おっさんずラブ 6話あらすじ&感想 春田、牧の両親に挨拶する!

はじめに

『おっさんずラブ』第6話では、春田は営業所のみんなの前で牧と付き合っていると告白しますが牧が怖くなって春田とは付き合っていないとつい言ってしまいます。

春田は牧に連れられて牧の両親に付き合っていることを話して春田は牧と付き合っていることを再認識します。

あなたがこの記事を読み終わった頃には『おっさんずラブ』を好きになっていることでしょう。

キャスト&スタッフ

脚本:徳尾浩司
演出:瑠東東一郎、山本大輔、Yuki Saito
出演者:田中圭、吉田鋼太郎、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、眞島秀和、児嶋一哉、大塚寧々
エンディング:スキマスイッチ「Revival」

第6話あらすじ

部長は春田たちによく聞き取れなかったと動揺しながら聞き、武川が「春田がカミングアウトしました」と部長に報告して部長は辛そうに「ブラボー!」と拍手をして部長は後ずさりをした。

営業所のみんなは祝福したが牧はどう言うことかわからないですと慌てて部屋を出て行き武川が怒鳴り瀬川は春田の片思いと春田に聞いた。

春田はちゃんとしなきゃと思って言っただけだとみんなに言ったがみんなは春田に同情して春田は混乱して、部長は自分のオフィスで泣いていた。

春田の家で春田は牧がはぐらかした件について怒っていて、牧はあえてみんなの前で晒さなくてもと春田に不満そうに言って牧は倒れた。

春田のナレーション:「神様、カミングアウトは一旦取り下げてもよろしいでしょうか?」

春田は牧に冷えピタを頭につけてベッドに寝かせて、春田のスマホが鳴り春田の告白に驚いたと部長がメールで書いてありよりによって牧凌太であることにびっくりして部長は打倒牧を宣言した。

