずラブ』第6話では、春田は営業所のみんなの前で牧と付き合っていると告白しますが牧が怖くなって春田とは付き合...