春田はもち米でおかゆを作り牧はまずそうに食べていた。

そして、蝶子は荷物をまとめて部長が牧はフレッシュでイケメンだから敵わないと蝶子に話して蝶子は部長に秘策を授ける。

居酒屋「わんだほう」では、ちずは春田のことが好きな自分に動揺していて鉄平がちずは春田のことが好きだとメールしてやると言ったら「やめてよバカ兄!」と言って怒った。

春田は営業所に出勤して部長に呼び出されて牧の代わりに西玉川のモデルルームでお客様の対応をしてくれと指示されて春田は了承した。

春田は栗林と会社の屋上で話をして、栗林が片思いは辛いですよねと春田に同情していた。

栗林は春田のことは友達と思っているとハードルの高い恋は萌えるけどむずいッスよねとと春田に言い栗林は蝶子のことが好きと言いそれを聞いた春田は驚いた。

一方、武川は牧のことが心配で見舞いに来て武川は突然牧に抱きつき牧は振り払った。

武川は自分の幸せより相手の幸せかと牧に悟して武川は帰っていったーー。

感想

春田は営業所のみんなの前で牧と付き合っているとカミングアウトをしましたが牧が焦って付き合ってないと言って春田はみんなから同情されます。

春田は牧から親に紹介したいと言われて春田は父親に挨拶に行きますが父親に激怒されて春田は動揺してしまいます。

僕は春田が牧の父親の背中を流そうとするシーンで春田は父親に怒られて熱湯をかけられたところがおかしかったです。

そして、ラストで春田が泣いているちずに抱きつきそれをみていた牧は春田の幸せのために身を引いたところがなんとも言えず悲しかったです。

そして、部長はモデルルームに来た春田を笑顔で迎えて部長は蝶子に自分の長所を描いてもらって部長は春田を落とそうと努力した。

部長は春田にもでルームの紹介をして部長はリンゴを剥いて春田に笑顔を向けた。

部長は大人の色気で春田を落とそうと部長は春田を浴槽に入れて部長はなんで俺はダメで牧はいいのと春田に聞いた。

部長は相手が男なら燃えると言って春田の手を掴み、待ってますと呟いた。

ちずは買い物帰りの牧に会い、ちずは牧に春田に告白してもいいと聞いて、ただの自己満足だとちずは言い牧は了承した。

春田は部長に車で家まで送ってもらい春田は挨拶をして車を降りて部長は手に書いた「情熱」と言う文字を見て心を決めた。

部長は車のバックライトで「あ・い・し・て・る」とサインをしたが春田には通じなかった。

居酒屋「わんだほう」で、蝶子は春田にサインが通じなかったことにショックを受けていて栗林は本気ですからと蝶子に伝えたが蝶子は子供には興味がないからと突き放した。

栗林は「部長は俺が忘れさせます」と蝶子のスマホを奪い栗林は蝶子を見つめた。

春田は家に帰り冷蔵庫にあるたくさんの食材を見て誰か来たのと聞いて牧は突然春田にキスをした。

春田は部長にまた迫られて困っていると牧に相談して牧は相手が俺だからと聞いて春田はうなずいた。

牧も武川に迫られていることを話して春田は相手が俺だからと聞くと牧はうなずいた。

牧は相手が俺で本当にいいんですかと聞いて春田がそれでいいよと答えて牧は急に親に紹介すると言い出した。

春田は親が腰抜かさないかと心配していたが牧は春田が初めてじゃないから安心してと伝えて、春田は牧のモノマネをして返事をした。

ある日、春田と牧は牧の父親に付き合っていることを話すと「ふざけるなあ!」と激怒されて春田はテーブルの下に隠れて「話が違う!」と牧を睨んだ。

牧は春田との交際を認めてくださいと春田とともに頭を下げて牧は父親に男性が好きなことは言っていなくてこれが初カミングアウトなのと春田は驚いていた。

父親は春田に激怒して牧は春田をフォローして春田は段々と牧の魅力に気づいたと父親に説明するが父親は聞く耳を持たない。

春田は牧の母親が作った料理を食べて妹は「イケメンじゃん、今度の彼氏〜」と牧に言って牧が「今度のって言うな」と怒っていた。

母親は仲よさそうでよかったと安心して妹は「父親がいるときに連れてきたってことは本気なんだと春田に話して、でも先に言っとかないと物事には順序ってものがある」と牧に説教をした。

父親はお風呂に行き、妹は春田に背中流してきたらと言うが春田が無理と断ったが妹は若者の熱意に弱いからと春田の背中を押した。

春田はお風呂場に行き、父親は出て行けと言ってお湯をかけられて春田は退散した。

春田は帰りに牧の家族とは仲良くなりたいと話していて春田は妹が可愛いと言ったら牧が膝に足蹴りを食らわせた。

春田はちずからの電話にでて「わんだほう」に行き、牧が春田の家に帰ると春田の母親と鉢合わせをして顔を知らない二人は泥棒と思って慌てていた。

でも、牧が春田の母親だとわかると牧は春田とルームシェアをしていると自己紹介して母親は安心した。

一方、春田はちずに会いちずは春田と二人きりになって告白をしようとしていた。

牧は春田の母親と話をして母親は早くちずとくっついてくれないかなあと牧に言って母親は牧にいい友達でいてねと牧に言い残して帰っていき、牧は母親に言われたことを考えていた。

ちずは春田との買い物の帰りに告白をして春田は動揺して抱きつきそれを見ていた牧はショックを受けていた。

春田は家に帰り、牧は春田に色々と文句を言って春田は牧が怒っているのが気になり理由を聞いた。

すると牧は春田と一緒にいると苦しいことばかりだと春田に話して、牧は泣きながら別れましょうと春田に切り出した。

牧は春田のことが好きじゃないですと言い、春田はこれから家事もするし親に認めてもらうように努力するが牧は春田を突き飛ばして「俺は春田さんのことなんか好きじゃない…」と泣いて叫んだ。

牧は翌日、荷物をまとめて家を出ていき、それから一年の歳月が流れて春田はなぜか部長と同棲していた。

ロケ地紹介

場所:水の広場公園
シーン:ちずと春田が歩いた場所で、鉄平が妹に気を使って二人で買い物に行きその帰りにちずが春田に告白する場所。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『おっさんずラブ』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『おっさんずラブ』第7話では、春田は部長と暮らし始めて部長は春田にプロポーズして春田は思わずOKをして二人は結婚式の...
『おっさんずラブ』第5話では、春田は有名俳優の剣崎の内見をすることになり春田は牧が連れてきた室川檸檬が剣崎と付き合っていることを知り...